108件中 71 - 80件表示
  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た定岡正二定岡 正二

    TBSラジオ 解説:定岡正二 ゲスト解説:中西太1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • TBSテレビ系列スポーツニュース枠

    TBSテレビ系列スポーツニュース枠から見た定岡正二定岡 正二

    1990年10月改編で、週末も深夜ニュース枠と統合して『JNNスポーツ&ニュース』となる。初期は定岡正二などを起用したが、試行錯誤を繰り返し、その後栗山英樹を起用したが、その降板で再び試行錯誤となり、2002年4月改編で、土曜日は『スーパーサッカー』のコーナーとなり、日曜日は『J-SPORTS→J-SPO』となった。この頃から、深夜ニュース枠とはまた分割することとなった。TBSテレビ系列スポーツニュース枠 フレッシュアイペディアより)

  • 松野明美

    松野明美から見た定岡正二定岡 正二

    ランナーとしての全国デビューが1987年12月の全日本実業団女子駅伝の12人抜きとするならば、タレントとしての全国デビューは2000年2月29日OAの「第19回ものまねバトル大賞」(日本テレビ)における小泉今日子「なんてったってアイドル」のものまねである。フリフリのスカートに満面の笑み、激しいアクションで歌い、歌のラストはグリコポーズ でテープを切る松野(自称マラソン界のゴクミ)の姿は、全国の視聴者に強烈なインパクトを与えた。それまでの元スポーツ選手のバラエティタレントといえば、定岡正二や池谷幸雄などのように、本職のお笑い芸人にいじってもらって引き立つ芸風が主流であった。(その先駆者としてはガッツ石松がいる。)この松野のものまねの様子はナンシー関もコラム(後述)で触れている。松野明美 フレッシュアイペディアより)

  • フンドーキン醤油

    フンドーキン醤油から見た定岡正二定岡 正二

    定岡正二(鹿児島県出身。出演当時は読売ジャイアンツ投手)フンドーキン醤油 フレッシュアイペディアより)

  • マジカル頭脳パワー!!

    マジカル頭脳パワー!!から見た定岡正二定岡 正二

    「大マジカル」では、パネラー最多の5チームに在籍経験がある(5チーム在籍経験があるのは他にも定岡正二がいる)。マジカル頭脳パワー!! フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島ドリームウェーブ

    鹿児島ドリームウェーブから見た定岡正二定岡 正二

    2005年に元読売ジャイアンツの定岡正二が監督となり、自身の地元である鹿児島市において結成。チーム名は焼酎の「薩摩白波」に由来している(ただし定岡はその後、別のチーム立ち上げのためにチームを離脱している)。鹿児島ドリームウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た定岡正二定岡 正二

    巨人は1985年オフに現役を引退し任意引退扱いとなっていた定岡正二を自由契約選手として公示。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾孝義

    中尾孝義から見た定岡正二定岡 正二

    初安打:同上、2回表に定岡正二から二塁打中尾孝義 フレッシュアイペディアより)

  • 自由契約

    自由契約から見た定岡正二定岡 正二

    著名なプロ野球選手経験者が任意引退公示後、アマチュア指導者への転身によって改めて自由契約公示されたケースとしては、外木場義郎(1979年任意引退公示、2004年自由契約→プロ育成野球専門学院(広島県安芸太田町所在)コーチ就任)、定岡正二(1985年任意引退公示、2006年自由契約→硬式野球倶楽部「薩摩」コーチ就任)、初芝清(2005年任意引退公示、2006年自由契約→かずさマジック(千葉県君津市)所在)コーチ就任)などの例がある。またトヨタ野球部の的場寛壱(元阪神タイガース)らのように選手として登録する者もいる。自由契約 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た定岡正二定岡 正二

    南海時代の選手では島野育夫、桜井輝秀、藤原満、佐藤道郎、江本孟紀、門田博光、片平晋作、大塚徹、定岡智秋、河埜敬幸、山本雅夫、山本和範といった選手たちの登場機会が多かった。佐藤や門田は酒豪であり、景浦のよきのんべ友達だった。同期の藤原はある意味で景浦の親友のような設定もなされている。大塚は初期の作品でしばしば登場、その豪快な風貌、台詞は存在感十分だった。また名二塁手の桜井輝秀、代打で登場した外山義明も飲み仲間として登場回数を重ねた。特に外山はそのひょうきんな人柄から一見三枚目風ながらも極めて親交が深い人物として描かれていた。桜井は福岡ダイエーのコーチ時代にも登場し、「大虎」で高畠コーチと共に料理の腕を振るう描写も見られた。そして、山本雅は同じ代打の切り札としてチーム内のライバルであり、移籍後にも登場することがあった。また、1985年初頭に久保寺雄二が亡くなった際には、彼を追悼するストーリーも描かれ、その中で取り上げられた定岡(同じポジションでもあった)の登場頻度も高い(弟の正二との絡みで登場することも多かった。この扱いは兄・和正が巨人にいる河埜の場合にも見られた。また定岡や河埜はコーチ・スタッフ時代にもよく登場した)。更に、片平は現役末期の大洋時代にオープン戦の試合前に景浦との会話で、その後も小林満との関連(小林に彼の一本足打法を伝授したという設定)から西武コーチ時代に、藤原は福岡ダイエーのコーチ時代にも、それぞれ登場している。山本和範も登場回数の多かった選手の一人で「ガッチュ」という決め台詞があった。引退時にも「恋の宿」に同宿する描写がされ、またごく最近(2012年)にも登場するなど、その登場頻度はかなり高い。あぶさん フレッシュアイペディアより)

108件中 71 - 80件表示