前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示
  • 北浜流一郎

    北浜流一郎から見たポルノ小説官能小説

    中退後しばらくは定職に就かなかったが、通信教育等のコピーライターとして再出発を図る。 その後、女性週刊誌の記者に転身する。フリーランスとしてタレントの生い立ちといった軟派な内容から、少女売春、覚醒剤汚染などの硬派な内容まで、様々なテーマを扱う。その時の題材を元に吹上流一郎のペンネームでポルノ小説を執筆し、そのうち数冊がヒットする。中には30万冊売れた文庫本もあり、多額の印税を得る。それを元手に株式投資を始めるが、その殆ど全てを失う。北浜流一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 式貴士

    式貴士から見た官能小説官能小説

    式 貴士(しき たかし、1933年2月6日 - 1991年2月18日)は、東京都出身の作家。SF作家、官能小説家、占星術師。式貴士 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本由香里

    藤本由香里から見た官能小説官能小説

    次の、シリーズ三冊目『ポルノグラフィー 揺れる視線の政治学』において、白藤名義で責任編集と執筆、シリーズ二冊目同様に藤本名義でも執筆した。白藤名義の一つ目はノンフィクション作家・山口文憲を対談の相手とし、男にとってのポルノを追究する。二つ目に、これまで、いわゆる官能小説(ポルノ小説)を読んだことも見たこともない「ポルノ処女」であるにもかかわらず当時女性官能小説家として活躍していた斎藤綾子にアダルトビデオを見せ、『O嬢の物語』を読ませて、その感想を聞くという趣向で、被虐(マゾヒズム)とポルノとの連関を語り合う。三つ目は、フェミニズムでしばしば重視される「愛あるセックス」を挑発的に問う小文を執筆。藤本名義ではアダルトビデオ製作会社「VIPエンタープライズ」のプロデューサー兼監督・岸田光明のインタビューと、レディースコミックの官能性をファンタジー・被強姦願望・SM・近親相姦などさまざまな角度から詳細に検証する中編、の二つを書いている。藤本由香里 フレッシュアイペディアより)

  • ライトノベル雑誌

    ライトノベル雑誌から見た官能小説官能小説

    1980年代よりジュブナイルポルノが発生し一部はその流れを組んでいるという見方もあるが官能小説とは線引きがひかれており、ライトノベルという言葉が普及した今となっては厳密には当てはまらない。とはいえ基準が明確にはされていないが、これらは官能小説の一分野に該当する。ライトノベル雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島礼子

    鮫島礼子から見た官能小説官能小説

    当初は占いの電子書籍のみを出版する予定だったが恋愛エッセイも執筆するようになる。のちに編集者から電子書籍業界は、ボーイズラブやティーンズラブ、官能小説の人気があると言われ1冊だけの予定で官能小説を書き始める。一方で東日本大震災後の日本へ向けた自己啓発本、『潜在意識であなたが変わる!こころの仮面をはぎとる方法』他、複数の著書で電子書店パピレスランキング1位を獲得。鮫島礼子 フレッシュアイペディアより)

  • 性愛文学

    性愛文学から見た官能小説官能小説

    性愛文学(せいあいぶんがく、Erotic literature)は、エロティカ(性愛作品、Erotica)の一部。さまざまな古来、どこの文化にもある性的な表現、造形の文学的な形態と見られる。文学の一ジャンルではあるが、性行為を直接描写する官能小説と重複する部分もあり、あまり日の当たることはない。性愛文学 フレッシュアイペディアより)

  • 中村まゆみ

    中村まゆみから見た官能小説官能小説

    ピン芸人時代は、色々な書物を官能小説風に読むという芸や、童話を著名な小説家風に読むという芸(「夏目漱石風桃太郎」など)を演じていた。中村まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 小堺昭三

    小堺昭三から見た官能小説官能小説

    戦記、昭和史、近代史実録もの、官能小説、また政界・実業界実録ものなど、週刊誌記者出身らしい作風で知られた。小堺昭三 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なる肉のキャンバス

    華麗なる肉のキャンバスから見た官能小説官能小説

    「華麗なる肉のキャンバス」(かれいなるにくのキャンバス)は、官能小説作家・千草忠夫が、三鬼俊の別名義で著した、全8章の中篇SM小説。華麗なる肉のキャンバス フレッシュアイペディアより)

  • 巨根

    巨根から見たポルノ小説官能小説

    巨大な陰茎に対するあこがれのことを巨根願望という。これはどちらかと言えば男性のもので、男性には「女性にとっては陰茎が大きい方がよいのだ」という一種の妄想が存在する。もっとも実際に巨根が好きな女性もいるがそれがすべてではない。エロ本やアダルトサイトなどには巨根にする薬品や道具、技術(オナニーの方法など)などが取り上げられることがあり、それらは増大法と呼ばれる。増大法を行っても個人差があるため、あまりもしくは全く巨根にならない場合がある。「黒人男性はかなりの巨根であり、それ以外の人種の女はそれを見ると恐怖を感じるが、一度経験すると忘れられなくなる」というのは、ステレオタイプな黒人への偏見の一つで、千草忠夫などのポルノ小説ではそのように扱われる例が多い。巨根 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示