106件中 21 - 30件表示
  • 定岡正二

    定岡正二から見たフジテレビジョン

    SADA&KAYAパーティーナイトG(フジテレビ) - 佐伯伽耶とのダブル司会によるトーク番組。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た大塚製薬

    大塚製薬「オロナミンCドリンク」 - 現役時代に他の巨人軍選手と共に出演。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た引退

    1983年は春先から好調を維持し、開幕2か月で6連勝を含む7勝1敗とハーラートップを走っていた。しかし牽制球の際に持病の腰痛を発症し、以降調子を落とす。先発とリリーフの併用が続き、8月に二軍落ち。二軍で2試合連続完投勝利を挙げ9月に一軍復帰するも調子は戻らず、6月以降1勝も挙げることができないままシーズンを終え、結局この年は7勝7敗に終わる。1984年に入ってもなかなか復調せず、この年の9月以降リリーフに回る。槙原寛己や斎藤雅樹の台頭もあって1985年オフにトレード要員となり、ベテラン捕手有田修三との交換トレードで近鉄バファローズへの移籍が発表されるが、移籍を拒否。任意引退というかたちで突然の現役引退を表明。最終年は47試合登板で防御率3点台という十二分に余力を残した状態にもかかわらず、29歳の若さでプロ野球界から引退した。このとき相談を野球関係者ではなく友人のデザイナーなどに持ちかけ、「巨人のまま辞めた方がいい」とのアドバイスを受けたという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た阪神タイガース

    1974年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け入団。しかし希望球団として「阪神タイガースへ入団したかった」と述べている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た定岡徹久

    定岡 正二(さだおか しょうじ、1956年11月29日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手(投手)で現在はタレント、野球解説者、野球指導者。愛称は「サダ」。あるいは「サダさん」「サダ坊」。(株)エストゥー所属。「定岡三兄弟」の次男であり、兄の定岡智秋、弟の定岡徹久、甥の定岡卓摩も元プロ野球選手である。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た斉藤浩子

    球界入り及び現役引退等を挟み2017年時点で独身で結婚経験なし(三兄弟で唯一の独身でもある)。本人は「女性に対してシャイだから」と語っているが、弟・徹久は「何度も兄のデートにカモフラージュで同伴させられた」と語っている。徹久が斉藤浩子と結婚したのはこのカモフラージュがきっかけである。親友の角盈男は「見つからないようにデートするのが上手い」と語っている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見たマイク・ソーシア

    現役引退翌年の1986年にはロサンゼルス・ドジャースのアイク生原・オーナー補佐の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。この経緯について定岡は「浪人中の長嶋さんが『次の仕事が決まっていないのなら、米国に行ってみろ』と生原さんに話をつけてくれてね。心細さや孤独感はあったけど、1ヵ月は充実していたよ。紅白戦では、マイク・ソーシアとバッテリーを組んだね。トミー・ラソーダ監督は『3Aで残ったらどうだ』と言ってくれた。でも、そこで本当にユニホームを脱ぐ覚悟ができた。自分で決断したので、それからは何が起きても大丈夫になったね。」と語っている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た北村照文

    入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封をした。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た生原昭宏

    現役引退翌年の1986年にはロサンゼルス・ドジャースのアイク生原・オーナー補佐の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。この経緯について定岡は「浪人中の長嶋さんが『次の仕事が決まっていないのなら、米国に行ってみろ』と生原さんに話をつけてくれてね。心細さや孤独感はあったけど、1ヵ月は充実していたよ。紅白戦では、マイク・ソーシアとバッテリーを組んだね。トミー・ラソーダ監督は『3Aで残ったらどうだ』と言ってくれた。でも、そこで本当にユニホームを脱ぐ覚悟ができた。自分で決断したので、それからは何が起きても大丈夫になったね。」と語っている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡正二

    定岡正二から見た藤田元司

    入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年、4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合となる完封をした。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「定岡正二」のニューストピックワード