231件中 31 - 40件表示
  • ツインテール (漫画家)

    ツインテール (漫画家)から見た官能小説官能小説

    1990年代、魚住僚の名義で官能小説を執筆。東京三世社とマドンナ社から発売された他、一作は風船クラブの単行本『やばッ!』に掲載されている。ツインテール (漫画家) フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説 (漫画)

    官能小説 (漫画)から見た官能小説官能小説

    真面目で堅物のOL・藤森彩は、同じ会社の営業マン・椎野が副業で小説を書いていることを知ってしまう。しかも彼が書いているのは官能小説だった。それがきっかけで親密になった2人はやがて会社公認の仲となる。官能小説 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 牧村僚

    牧村僚から見た官能小説官能小説

    牧村僚(まきむら りょう、1956年- )は、官能小説作家。東京都生まれ、筑波大学第一学群自然学類卒業。フォークミュージシャンを目指していたが叶わず、芸能プロダクション勤務などを経て音楽ライターとなる。1991年フランス書院文庫より書き下ろしを刊行し官能小説家に転向。当初は少年を主人公とした近親相姦ものを数多く手がけた。2000年から、竹書房文庫、双葉文庫、徳間文庫などにも執筆。「ふともも作家」の異名をとる。作家・高橋源一郎から高く評価されている。日本推理作家協会会員。牧村僚 フレッシュアイペディアより)

  • 河里一伸

    河里一伸から見た官能小説官能小説

    河里 一伸(かわざと かずのぶ)は、日本の官能小説家。河里一伸 フレッシュアイペディアより)

  • エロ漫画小説板

    エロ漫画小説板から見た官能小説官能小説

    この掲示板では、成人向け漫画や官能小説、およびそれらを書く漫画家・小説家が主なテーマである。エロ漫画小説板 フレッシュアイペディアより)

  • 宝島社文庫

    宝島社文庫から見た官能小説官能小説

    ミステリー、ライトノベル、時代小説、官能小説、恋愛小説、ノンフィクションなど、様々なジャンルを扱っており、それぞれにレーベルやシリーズが設けられている。宝島社文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 読切美人

    読切美人から見た官能小説官能小説

    女性出演者が本を朗読する様子を、独自の演出を交えながら映していた番組である。照明を落し気味にし、淫靡な感じの装飾を施したスタジオの中で、女性が1人スタジオの中央に設置された椅子やバスタブ等のセットの中で朗読するというスタイルで番組は進行。番組の前半15分ではその当時のベストセラー書籍の朗読が、後半10分ではフランス書院などが出版する官能小説の朗読が行われた。読切美人 フレッシュアイペディアより)

  • 妹は思春期

    妹は思春期から見た官能小説官能小説

    官能小説を愛読、執筆しており(佳作受賞経験有り)小説家になりたいと思っていたが、その後保母になると言う将来の目標を見つけた。また、画力も高い。妹は思春期 フレッシュアイペディアより)

  • 富島健夫

    富島健夫から見た官能小説官能小説

    1973年『初夜の海』を発表以後、作品は官能的な傾向を強め、1980年代には川上宗薫、宇能鴻一郎とともに“官能小説御三家”とも称せられた。大河長編に『女人追憶』がある。富島健夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松野大介

    松野大介から見た官能小説官能小説

    1993年、渡辺プロから独立。1995年3月、『ジェラシー』にて文學界新人賞に応募、最終候補になる。選評会では山田詠美に絶賛された。同年、『野性時代』10月号に「コールタールみたいな海」が掲載され、小説家デビュー。純文学、ミステリー、恋愛エッセーと枠にとらわれない作家活動をする。また、コラムニストとしても活躍。2006年、官能小説家としてもデビュー。その際のペンネームはボンバーマツノ。松野大介 フレッシュアイペディアより)

231件中 31 - 40件表示

「官能小説」のニューストピックワード