97件中 31 - 40件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見た有田修三

    1983年も7勝を挙げリーグ優勝に貢献するが、この年以降成績を落とし、槙原寛己や斎藤雅樹の台頭もあって1985年オフにトレード要員となり、ベテラン捕手有田修三との交換トレードで近鉄バファローズへの移籍が発表されるが、移籍を拒否。任意引退という形で突然の現役引退を表明。29歳の若さでプロ野球界から引退した。この時相談を野球関係者ではなく友人のデザイナーなどに持ちかけ、「巨人のまま辞めた方がいい」とのアドバイスを受けたという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た定岡卓摩

    定岡卓摩(甥=智秋の子)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たコント55号

    2005年、出身地である鹿児島県のアマチュア野球チーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の監督に就任。8月16日には鹿児島の県立鴨池球場でタレントの萩本欽一が監督を務めるアマチュア野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」との試合を行い初采配を白星で飾った。定岡は鹿児島ホワイトウェーブの総監督に同郷の先輩で萩本のコント55号時代の相方坂上二郎を招聘することも視野に入れており、2006年5月6日に鹿児島ホワイトウェーブの総監督・坂上二郎は実現した。5月7日に県立鴨池球場でゴールデンゴールズと試合を行い「コント55号対決」が実現しスポーツ紙などでも報じられた。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た中日ドラゴンズ

    初勝利・初先発勝利:1980年6月5日、対中日ドラゴンズ10回戦(ナゴヤ球場)、6回2失点定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たプロ野球ドラフト会議

    1974年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け入団。しかし希望球団として「阪神タイガースへ入団したかった」と述べている。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たロサンゼルス・ドジャース

    現役引退翌年の1986年には、アイク生原の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た全国高等学校野球選手権大会

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た沢村栄治賞

    かなりの天然な性格であり、バラエティ進出はそのキャラが好まれたのも一因である。やさしい性格で西本が沢村賞を獲得しながら、手放しでは誰も祝福してくれなかった中(詳細は西本聖の項参照)定岡だけは祝福してくれたと西本は語っている。また、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』で石橋貴明にコケにされながらも、石橋を気遣う場面があった。この頃、「サダ」というニックネームが浸透してきた為、街を歩いていると、見知らぬ小学生くらいの子供達に「サダーっ!」と呼び捨てにされるようになり、困っていたと後に発言している。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た東海大学付属相模高等学校・中等部

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た鹿児島実業高等学校

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

97件中 31 - 40件表示