231件中 81 - 90件表示
  • 中村まゆみ

    中村まゆみから見た官能小説官能小説

    ピン芸人時代は、色々な書物を官能小説風に読むという芸や、童話を著名な小説家風に読むという芸(「夏目漱石風桃太郎」など)を演じていた。中村まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 甘い鞭

    甘い鞭から見た官能小説官能小説

    『甘い鞭』(あまいむち)は、大石圭による2009年発表の官能ホラー小説。拉致監禁、レイプ、トラウマ、SMといった衝撃的な題材を取り扱っている。2013年、石井隆監督により映画化された。また、小説を原作とする同名のコミカライズ作品がある。甘い鞭 フレッシュアイペディアより)

  • チュートリアルのチューして!

    チュートリアルのチューして!から見た官能小説官能小説

    夜ならではのテーマについて特別授業を行うコーナー。官能小説をテーマに、シャンプーハットと徳井が実際に執筆した作品を発表した。なお、講師が登場する際に表示される、講師や授業内容に関するキーワードの枠は『世界一受けたい授業』(日本テレビ)の中で表示されるもののパロディである。チュートリアルのチューして! フレッシュアイペディアより)

  • Dr.るっる

    Dr.るっるから見た官能小説官能小説

    お色気担当。言動も官能的でラブレターを官能小説と間違えられた事も。Dr.るっる フレッシュアイペディアより)

  • 綺羅光

    綺羅光から見た官能小説官能小説

    綺羅 光(きら ひかる、生年不詳)は、日本の官能小説家。綺羅光 フレッシュアイペディアより)

  • ジリアン夫人

    ジリアン夫人から見た官能小説官能小説

    『ジリアン夫人』(原題:Naked Came the Stranger 見知らぬ人は裸でやってくる)は現代アメリカ文学を風刺したジョークとして書かれた1969年のポルノ小説。作者として「ペネロープ・アッシュ」の名が冠されているが、実際にはニュースデイ紙のコラムニスト、マイク・マグレディを筆頭にしたジャーナリスト集団による合作である。マグレディの意図は、あえてセックスと裸がむやみにでてくる下手な小説を書くことで、同時代のアメリカで人気を得ている文学がいかに頭を使うことの無い低俗な文化に堕しているかを示すことにあった。この本は1969年のニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに13週も掲載され、作者の期待した通りの結果をもたらした。ジリアン夫人 フレッシュアイペディアより)

  • 石塚喜久三

    石塚喜久三から見た官能小説官能小説

    北海道小樽市出身。函館師範学校(現・北海道教育大学函館校)卒業。小樽市の花園国民学校の教員を務めた後大陸に渡り、華北交通張家口鉄路局に勤務した。蒙疆文芸懇話会幹事にも就任。1943年、『蒙疆文學』1月号に寄せた「纏足の頃」で第17回芥川賞受賞。戦後は官能小説を書いた。石塚喜久三 フレッシュアイペディアより)

  • 八木たかおのザ・ニュータイプナイト

    八木たかおのザ・ニュータイプナイトから見た官能小説官能小説

    官能小説の一節のようなエロチックな言葉を募集するコーナー。直接的な表現ではなく、間接的にエロチシズムを想起させる言葉が好まれた。八木たかおのザ・ニュータイプナイト フレッシュアイペディアより)

  • KEN-JIN

    KEN-JINから見た官能小説官能小説

    深夜枠ということもあってピンクネタも多く、過去のクリスマススペシャルの時には局アナが体操服姿にブルマーを履き、官能小説を朗読するという企画もあった。2004年4月に「KEN-JIN DX」にリニューアルした際、そういったいわゆる「エロ企画」が完全撤廃された(これについては、岡元あつこがゲスト出演した際に横山が公言していた)。にもかかわらず1年で終了した背景には、かねてから視聴者には支持されても中国放送の上層部にはあまり良い顔をされていなかったことがあったらしい(横山の著書『別冊ヨコヤマ』による)。KEN-JIN フレッシュアイペディアより)

  • 青泉社

    青泉社から見た官能小説官能小説

    1973年にグリーンアロー出版社として創業。主に官能小説やミステリの文庫本、実用書などを刊行していたが、2007年10月Bbmf(現ビーグリー)が全株式を取得。青泉社 フレッシュアイペディアより)

231件中 81 - 90件表示

「官能小説」のニューストピックワード