97件中 81 - 90件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:1回(1982年)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た石川県立野球場

    初登板:1977年5月18日、対大洋ホエールズ10回戦(石川県立野球場)、8回表に6番手で救援登板・完了、2回無失点定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た鹿児島テレビ放送

    現在でもTBSラジオ エキサイトベースボール等で野球解説を行っている。また、生ダラが終了した2001年頃からバラエティ番組への出演頻度が減っており、現在は解説や前述した指導者の仕事に重きを置いている。これは、本人の希望でバラエティの出演を減らしたためである。また、所属していたイザワオフィスから離れたことも影響している。2007年のFNSの日に鹿児島テレビからのプレゼンターとしてバラエティ番組にゲスト出演した。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た完全試合

    入団後は2軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズン1981年4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を浴びたが以降の打者27人連続でアウトを奪い準完全試合を達成。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝をあげて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たカットボール

    入団後は2軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズン1981年4月11日の阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文に二塁打を浴びたが以降の打者27人連続でアウトを奪い準完全試合を達成。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝をあげて同年代の江川卓や西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たうたばん

    うたばん(TBS) ANDY'Sとして出演定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見たゲームソフト

    スーパー究極ハリキリスタジアム(タイトーのゲームソフト、1993年) - 同作品のテレビCMに出演。また、同作品箱パッケージ裏に「定岡正二氏推薦」のラベルが入った。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た横浜DeNAベイスターズ

    初登板:1977年5月18日、対大洋ホエールズ10回戦(石川県立野球場)、8回表に6番手で救援登板・完了、2回無失点定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た山口県立防府商業高等学校

    鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!(コンタロウの野球ギャグ漫画。「定岡正二」という登場人物がいる)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

97件中 81 - 90件表示