82件中 41 - 50件表示
  • 官能小説

    官能小説から見たレズビアン

    (男性読者の嗜好としての)レズ官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たチャタレー事件

    『チャタレイ夫人の恋人』をめぐる一連の裁判(チャタレー事件官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た小説誌

    大半が書き下ろしとして文庫や新書の形で出版されるが、人気作家になるとスポーツ新聞や男性向け週刊誌や小説誌などに連載する場合も多い。もちろん一般の小説と同様に、ウェブサイトに掲載したり携帯電話で配信したりすることもある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た父子相姦

    父娘相姦(ジャンルとして避けられる傾向にあるが、少数存在する)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たショタコン

    美少年、ショタコン、シーメール、ニューハーフ(一部ではメインストーリーとなっているが、ほとんどは添え物)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たメディアミックス

    1980年代から90年代にかけては、実写系のメディアミックス作品として、アダルトビデオやピンク映画の女優をヒロインとしグラビアを挿絵とした官能小説があった。また、(小説の範疇から外れるが)女優が官能小説を朗読するカセット集等も存在した。ただし、これらはキワモノ的な企画であることが多く、イメージのギャップや表現の限界もあって現在に至るまで主流とはなっていない。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たパロディ

    このような状況ながら、中にはあそびごころ的にちらりとSFやファンタジーの芽を見せる作家も存在する。過去には、一部の作家には、有名なアニメのパロディを行ない、トンデモ本扱いされて日本トンデモ本大賞を受賞した作品もあった。また、ごく稀に社会問題を取り上げる作品も存在する。ただし、ほとんどの場合は添え物レベルに留めるのが常であり、官能小説の範囲を逸脱すると本来の官能小説の読者からは低評価を受ける事が少なくない。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た性的興奮

    官能小説(かんのうしょうせつ)とは、官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たOL

    職業(OL・女教師・女医・巫女・バレリーナ・秘書・イベントコンパニオン…など)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たホステス

    ホステス、キャバクラ嬢、AV女優など「水商売」や性風俗産業に従事する女性(ジャンルとして避けられる傾向にあるが、少数存在する)官能小説 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「官能小説」のニューストピックワード