231件中 141 - 150件表示
  • 馳星周

    馳星周から見た官能小説官能小説

    勁文社の官能小説レーベル「グリーンドア文庫」の編集者やフリーのゲームライターを勤めた後、1996年8月、『不夜城』にて一般小説作家としてデビュー。この作品は日中混血の男女二人が新宿歌舞伎町に暗躍する中国人マフィアの抗争に巻き込まれるという内容で、当時のベストセラーであった。第116回の直木賞候補となった。馳星周 フレッシュアイペディアより)

  • 異物挿入

    異物挿入から見たポルノ小説官能小説

    もっとも一般的な異物。尿道に入れるにはかなりの拡張を必要とする。ポルノ小説や成人向け漫画では膣に指が何本入るかが、女性の性経験もしくは好色度をあらわす目安とされることがある。異物挿入 フレッシュアイペディアより)

  • サトウトモユキ

    サトウトモユキから見た官能小説官能小説

    官能小説(2004年)坂牧良太監督サトウトモユキ フレッシュアイペディアより)

  • 古川さとし

    古川さとしから見た官能小説官能小説

    古川 さとし(ふるかわ さとし)は、日本の官能小説作家。古川さとし フレッシュアイペディアより)

  • TOKIO機動ポリス

    TOKIO機動ポリスから見た官能小説官能小説

    『TOKIO機動ポリス』(トキオきどうポリス)は、著作:葉影立直、イラスト:須郷良によるフランス書院の官能小説TOKIO機動ポリス フレッシュアイペディアより)

  • 愛奴

    愛奴から見た官能小説官能小説

    「愛奴」というバンド名は浜田が提案したもの。栗田勇原作の劇名で、末政百合主演で映画化もされた官能的な作品である。名前の意味よりも、言葉の響きやイメージで決められた。漢字のバンド名というのも珍しかったため、メンバーが気に入った。ただし、近年は「AIDO」という表記が使われることが多い。一部では「I'DO」という表記も見られる。愛奴 フレッシュアイペディアより)

  • 巨根

    巨根から見たポルノ小説官能小説

    巨大な陰茎に対するあこがれのことを巨根願望という。これはどちらかと言えば男性のもので、男性には「女性にとっては陰茎が大きい方がよいのだ」という一種の妄想が存在する。もっとも実際に巨根が好きな女性もいるがそれがすべてではない。エロ本やアダルトサイトなどには巨根にする薬品や道具、技術(オナニーの方法など)などが取り上げられることがあり、それらは増大法と呼ばれる。増大法を行っても個人差があるため、あまりもしくは全く巨根にならない場合がある。「黒人男性はかなりの巨根であり、それ以外の人種の女はそれを見ると恐怖を感じるが、一度経験すると忘れられなくなる」というのは、ステレオタイプな黒人への偏見の一つで、千草忠夫などのポルノ小説ではそのように扱われる例が多い。巨根 フレッシュアイペディアより)

  • 小池重明

    小池重明から見た官能小説官能小説

    晩年、作家であり将棋ファンとしても有名な団鬼六を頼り再びアマチュア将棋の世界に復帰。当時、団は官能小説作家を引退して将棋雑誌「将棋ジャーナル」を発行していた。団は小池の素行の悪さを充分知り及んでいたものの、彼の必死の懇願と天才的ともいえる将棋の腕を見込んで活動の後援を約束した。その後は団の企画でアマチュアのタイトルホルダーを相手に将棋を指しては、その都度勝利を収め「新宿の殺し屋、未だ健在」と再び話題を呼ぶ。この時小池の圧倒的な強さを団は「こと将棋に関しては小池は化け物だ」と評している。小池重明 フレッシュアイペディアより)

  • アナイス・ニン

    アナイス・ニンから見た官能小説官能小説

    1966年に出版された日記『第1巻、1931年-1934年』によると、彼女の母と2人の兄弟と共に10代の時にパリに行って、初めて官能小説と出会ったという。家族は夏の間留守にしているアメリカ人のアパルトマンを借り、ニンはそこでフランスの官能小説のペーパーバックと出会った。アナイス・ニン フレッシュアイペディアより)

  • 豊田行二

    豊田行二から見た官能小説官能小説

    山口県下関市生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科財政学専攻修了。新聞記者、代議士秘書をへて、1968年「示談書」でオール読物新人賞受賞、同作で直木賞候補となる。上京後、『週刊大衆』のライターを務める。1984年『作家前後』で日本文芸大賞現代文芸賞受賞。のち「ラブ―」と始まる題名の官能小説を多量に執筆、多くは「野望」のついた題名に改められ、野望シリーズの観を呈した。豊田行二 フレッシュアイペディアより)

231件中 141 - 150件表示

「官能小説」のニューストピックワード