97件中 71 - 80件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見た1981年の日本シリーズ

    入団後は2軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズン1981年4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を浴びたが以降の打者27人連続でアウトを奪い準完全試合を達成。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝をあげて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たスクール五輪の書

    スクール五輪の書(1997年 - 2000年、NHK教育テレビ)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たTBSラジオ エキサイトベースボール

    現在でもTBSラジオ エキサイトベースボール等で野球解説を行っている。また、生ダラが終了した2001年頃からバラエティ番組への出演頻度が減っており、現在は解説や前述した指導者の仕事に重きを置いている。これは、本人の希望でバラエティの出演を減らしたためである。また、所属していたイザワオフィスから離れたことも影響している。2007年のFNSの日に鹿児島テレビからのプレゼンターとしてバラエティ番組にゲスト出演した。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た硬式野球倶楽部「薩摩」

    2006年、鹿児島県内で2チーム目となる社会人野球チーム、硬式野球倶楽部「薩摩」を誕生させるべく5月28日に部員セレクションを行った。同チームの監督にも就任し、鹿児島県内でははじめてのレディース部も併設する。8月15日、読売ジャイアンツから自由契約選手の公示を受けている。理由は「アマチュア野球指導者となるため」となっており、引退時に「任意引退」扱いだったことで現在のアマチュア野球指導者として活動することへの支障を取り除くためのものである。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たオロナミンCドリンク

    大塚製薬「オロナミンCドリンク」 - 現役時代に他の巨人軍選手と共に出演。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た明治神宮野球場

    初先発:1977年5月26日、対ヤクルトスワローズ11回戦(明治神宮野球場)、1回1/3を3失点定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たものまね王座決定戦

    ものまね王座決定戦(フジテレビ) 審査員で出演定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た野球解説者

    定岡 正二(さだおか しょうじ、1956年11月29日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手で現在はタレント、野球解説者。愛称は「サダ」。あるいは「サダさん」「サダ坊」「キャバクラ大臣」。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たバラエティ番組

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年頃まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たプロ野球選手

    定岡 正二(さだおか しょうじ、1956年11月29日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手で現在はタレント、野球解説者。愛称は「サダ」。あるいは「サダさん」「サダ坊」「キャバクラ大臣」。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示