前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た定岡正二定岡 正二

    通常放送時では1997年頃からロケ企画の比率が高くなり、1998年以降はオールロケ番組となった(スタジオでロケをメイン出演者がスタジオでVTRを見るという形式をロケのみに変更した日本テレビの番組では1991年の『生ダラ』スタート以降では『鉄腕!DASH!!』(1994年 - )がある。ちなみにこの『鉄腕!DASH!!』には福澤も出演していた)。1998年、平日朝の『ズームイン!!朝!』に専念するために番組を降板した進行役の福澤朗の勇退の際に、「さようなら福澤アナ」企画と題し総集編として約2年ぶりにスタジオから放送した。それ以降においてもロケ企画以外の内容や生放送が時々行われており、一例として2000年5月3日の生放送では、その日行われた巨人戦の模様を定岡正二に解説させるという企画などが行われていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た定岡正二定岡 正二

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た定岡正二定岡 正二

    第1戦はこの年まで12年連続盗塁王に君臨し続けた全パの1番福本豊(阪急)が初回から打ちまくり4打数4安打1四球の全打席出塁でMVP。続く第2戦、珍記録が生まれた。全セが5対4の1点リードで迎えた7回表、斉藤明夫(大洋)が登板。1死1塁で柏原純一(日本ハム)に同点打を叩かれたことから斉藤は延長11回までの5イニングを投げる事になった(試合そのものは引き分けに)。これは個人の球宴史上最多投球回記録である。第3戦も4回から2対2の同点が続き、連夜の延長も考えられた7回表、全セが1点勝ち越し、それを定岡正二(巨人)、山本和行(阪神)が守りきった。またこの第3戦では7回の全パの攻撃で無死1、2塁から大宮龍男(日本ハム)がショートゴロを打ち6-4-3と渡って併殺とするが送球の間に島田誠(日本ハム)が本塁に突入するもタッチアウトとなり、オールスターゲーム史上初のトリプルプレーが成立した。1982年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 武宮敏明

    武宮敏明から見た定岡正二定岡 正二

    1975年からはコーチ・スカウト職を退き1982年まで寮長職に専念する。その後は編成担当などを務めた。合宿所が新丸子から川崎市のよみうりランド近傍に移転した後も河埜和正、定岡正二、西本聖、篠塚利夫(現:篠塚和典)、原辰徳、駒田徳広、吉村禎章などといった新人選手を厳しく指導して行った。寮長を引退する際、多摩川グラウンド横で営業していたおでん屋(グランド小池商店)に惜別の句を自筆で送っており、現在でも店舗に掲示している。「グランドに(おでん屋に)通い続けて30年 いつの間にやら頭真白」武宮敏明 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の日本シリーズ

    1981年の日本シリーズから見た定岡正二定岡 正二

    (巨)●定岡(1敗)、加藤初、角?山倉、吉田孝1981年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た定岡正二定岡 正二

    阪神タイガースのキャンプ地・宜野座村から放送した2011年2月14日には、亀山の現役時代のコーチで、MBSでも野球解説者を務めた川藤幸三(阪神タイガースOB会第7代会長、元・外野手)がオープニングから当コーナーまで出演した。同月21日には、亀山が高知県安芸市(阪神の2次キャンプ地)に取材で滞在した関係で、亀山の元チームメイト・久慈照嘉(阪神一軍守備走塁コーチ)が『かめ友さんいらっしゃい』、定岡智秋(高知ファイティングドッグス監督、元・南海ホークス内野手、定岡正二の実兄)が『かめ友さんいらっしゃい おかわり』にそれぞれ登場した。亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た定岡正二定岡 正二

    リポーター:川島宏治(RCC・広島サイド、共同インタビュアー)、石川顕(TBS・西武サイド)、定岡正二1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た定岡正二定岡 正二

    1981年、藤田元司が監督に就任、また、前年に現役引退した王貞治が助監督に就任。藤田元司監督、王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチによる「トロイカ体制」が誕生。江川卓、西本聖、定岡正二、加藤初ら先発4本柱を形成し(江川20勝・西本18勝・定岡11勝・加藤12勝)、4年ぶりのリーグ制覇。日本シリーズでは、巨人と同じく後楽園をフランチャイズにする日本ハムファイターズと対戦。、4勝2敗で8年ぶりの日本一を達成する。江川が史上5人目の投手5冠王(最優秀防御率、最多勝、最多勝率、最多奪三振、最多完封)、西本は沢村賞、角三男が最優秀救援投手を獲得するなど、投手タイトル独占を達成、藤田監督の投手中心の守りの野球の成果が十分に発揮された。打者ではルーキーの原辰徳が新人王を獲得、篠塚利夫が3割5分7厘の高打率をマークして阪神・藤田平と首位打者争いをするなど若手の台頭が目立った。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでしたから見た定岡正二定岡 正二

    2011年10月27日の放送では、石橋貴明50歳誕生日記念として、『全厄オープン』が行われ、錦野旦と定岡正二に仕掛けられた。とんねるずのみなさんのおかげでした フレッシュアイペディアより)

  • ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!

    ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!から見た定岡正二定岡 正二

    定岡正二(「炎チャレドッジボール」など様々な企画に出演していた)ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示