60件中 21 - 30件表示
  • 安藤優子

    安藤優子から見た上智大学

    市川市立八幡小学校、千代田区立九段中学校卒業。1974年東京都立日比谷高等学校に入学。高校在学中に交換留学生として、アメリカ合衆国ミシガン州ハートランド高校へ留学。私立オークランド・カレッジを経て帰国。上智大学国際学部比較文化学科(現:国際教養学部)卒業。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た葬儀

    「ニュースステーション」降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から「FNNスーパータイム」に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では日本人ジャーナリストで、唯一現場取材をおこなった。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター・逸見政孝の葬儀をレポート。生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで深夜枠の「ニュースJAPAN」にてキャスターを務める。他にも多くの報道特別番組に出演。小谷真生子、小宮悦子、田丸美寿々、三雲孝江らと共に、日本を代表する女性キャスターに成長。理想の上司ランキングでは常に上位にランクインしていた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たTBSテレビ

    またこれと前後して、TBS系で放送されていた全日本F2選手権のピットレポーターも務めており、その関係から映画『F2グランプリ』(1984年、東宝)に本人役で出演している。ちなみに当時コンビを組んでいたのがモータージャーナリストで現在はF1中継の解説者としても知られる今宮純。安藤が1994年のF1パシフィックGPにゲスト出演した際は久々のコンビ復活となった。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見た共同テレビジョン

    誤解されることが多いが、フジテレビ(共同テレビ)所属だった安藤幸代アナとの血縁?親戚関係はない。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たマガジンハウス

    『以上、現場からでした。』(マガジンハウス、2003年、ISBN 978-4838714322)安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たFNNスーパータイム

    「ニュースステーション」降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から「FNNスーパータイム」に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では日本人ジャーナリストで、唯一現場取材をおこなった。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター・逸見政孝の葬儀をレポート。生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで深夜枠の「ニュースJAPAN」にてキャスターを務める。他にも多くの報道特別番組に出演。小谷真生子、小宮悦子、田丸美寿々、三雲孝江らと共に、日本を代表する女性キャスターに成長。理想の上司ランキングでは常に上位にランクインしていた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たFNNスーパーニュース

    現在は、「FNNスーパーニュース」のメインキャスターを務めている(2000年4月3日?現在)。安藤が「スーパータイム」から「ニュースJAPAN」に移った1990年代半ばから苦戦していたフジテレビの夕方ニュースは、安藤の復帰から2年後、6年ぶりに視聴率第1位に返り咲くことに成功した。また安藤はインタビューで「報道は気取りがある」「見ている方に通じないのであれば完全な送り手のマスターベーションでしかない」と発言するなどニュース番組のワイドショー化を肯定する発言をしている。また、2000年代頃からはメインキャスターで務めている兼ね合いから取材現場に出向くことが極端に少なくなってしまったが、安藤は自著などで「現場に行きたいが、自分が行ってしまった場合、東京のスタジオでニュースをさばく人がいなくなってしまうので、行かせてもらえない」という趣旨の発言をしている。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たニュースステーション

    上智大学比較文化学科在学中はホテルウーマンを目指しており、再び留学してホテルマネジメント学を学ぶ費用捻出のために渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをしていた時、外国人のお客と堪能な英語で話をしていたところをテレビ朝日のプロデューサーにスカウトされて報道に携わることになり、1980年に同局の「BIG NEWS SHOW いま世界は」でデビュー。その後「TVスクープ」「ニュースステーション」「CNNデイウォッチ」等でレポーター・キャスターを務め、民放連賞、「フィリピン政変」のレポートでギャラクシー賞個人奨励賞を受賞。大学を休学し仕事を続けた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たニュースJAPAN

    「ニュースステーション」降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から「FNNスーパータイム」に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では日本人ジャーナリストで、唯一現場取材をおこなった。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター・逸見政孝の葬儀をレポート。生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで深夜枠の「ニュースJAPAN」にてキャスターを務める。他にも多くの報道特別番組に出演。小谷真生子、小宮悦子、田丸美寿々、三雲孝江らと共に、日本を代表する女性キャスターに成長。理想の上司ランキングでは常に上位にランクインしていた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たワイドショー

    現在は、「FNNスーパーニュース」のメインキャスターを務めている(2000年4月3日?現在)。安藤が「スーパータイム」から「ニュースJAPAN」に移った1990年代半ばから苦戦していたフジテレビの夕方ニュースは、安藤の復帰から2年後、6年ぶりに視聴率第1位に返り咲くことに成功した。また安藤はインタビューで「報道は気取りがある」「見ている方に通じないのであれば完全な送り手のマスターベーションでしかない」と発言するなどニュース番組のワイドショー化を肯定する発言をしている。また、2000年代頃からはメインキャスターで務めている兼ね合いから取材現場に出向くことが極端に少なくなってしまったが、安藤は自著などで「現場に行きたいが、自分が行ってしまった場合、東京のスタジオでニュースをさばく人がいなくなってしまうので、行かせてもらえない」という趣旨の発言をしている。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「安藤優子」のニューストピックワード