111件中 51 - 60件表示
  • 早河洋

    早河洋から見た安藤優子安藤優子

    山梨県立日川高等学校、中央大学法学部卒業。テレビ朝日の前身である株式会社日本教育テレビ(NETテレビ)に入社。「ANNニュース」を始めとして主に報道畑を歩む。1980年には轡田隆史、内田忠男、安藤優子をキャスターに起用した『BIG NEWS SHOW いま世界は』のディレクターを務め、1982年からは筑紫哲也の『TVスクープ』等も担当。1985年には初代プロデューサーとして久米宏の『ニュースステーション』をスタートさせ、その後も田原総一朗の『朝まで生テレビ!』や、小宮悦子の『スーパーJチャンネル』等を担当する。早河洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年福知山花火大会露店爆発事故

    2013年福知山花火大会露店爆発事故から見た安藤優子安藤優子

    場内放送のアナウンスを担当した女性は、花火大会直前まで大会開催の案内をしていたが、この爆発が発生したときにいったん悲鳴を上げた後 、冷静に避難誘導のアナウンスを行った。「FNNスーパーニュース」で事故の翌日・8月16日に電話出演(聞き手・安藤優子)し、当時について「とにかく『早く助けて!!』という悲鳴が聞こえてきたし、それと同時に消防や救急が『道を空けてください』という声も交じって聞こえてきたので、消防車・救急車の通行が速やかに行き来できるように避難誘導のアナウンスを行った」と話している。2013年福知山花火大会露店爆発事故 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元優里

    秋元優里から見た安藤優子安藤優子

    FNNスーパーニュース(9月1日 - 9月5日:安藤優子の夏季休暇代行、9月8日、9月9日:長野翼の夏季休暇代行)秋元優里 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のテレビ (日本)

    2007年のテレビ (日本)から見た安藤優子安藤優子

    4月1日 - 安藤優子・滝川クリステル司会の報道番組『新報道プレミアA』(関西テレビ・フジテレビ)放送開始。2007年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • サエキけんぞう

    サエキけんぞうから見た安藤優子安藤優子

    幼稚園、小学校と安藤優子が同級生だった。また、同級生には、後の「少年ホームランズ」「ハルメンズ」のメンバーの比賀江隆男もいた。小学生のころからロック・マニアとなり、小学5年からディスクユニオンに入り浸る。サエキけんぞう フレッシュアイペディアより)

  • 津野瀬果絵

    津野瀬果絵から見た安藤優子安藤優子

    2003年夏には全国版で安藤優子キャスターの夏休み代理として出演。津野瀬果絵 フレッシュアイペディアより)

  • 川端健嗣

    川端健嗣から見た安藤優子安藤優子

    ニュースJAPAN(安藤優子、木村太郎とキャスター)川端健嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 森昭一郎

    森昭一郎から見た安藤優子安藤優子

    1999年4月から担当した「ニュースJAPAN」では安藤優子の勧めにより始めた"また明日"のエンド3秒でのひとり寸劇を行った。「めざまし天気」でも松尾紀子や勝恵子、それに梅津弥英子らの勧めで同様のコーナーを担当する。「めざましテレビ」のニュースキャスターを辞めて以降は、スポーツ実況に専念。森昭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のテレビ (日本)

    1987年のテレビ (日本)から見た安藤優子安藤優子

    フジテレビは報道番組をタイトルから「ニュース」を取る形でリニューアル改正。まず『FNNモーニングコール』は『FNNスーパータイム』(休日版)のメインキャスターだった城ヶ崎祐子と山中秀樹両アナウンサーが新アシスタントとして加入。『FNNニュースレポート11:30』は出演者はそのままに『FNNスピーク』に改名( - 2018年3月30日)。『FNNニュース工場』は『FNNデイトライン』に改名しアシスタントが三竹映子から山村美智子に交代。『FNNスーパータイム』はキャスターに安藤優子(金・土・日)が登板。(休日版)のメインキャスターを野間脩平が担当。1987年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 滝川クリステル

    滝川クリステルから見た安藤優子安藤優子

    2002年10月からは、『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。2007年4月から報道番組『新報道プレミアA』を安藤優子とともに担当。2人は、『ニュースJAPAN』の元キャスターと現役キャスターという共通点があった。滝川クリステル フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「安藤優子」のニューストピックワード