169件中 51 - 60件表示
  • 罪花罰

    罪花罰から見た官能小説官能小説

    荒縄縛裸隷男(蘭パパ)が製作している官能小説罪花罰 フレッシュアイペディアより)

  • 門脇聡子

    門脇聡子から見た官能小説官能小説

    ジェシカは2011年3月13日を以て解散。解散後はピン芸人として活動、その後松竹芸能を退社、フリーとなって活動。ピンでのネタには、本を官能小説風に振りを付けながら読んでいく一人コントなどがある。門脇聡子 フレッシュアイペディアより)

  • セクシー・オールナイト

    セクシー・オールナイトから見た官能小説官能小説

    土曜深夜(日曜1:00?2:00、一時1:00?3:00に拡大)の時間帯、しかも短波放送というコアな聴取者層をターゲットとし、現代詩風のモノローグ、テレホンセックス、体験談や官能小説のラジオドラマ、性感占い等、当時の放送基準の限界に挑戦する内容でセンセーションを起こした。ジングルは女性の嬌声をサンプリングしたもので、タンゴ、ボサノバ、シャンソン、アダルト・コンテンポラリーからクラシック音楽に至るまでBGMにも意が凝らされ、にっかつロマンポルノ制作陣の協力で都会的に洗練された構成がなされていた。セクシー・オールナイト フレッシュアイペディアより)

  • O嬢の物語

    O嬢の物語から見た官能小説官能小説

    『O嬢の物語』(原題Histoire d'O)はフランスの中編小説。1954年ジャン=ジャック・ポーヴェール書店より刊行。日本語訳は澁澤龍彦によるものが河出書房から文庫で、鈴木豊によるものが講談社から文庫で出版されている。また、官能小説家の千草忠夫が翻訳したバージョンも存在するが、ストーリー・登場人物などにオリジナルの設定があり、翻案に近いものとなっている(日本出版社より「アップル・ノベルズ」にて出版)。O嬢の物語 フレッシュアイペディアより)

  • ワーズ・ワース

    ワーズ・ワースから見た官能小説官能小説

    DOS版制作当時のエルフにおける代表作『ドラゴンナイト』と、『同級生』の開発チームが手を組んだことで話題となった作品。ゲームシステムや操作画面レイアウトに1人視点の4方向3DダンジョンRPGを採用した点では前者、過激なセックスシーンにアイコンクリック方式を採用して官能小説風のテキストで描写する点では後者の特徴が色濃く出ている。ワーズ・ワース フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晴明-陰陽宮

    安倍晴明-陰陽宮から見た官能小説官能小説

    余談だが、作者の谷恒生は官能小説も執筆しており、その影響からか本作でもその類のシーンがいたるところに挿入されている。しかも、巻数を追うごとにその表現が過激性を増しており、最後の方は本物の官能小説にも劣らぬ描写となっている。安倍晴明-陰陽宮 フレッシュアイペディアより)

  • 森奈津子

    森奈津子から見た官能小説官能小説

    作風はコメディタッチのものからシリアスな恋愛小説、SF、官能小説、ホラー、児童文学まで幅広いジャンルに渡っている。森奈津子 フレッシュアイペディアより)

  • 被虐の契り

    被虐の契りから見た官能小説官能小説

    「被虐の契り」(ひぎゃくのちぎり)は、官能小説作家・千草忠夫が著した全10章構成の中篇SM小説である。被虐の契り フレッシュアイペディアより)

  • ヤリマン

    ヤリマンから見た官能小説官能小説

    成人が対象となる官能小説、エロ本、成人向け漫画、アダルトビデオ、アダルトアニメ、アダルトゲームといった世界で、主な顧客である男性に対してより刺激的な印象を与える隠語として使用されている。ヤリマン フレッシュアイペディアより)

  • 寂しい時は抱きしめて

    寂しい時は抱きしめてから見た官能小説官能小説

    官能小説を多く発表された女性作家タマラ・フェイス・バーガーの原作の恋愛小説を映画化した作品。夫であるクレメント・ヴァーゴが監督を担当している。寂しい時は抱きしめて フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示