94件中 41 - 50件表示
  • 官能小説

    官能小説から見た同性愛者

    同性愛者向け(とくにゲイ向け。三島由紀夫の「愛の処刑」、碧川潭の「虚無への供物」などが有名)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た生殖器

    生殖器・排泄器官に関する医療用語(いわゆる横文字)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た三人称

    ほとんどの官能小説は三人称で描かれるが、一部の作品や下記の告白本・実話物では一人称が使われる事がある。一人称の場合はヒロインからの視点がほとんどであり、男性主人公からの視点の作品は少ない。稀に第三者からの視点の作品もある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た尼僧

    宗教家(巫女、尼僧、修道女など)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た近親相姦

    近親相姦(実母・義母・伯叔母・姉妹・従姉妹・姑など)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たチャタレイ夫人の恋人

    チャタレイ夫人の恋人』をめぐる一連の裁判(チャタレー事件)官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た

    店頭では人目を気にして内容を吟味しにくいためか、タイトルは「美少女」「女教師」「熟女」「未亡人」「おさま」など「**もの」をストレートに表現していることが多い。これは多数の作家が、出版社やジャンルによって筆名を使い分けている(あるいは使い分けさせられている)事にも現れている。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見た青春小説

    近年のメジャー系出版社で刊行される小説はサスペンスや青春小説の要素が強い物が多い。逆にある程度マニア傾向にある出版社で刊行される作品はストーリーそのものは単純で下記のようなジャンルをはっきりと書く作品が多い。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たオノマトペ

    また、近年の作品ではオノマトペが多用される傾向にある。官能小説 フレッシュアイペディアより)

  • 官能小説

    官能小説から見たステレオタイプ

    また、オリジナリティよりもステレオタイプな表現(例えばヒロインのキャラクター設定を「性的な関心が無い貞淑な女性」としたり、「無関心を装っても心中は欲求不満な『淑女』」としたり、「ツンデレ」としたりする、など)が優先される事が多い。いわゆる「ご都合主義」や紋切り型の表現、マンネリズムがあっても、他の文学ジャンルと異なり低い評価を与えられないのが大きな特徴である。とはいっても、オリジナリティが無ければ人気が出るというものではなく、作家にとってオリジナリティとステレオタイプの匙加減が重要といえる。官能小説 フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「官能小説」のニューストピックワード