231件中 71 - 80件表示
  • ミセスとぼくとセニョールと!

    ミセスとぼくとセニョールと!から見た官能小説官能小説

    待子の父。官能小説家で、その世界では大御所で「黒沢天皇」とも言われている。他人の話したことを文章にする口述筆記の手法を執っていて、待子もよく手伝っている。お京とは愛人関係。ミセスとぼくとセニョールと! フレッシュアイペディアより)

  • 日本出版社

    日本出版社から見た官能小説官能小説

    終戦に伴い日本社と社名を変更し、1966年には現社名の日本出版社となった。戦後は一貫して大衆路線をとり、成人向けの娯楽雑誌を主に手がけてきた。代表的な雑誌は戦後間もなく創刊された『にっぽん実話読物』で、官能小説を中心とした有力実話誌として、1980年代まで発行が続けられた。同誌の別冊として発行された『別冊実話読物』や『SMクラブ』などの派生誌もあった。日本出版社 フレッシュアイペディアより)

  • CFNM

    CFNMから見た官能小説官能小説

    CFNMは、英語の「クローズド・フィーメイル・ネイキッド・メイル (Clothed Female(s), Naked Male(s))」の略で、人数に関わらず着衣した女性と脱衣した男性との関係性における性的倒錯 (paraphilia) を意味する用語。このような設定で表現される性的な雑誌、AV、官能小説をあらわすジャンルとして用いられることが一般的。またCFNMは、女性による男性のの一種である。CFNM フレッシュアイペディアより)

  • パラダイム (出版社)

    パラダイム (出版社)から見た官能小説官能小説

    当初は特撮の関連本や官能小説等を刊行していたが、2003年頃より創業以来の主力となっていた美少女ゲーム(アダルトゲーム)の小説化作品レーベル「PARADIGM NOVELS(パラダイムノベルス)」に特化。パラダイム (出版社) フレッシュアイペディアより)

  • 村咲数馬

    村咲数馬から見た官能小説官能小説

    時代小説、歴史小説、官能小説を主に執筆していた。本名:荒井和彦。2004年、『隠し人炎斬り 不知火半兵衛闇始末』でデビューする。別のペンネームに甘粕 蜜彦(あまかす みつひこ)があり、官能小説家としては2001年に『母子相姦 禁忌の受精』(グリーンドア文庫)でデビューしている。村咲数馬 フレッシュアイペディアより)

  • ままらぶ

    ままらぶから見た官能小説官能小説

    501号室の住人で帝王大学生だが、官能小説作家兼アダルトゲームのシナリオライターが実質の本業。複数のペンネームを持ち、サイン会を開ける、ちょっとした売れっ子。普段は下着とワイシャツだけで過ごし、音読しながら官能小説を執筆するなどで浩二を困らせる。いつもけだるそうに話し、つかみどころのない性格だが、職業柄洞察力に優れていて、浩二と涼子の関係や瑠璃の本性にもいち早く気づいている。ままらぶ フレッシュアイペディアより)

  • 読楽

    読楽から見た官能小説官能小説

    中間小説誌、成人男性向けのエンターテイメント誌として、官能小説、推理小説、アクション小説、ビジネス小説、時代小説などを中心に掲載していた。読楽 フレッシュアイペディアより)

  • 淫堕の姫騎士ジャンヌ

    淫堕の姫騎士ジャンヌから見た官能小説官能小説

    『淫堕の姫騎士ジャンヌ』(いんだのひめきしジャンヌ)とは、筑摩十幸による官能小説。2005年11月30日に第1巻が二次元ドリームノベルズ(キルタイムコミュニケーション)から発売された。淫堕の姫騎士ジャンヌ フレッシュアイペディアより)

  • 花祀り

    花祀りから見た官能小説官能小説

    『花祀り』(はなまつり)は、花房観音による日本の官能小説花祀り フレッシュアイペディアより)

  • 女の庭

    女の庭から見た官能小説官能小説

    『女の庭』(おんなのにわ)は、日本の作家である花房観音による官能小説・ミステリー小説。女の庭 フレッシュアイペディアより)

231件中 71 - 80件表示

「官能小説」のニューストピックワード