169件中 61 - 70件表示
  • バルカン・クリーゲ

    バルカン・クリーゲから見たポルノ小説官能小説

    バルカン・クリーゲ(、バルカン戦争とも。)は、1927年ごろに発行されたポルノ小説。戦前に日本に紹介され、戦前から1965年ごろまで発禁と地下出版を繰り返した。バルカン・クリーゲ フレッシュアイペディアより)

  • 松野大介

    松野大介から見た官能小説官能小説

    高校中退後、バンド活動をするが挫折し、お笑いタレントを目指すため、お笑い劇団のホンジャマカに参加。その後渡辺プロダクションのお笑いオーディションに合格し、中山秀征とともにお笑いコンビABブラザーズとして芸能界デビュー。フジテレビ系『ライオンのいただきます』・『夕やけニャンニャン』、ニッポン放送『ABブラザーズのオールナイトニッポン』などでタレント活動をする。1993年、渡辺プロから独立。1995年3月、『ジェラシー』にて文學界新人賞に応募、最終候補になる。選評会では山田詠美に絶賛された。同年、『野性時代』10月号に「コールタールみたいな海」が掲載され、小説家デビュー。純文学、ミステリー、恋愛エッセーと枠にとらわれない作家活動をする。また、コラムニストとしても活躍。2006年、官能小説家としてもデビュー。その際のペンネームはボンバーマツノ。松野大介 フレッシュアイペディアより)

  • ハニーズクラブ24時

    ハニーズクラブ24時から見た官能小説官能小説

    1984年4月から4年6か月続いた『夜はこれから』の後枠の番組として、『夜はなりゆき ハニーズ洗脳学園』というタイトルで月曜日から金曜日の21:00?22:00の時間帯で1988年10月にスタート。なお、当初は『ハニーズ洗脳学園 毒入授業参観』という仮タイトルが付いていた。日替りパーソナリティ制で、その中でセクシーなキャラクターで売っていた西野アンリの水曜日には、官能小説の朗読コーナーや、「初体験講座」「アンリのはじめて物語」「アンリのホワイトタイム」といったコーナーが並んでいた。ハニーズクラブ24時 フレッシュアイペディアより)

  • 睦月影郎

    睦月影郎から見た官能小説官能小説

    神奈川県横須賀市出身の小説家、官能小説家、漫画家。睦月影郎 フレッシュアイペディアより)

  • エロ本

    エロ本から見た官能小説官能小説

    性的な娯楽要素としては、ポルノグラフィ文学や官能小説のような文章を主体としたもの、ヌードや挑発的な下着やポーズ、性的興奮を目的とした性行為およびそれに関連する写真を主体とした「アダルト写真誌」、漫画を主体とした「アダルトコミック」などがあり、これらを総合的に含むものを「ポルノ雑誌」または、「アダルト雑誌」。特定の分野を掘り下げた専門誌など、様々である。21世紀に入りインターネット等の普及によりその需用は大幅に減少している。エロ本 フレッシュアイペディアより)

  • 松平龍樹

    松平龍樹から見た官能小説官能小説

    松平 龍樹(まつだいら たつき)は、官能小説家。別名は龍門 主樹。松平龍樹 フレッシュアイペディアより)

  • ジリアン夫人

    ジリアン夫人から見た官能小説官能小説

    『ジリアン夫人』(原題:Naked Came the Stranger 見知らぬ人は裸でやってくる)は現代アメリカ文学を風刺したジョークとして書かれた1969年のポルノ小説。作者として「ペネロープ・アッシュ」の名が冠されているが、実際にはニュースデイ紙のコラムニスト、マイク・マグレディを筆頭にしたジャーナリスト集団による合作である。マグレディの意図は、あえてセックスと裸がむやみにでてくる下手な小説を書くことで、同時代のアメリカで人気を得ている文学がいかに頭を使うことの無い低俗な文化に堕しているかを示すことにあった。この本は1969年のニューヨークタイムズのベストセラーリストに13週も掲載され、作者の期待した通りの結果をもたらした。ジリアン夫人 フレッシュアイペディアより)

  • an・an

    an・anから見た官能小説官能小説

    毎年、8月第1週号に「SEX特集」と呼ばれる、女性週刊誌では珍しい「性行為」に関する特集を組む。過去にはダルビッシュ有のヌードグラビアを組んだり、向井理の絡み写真とヌードグラビアや、AV女優の原紗央莉による「Girl's pleasure」の"官能ビデオ"DVD(2009年(平成21年))、「袋とじ企画」やSEXアンケートや官能小説や避妊、性行為感染症に纏わる記事を特集する。an・an フレッシュアイペディアより)

  • 富島健夫

    富島健夫から見た官能小説官能小説

    1973年『初夜の海』を発表以後、作品は官能的な傾向を強め、1980年代には川上宗薫、宇能鴻一郎とともに“官能小説御三家”とも称せられた。大河長編に『女人追憶』がある。富島健夫 フレッシュアイペディアより)

  • Bbmfマガジン

    Bbmfマガジンから見た官能小説官能小説

    1973年にグリーンアロー出版社として創業。主に官能小説やミステリの文庫本、実用書などを刊行していたが2008年にBbmf(現menue)の子会社となり、Bbmfマガジン(旧社)と合併。2009年に合併した旧社の名称を引き継いで現在の社名となったが、親会社のBbmfが2010年8月にmenueへ社名を変更した後も社名変更の動きは無い。Bbmfマガジン フレッシュアイペディアより)

169件中 61 - 70件表示

「官能小説」のニューストピックワード

  • パンティー色当てゲーム

  • 今穿いているパンティーは赤白どっちだと思う? 当てたらタダでエッチできるけど、外れたら5000円ね

  • 外資系企業