231件中 41 - 50件表示
  • 丸茂ジュン

    丸茂ジュンから見た官能小説官能小説

    丸茂 ジュン(まるも じゅん、女性、1953年5月21日 - )は、日本の官能小説家。丸茂ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 桃園文庫

    桃園文庫から見た官能小説官能小説

    官能小説と推理小説を中心に、エンターテインメント系の作品を月1 - 3点刊行していたが、2007年に桃園書房が倒産したことに伴い廃刊となり、22年の歴史に幕を閉じた。桃園文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内けん

    竹内けんから見た官能小説官能小説

    竹内 けん(たけうち けん、ペンネーム)は、日本の小説家(活動分野はジュブナイルポルノ及び官能小説)。竹内けん フレッシュアイペディアより)

  • 我が秘密の生涯

    我が秘密の生涯から見た官能小説官能小説

    『我が秘密の生涯』(わがひみつのしょうがい、My Secret Life, The Sex Diary of a Victorian Gentleman)は、1884年‐1894年にベルギーで私家刊行された、英語による自伝風の官能小説、性愛文学である。オリジナル版は11巻、184章、116万6670語で、4,200ページに及ぶ。我が秘密の生涯 フレッシュアイペディアより)

  • 団地妻

    団地妻から見た官能小説官能小説

    現実社会における団地妻の実態については外部から窺い知ることのできない部分が多い。しかし、団地妻という形象は、実際の主婦についてよりも、主婦同士の織りなす人間関係を描いた昼ドラの定番的テーマとしてとか、ポルノ作品や官能小説などで描写される、夫の留守中に不倫するといったほぼクリシェと化したイメージのように、フィクションの世界で独特のイメージを形成している。団地妻 フレッシュアイペディアより)

  • ハニーズクラブ24時

    ハニーズクラブ24時から見た官能小説官能小説

    1984年4月から4年6か月続いた『夜はこれから』の後枠の番組として、『夜はなりゆき ハニーズ洗脳学園』というタイトルで月曜日から金曜日の21:00?22:00の時間帯で1988年10月にスタート。なお、当初は『ハニーズ洗脳学園 毒入授業参観』という仮タイトルが付いていた。日替りパーソナリティ制で、その中でセクシーなキャラクターで売っていた西野アンリの水曜日には、官能小説の朗読コーナーや、「初体験講座」「アンリのはじめて物語」「アンリのホワイトタイム」といったコーナーが並んでいた。ハニーズクラブ24時 フレッシュアイペディアより)

  • 巡回診療魔

    巡回診療魔から見た官能小説官能小説

    『巡回診療魔』(じゅんかいしんりょうま)は、宇能鴻一郎による日本の官能小説。桃園書房の雑誌『小説CLUB』で1984年から1985年にかけて「姐御探偵」(あねごたんてい)の表題で連載され、1986年に桃園文庫へ収録される際に改題された。巡回診療魔 フレッシュアイペディアより)

  • 田沼淳一

    田沼淳一から見た官能小説官能小説

    田沼 淳一(たぬま じゅんいち、生年不詳)は、日本の官能小説家。田沼淳一 フレッシュアイペディアより)

  • 愛百合女学院へようこそ

    愛百合女学院へようこそから見た官能小説官能小説

    『愛百合女学院へようこそ♥』(あいゆりじょがくいん-)は、成田空子・著、CHI-RAN・画の百合を題材とした官能小説である。プランタン出版(フランス書院)・ティアラ文庫より2009年6月3日に刊行された。愛百合女学院へようこそ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ノーマン

    ジョン・ノーマンから見た官能小説官能小説

    ノーマンの小説は特に1970年代から1980年代初めにかけて人気となり、数百万部が売れた。人気の要因として、当時のアメリカ社会への不満が彼の描く別の社会に反映されていたためとも言われている。また、単に男尊女卑的SM官能小説が法律で禁止されている州でもノーマンの小説は読むことができたから、という説もある。ジョン・ノーマン フレッシュアイペディアより)

231件中 41 - 50件表示

「官能小説」のニューストピックワード