97件中 11 - 20件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士(生ダラでサダーズの異色コンビを結成した)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た坂上二郎

    2005年、出身地である鹿児島県のアマチュア野球チーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の監督に就任。8月16日には鹿児島の県立鴨池球場でタレントの萩本欽一が監督を務めるアマチュア野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」との試合を行い初采配を白星で飾った。定岡は鹿児島ホワイトウェーブの総監督に同郷の先輩で萩本のコント55号時代の相方坂上二郎を招聘することも視野に入れており、2006年5月6日に鹿児島ホワイトウェーブの総監督・坂上二郎は実現した。5月7日に県立鴨池球場でゴールデンゴールズと試合を行い「コント55号対決」が実現しスポーツ紙などでも報じられた。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た元木大介元木 大介

    元木大介(「巨人で終わりたい」という理由で現役引退し、タレント・野球解説者に転身)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た王貞治

    巨人入団1年目には自主トレが行われた多摩川グラウンドに2万人の観衆を集めたほどの人気ぶりであった。当時趣味は「ハンカチ集め」と答えていた。王貞治の「日本刀で吊るした紙を切る稽古」をやらされた所、一発で切ってしまい王を困惑させたこともある。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た財津一郎財津 一郎

    上述同番組の企画の対決で負けになり、TBSのニュース番組で財津一郎の「きびしい!」をポーズつきでやるはめになった。実際にはやったのだが、隣にいた女子アナが驚くどころか微妙に困惑するだけの中途半端なリアクションで終わってしまった。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たデビット伊東デビット伊東

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年頃まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た原辰徳

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たフジテレビジョン

    「パーティーナイトG」(フジテレビ定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た大塚製薬

    大塚製薬「オロナミンCドリンク」 - 現役時代に他の巨人軍選手と共に出演。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た引退

    1983年も7勝を挙げリーグ優勝に貢献するが、この年以降成績を落とし、槙原寛己や斎藤雅樹の台頭もあって1985年オフにトレード要員となり、ベテラン捕手有田修三との交換トレードで近鉄バファローズへの移籍が発表されるが、移籍を拒否。任意引退という形で突然の現役引退を表明。29歳の若さでプロ野球界から引退した。この時相談を野球関係者ではなく友人のデザイナーなどに持ちかけ、「巨人のまま辞めた方がいい」とのアドバイスを受けたという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示