前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示
  • 2009 日本女子サッカーリーグ

    2009 日本女子サッカーリーグから見た安藤梢安藤梢

    この年も「なでしこリーグ表彰式」が11月29日に日本サッカー協会ビル(JFAハウス)でサポーター25組50名を招待して行われ、個人記録では安藤梢(浦和)が18得点により2回目の最多得点と、2回目の最優秀選手(MVP)で表彰された。ベストイレブンでは山郷のぞみ(浦和)が9回目の受賞となったほか、土橋優貴、庭田亜樹子、北本綾子(以上、浦和)と上尾野辺めぐみ(新潟L)が初受賞。新人賞は高瀬愛実(INAC)が獲得。またディビジョン2では笠嶋由恵(狭山)がMVPとなった。2009 日本女子サッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 日本女子サッカーリーグ

    2006 日本女子サッカーリーグから見た安藤梢安藤梢

    選手動向では浦和レッドダイヤモンズ・レディースにTASAKIペルーレFCから柳田美幸が移籍し、山郷のぞみ、安藤梢とともにプロ選手契約を結んだ。またかつてスペランツァF.C.高槻に下部組織所属選手としてL・リーグ(→なでしこリーグ)出場経験のあった阪口夢穂がTASAKIペルーレFCへ、同じく上辻佑実が東京電力女子サッカー部マリーゼに入団。所属チームの事情により1年間の空白を経ての復活であったが、ともに戦力として活躍した。一方、伊賀フットボールクラブくノ一では宮本ともみが産休・育休から復帰したものの、宮?有香が東京電力女子サッカー部マリーゼへ、原歩がINACレオネッサへと主力選手が流出。9月には窪田飛鳥がアメリカのアマチュアトップリーグ「Women's Premier Soccer League(WPSL)」の「カリフォルニアストーム・オブ・サクラメント(California Storm of Sacramento)」から浦和レッドダイヤモンズ・レディースへ加入し、ベレーザに所属していた2004年シーズン以来の日本復帰となった。2006 日本女子サッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 第14回日本女子サッカーリーグ

    第14回日本女子サッカーリーグから見た安藤梢安藤梢

    FW:大谷未央(田崎ペルーレFC)、大野忍(日テレ・ベレーザ)、安藤梢(さいたまレイナス)第14回日本女子サッカーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • なでしこリーグオールスター

    なでしこリーグオールスターから見た安藤梢安藤梢

    MF:7.安藤梢 (浦和 ) 10.(Cap.)澤穂希 (ベレーザ) 6.酒井與恵 (ベレーザ) 8.柳田美幸 (浦和) 15.中村真実 (マリーゼ )なでしこリーグオールスター フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ・レディース

    浦和レッドダイヤモンズ・レディースから見た安藤梢安藤梢

    翌1999年にはL・リーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつて浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を決定した。浦和レッドダイヤモンズ・レディース フレッシュアイペディアより)

  • なでしこリーグオールスター2006

    なでしこリーグオールスター2006から見た安藤梢安藤梢

    MF:7.安藤梢(浦和) 10.(Cap.)澤穂希(ベレーザ) 6.酒井與恵(ベレーザ) 8.柳田美幸(浦和) 15.中村真実(マリーゼ)なでしこリーグオールスター2006 フレッシュアイペディアより)

  • なでしこリーグオールスター2007

    なでしこリーグオールスター2007から見た安藤梢安藤梢

    MF:6.津波古友美子(大原学園) 7.柳田美幸(浦和) 8.安藤梢(浦和) 10.澤穂希(ベレーザ) 14.江橋桂(新潟L)なでしこリーグオールスター2007 フレッシュアイペディアより)

  • なでしこスーパーカップ

    なでしこスーパーカップから見た安藤梢安藤梢

    MF:木原梢 岩倉三恵 高橋彩子 安藤梢なでしこスーパーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 AFC女子アジアカップ

    2010 AFC女子アジアカップから見た安藤梢安藤梢

    2010 AFC女子アジアカップ()は、2010年5月19日から5月30日にかけて、中国・成都で開催された17回目のAFC女子アジアカップである。オーストラリアが同大会史上初めて優勝した他、準優勝した北朝鮮の趙潤美が大会最優秀選手賞を、日本代表の安藤梢が大会得点王を、開催国の中国がフェアプレー賞をそれぞれ受賞した。この大会は2011 FIFA女子ワールドカップのAFC地区予選を兼ねており、決勝戦に進出したオーストラリアと北朝鮮、および3位決定戦で勝利した日本の合計3カ国が出場権を獲得した。2010 AFC女子アジアカップ フレッシュアイペディアより)

  • ナデシコパ。

    ナデシコパ。から見た安藤梢安藤梢

    2011 FIFA女子ワールドカップドイツ大会での日本(なでしこジャパン)優勝を受けて、7月22日21時より急遽「世界を駆け上がったなでしこたち」と題した優勝記念の特番がBS1で生放送(進行:山岸、川上直子)され、なでしこジャパンの選手団の代表3名(安藤梢、丸山桂里奈、岩清水梓)と佐々木則夫監督をゲストに激闘を振り返ったほか、江?姫たちの戦国?から水川あさみ、おひさまから高良健吾、漫画家・高橋陽一、J2・FC東京の今野泰幸からの祝賀コメント(事前収録)が放送された。ナデシコパ。 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
24件中 1 - 10件表示

「安藤梢」のニューストピックワード