82件中 31 - 40件表示
  • 官能小説

    官能小説から見た表現の自由

    性的な主題を扱った他のジャンルと同様に、官能小説にも検閲・規制の問題があり、表現の自由等をめぐって様々な論争があった。中でも官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た小説

    官能小説(かんのうしょうせつ)とは、官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た青春小説

    近年のメジャー系出版社で刊行される小説はサスペンスや青春小説の要素が強い物が多い。逆にある程度マニア傾向にある出版社で刊行される作品はストーリーそのものは単純で下記のようなジャンルをはっきりと書く作品が多い。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た秘書

    職業(OL・女教師・女医・巫女・バレリーナ・秘書・イベントコンパニオン…など)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たオノマトペ

    また、近年の作品ではオノマトペが多用される傾向にある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た比喩

    しかし、その是非とは別に、摘発や規制がかえって官能小説独特の比喩などの表現方法を発展させたという事実もある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たステレオタイプ

    各話毎に性描写を入れなければならないため話の展開に無理が生じやすい。また、オリジナリティよりもステレオタイプな表現(例えばヒロインのキャラクター設定をツンデレとする、など)が優先される事が多い。いわゆる「ご都合主義」や紋切り型の表現、マンネリズムがあっても、他の文学ジャンルと異なり低い評価を与えられないのが大きな特徴である。とはいっても、オリジナリティが無ければ人気が出るというものではなく、作家にとってオリジナリティとステレオタイプの匙加減が重要といえる。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た小説化

    ジュブナイルポルノでは、大半のレーベルでライトノベルと同様に巻頭カラーイラストがあり、本文中にも挿絵がページ単位で挿入されているなど、従来の官能小説とはだいぶ異なる体裁を持っているが、最大の特徴は狭義の官能小説ではタブーとされるSFやファンタジーの要素が小説の世界観としてにふんだんに利用されていることにある。これは対象としている読者層がライトノベルの読者中の成人層やアダルトゲームのプレイヤーであり、そのような世界観についての予備知識をある程度持っていることを前提としているためである。また、ジャンルの歴史という面から見ても、最初期のレーベルである富士見書房の富士見美少女文庫では、アダルトアニメ『くりいむレモン』シリーズのノベライズ作品を主力ラインナップとしていたことなど、1980年代の時点で既に他のメディアとの連動が意識されており、SFやファンタジーの要素がふんだんに含まれた作品が多数出版されていたことが挙げられる。この巻頭カラーイラストや本文中に挿入した挿絵の多くの割合を性描写に割く富士見美少女文庫のスタイルは1990年代に入って次々と勃興した後続レーベルの方向性にも大きな影響を与え、アダルトゲームの普及と共に、多くのアダルトゲームが利用するファンタジー調の世界観や設定をジュブナイルポルノの読者層へ受容させるための礎となっていった。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た新書

    大半が書き下ろしとして文庫や新書の形で出版されるが、人気作家になるとスポーツ新聞や男性向け週刊誌や小説誌などに連載する場合も多い。もちろん一般の小説と同様に、ウェブサイトに掲載したり携帯電話で配信したりすることもある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たオリジナルビデオ

    オリジナルビデオ - 官能小説を原作としているものが一部存在している。官能小説 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示