169件中 81 - 90件表示
  • 勁文社

    勁文社から見た官能小説官能小説

    グリーンドア文庫(官能小説勁文社 フレッシュアイペディアより)

  • 女教師・裕美の放課後

    女教師・裕美の放課後から見た官能小説官能小説

    『女教師・裕美の放課後』(おんなきょうし・ひろみのほうかご)は、綺羅光の官能小説デビュー作品であり、1984年3月にフランス書院より発売された。また、2002年9月13日にはGuiltyNよりアダルトゲーム版が発売され、2003年8月8日と同年11月14日にはバニラより18禁OVA版全2巻が発売された。女教師・裕美の放課後 フレッシュアイペディアより)

  • 団地妻

    団地妻から見た官能小説官能小説

    現実社会における団地妻の実態については外部から窺い知ることのできない部分が多い。しかし、団地妻という形象は、実際の主婦についてよりも、主婦同士の織りなす人間関係を描いた昼ドラの定番的テーマとしてとか、ポルノ作品や官能小説などで描写される、夫の留守中に不倫するといったほぼクリシェと化したイメージのように、フィクションの世界で独特のイメージを形成している。団地妻 フレッシュアイペディアより)

  • サタミシュウ

    サタミシュウから見た官能小説官能小説

    サタミ シュウは、日本の小説家。主に、官能小説(角川書店などの公式サイトでは「SM青春小説」)を発表している。本名などは非公表で、数多くの小説作品を発表している覆面作家である。サタミシュウ フレッシュアイペディアより)

  • Wrestling with もも子

    Wrestling with もも子から見た官能小説官能小説

    八田学園に入学した新入生。格闘技マニアで、もも子のことも知っていた。当初は「もも子とレスリングをしたい」という下心から高校にレスリング同好会を作ろうとしたが、徐々にレスリングの魅力に惹きこまれていく。父親は官能小説家で実家は裕福である。Wrestling with もも子 フレッシュアイペディアより)

  • セクシートラベル

    セクシートラベルから見た官能小説官能小説

    『セクシートラベル』は、泉大八による日本の官能小説作品。1986年に桃園文庫(桃園書房)より刊行された。セクシートラベル フレッシュアイペディアより)

  • きーぽん

    きーぽんから見た官能小説官能小説

    また、ライブにおいては『一文字付け足すと(または、逆さに読むと)エロい言葉になる』というネタや、普通の本を官能小説風に読むなど、下ネタを演じることもあった。きーぽん フレッシュアイペディアより)

  • KEN-JIN

    KEN-JINから見た官能小説官能小説

    深夜枠ということもあり、ピンクネタも多く過去のクリスマススペシャルの時には、局アナが体操服姿にブルマーを履き、官能小説を朗読するという企画もあった。2004年4月に「KEN-JIN DX」にリニューアルした際、そういったいわゆる「エロ企画」が完全撤廃された(これについては、岡元あつこがゲスト出演した際に横山が公言していた)。にもかかわらず1年で終了した背景にはかねてから視聴者には支持されても中国放送の上層部にはあまり良い顔をされてなかったことがあったらしい(横山の著書「別冊ヨコヤマ」による)。KEN-JIN フレッシュアイペディアより)

  • Guilty (ゲームブランド)

    Guilty (ゲームブランド)から見た官能小説官能小説

    陵辱性の高い作品が多く、中でも綺羅光などの官能小説をシナリオの原作に用いた作品が多い。2002年から2005年の間、それらの作品向けのサブブランド「GuiltyN」を設けていた。2005年にダウンロード販売を専門に行うサブブランド「Guilty+」を設けている。Guilty (ゲームブランド) フレッシュアイペディアより)

  • 愛妻日記

    愛妻日記から見た官能小説官能小説

    『愛妻日記』(あいさいにっき)は重松清による日本の短編官能小説集。講談社より2003年12月13日に刊行。愛妻日記 フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示