106件中 11 - 20件表示
  • 定岡正二

    定岡正二から見た長嶋茂雄

    入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封をした。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た木梨憲武

    水の飲み比べが得意で、2009年11月26日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「ムダ・ベストテン」に「色々ソムリエ」として出演。8種類の水の名称当てで、6問連続正解するも最後の2択で失敗し、木梨憲武に「サダさんぽい!」と爆笑され、石橋貴明は「(最後は間違えたが)凄い!」と感心していた。更に女性の手を握るだけで出身地・生まれ月・血液型等を当てる特技も披露するが、出身地の区分を「東京より北か南」という区分で答えたため、微妙な位置にある千葉県出身者に対しては「?」マークが出される。だが血液型・生まれ月は正解して石橋・木梨を驚かせた。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た輪島大士

    輪島大士(生ダラでサダーズの異色コンビを結成した)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た坂上二郎

    2005年、アマチュア野球チーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の監督に就任。8月16日には鹿児島県立鴨池球場で「茨城ゴールデンゴールズ」との試合を行い初采配を白星で飾った。定岡は鹿児島ホワイトウェーブの総監督に坂上二郎を招聘することも視野に入れており、2006年5月6日に鹿児島ホワイトウェーブの総監督・坂上二郎は実現した。5月7日に県立鴨池球場でゴールデンゴールズと試合を行い「コント55号対決」が実現しスポーツ紙などでも報じられた。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見たトミー・ラソーダ

    現役引退翌年の1986年にはロサンゼルス・ドジャースのアイク生原・オーナー補佐の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。この経緯について定岡は「浪人中の長嶋さんが『次の仕事が決まっていないのなら、米国に行ってみろ』と生原さんに話をつけてくれてね。心細さや孤独感はあったけど、1ヵ月は充実していたよ。紅白戦では、マイク・ソーシアとバッテリーを組んだね。トミー・ラソーダ監督は『3Aで残ったらどうだ』と言ってくれた。でも、そこで本当にユニホームを脱ぐ覚悟ができた。自分で決断したので、それからは何が起きても大丈夫になったね。」と語っている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た元木大介

    元木大介(「巨人で終わりたい」という理由で現役引退し、タレント・野球解説者に転身)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た王貞治

    巨人入団1年目には自主トレが行われた多摩川グラウンドに2万人の観衆を集めたほどの人気ぶりであった。当時趣味は「ハンカチ集め」と答えていた。王貞治の「日本刀で吊るした紙を切る稽古」をやらされた所、一発で切ってしまい王を困惑させたこともある。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た財津一郎

    上述同番組の企画の対決で敗北し、罰ゲームとして他局(TBS)のニュース番組で財津一郎の「きびしい!」をポーズ付きで行う羽目になった。なかなか実行するきっかけが掴めないまま番組も終盤となり、ついに野球の試合に関するコメントの中で「非常に厳しいですね」と言いながら中途半端なポーズを取り、共演者の女子アナに「どうしたんですか」と突っ込まれて困惑する光景がお茶の間に流れた(のちにこれが原因で同ニュース番組を降板させられたと『生ダラ』内で語った)。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見たデビット伊東

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た原辰徳

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上、チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

106件中 11 - 20件表示

「定岡正二」のニューストピックワード