58件中 21 - 30件表示
  • アカモク

    アカモクから見た定食定食

    郷土食として東北地方(岩手県、秋田県、山形県)や新潟県、京都府で好まれてきた。三陸地方では、東日本大震災による津波被害からの漁村復興にも一役買っている。モズクやメカブ同様、ポリフェノールやフコイダン、フコキサンチン、各種のミネラル、食物繊維を豊富に含み、健康に良い機能性の高い食品として注目を集め、産地以外でもスーパーマーケットで販売されたり、定食店や居酒屋で出されるようになったりしている。これにより、三重県のようにかつては食用にする習慣があまりなく「漁船のスクリューに絡む厄介者」扱いされて「邪魔モク」と呼ばれることもあった地域でも、商品価値を持つ海藻へと評価が変わった例も見られる。アカモク フレッシュアイペディアより)

  • レストラン

    レストランから見た定食定食

    料理をセットにした定食を主に提供する。割安感がありビジネス街や学生街に多く見られる。レストラン フレッシュアイペディアより)

  • ダルバート

    ダルバートから見た定食定食

    ダルバート(ネパール語:?????? dālbhāt)は、ネパールの代表的な家庭料理で、ダル(daal=豆スープ)とバート(bhaat=米飯)の合成語であり、それにカレー味の野菜などのおかず(タルカリ)、漬物(アツァール)の2つを加えた4つがセットになった食事をいう。ネパールでは毎日食べられている、日本でいう定食にあたるものである。ダルバート フレッシュアイペディアより)

  • ポーク玉子

    ポーク玉子から見た定食定食

    ポーク玉子(ポークたまご)とは、缶詰のポークランチョンミートと鶏卵を使った料理。沖縄県の大衆食堂の定食メニューの一つである。ポーク玉子 フレッシュアイペディアより)

  • 牛タン

    牛タンから見た定食定食

    仙台の牛タン料理専門店では、以下のようなセットメニューを「牛タン定食」「牛タン焼き定食」と呼ぶことが一般的である。牛タン フレッシュアイペディアより)

  • メニュー (料理)

    メニュー (料理)から見た定食定食

    日本の「定食」は、懐石や会席料理のように一品ずつ食べていく「喰い切り」のものと、本膳料理やラーメンライスのように同時に複数の料理を配膳するものと、2種類の傾向がある。メニュー (料理) フレッシュアイペディアより)

  • マヨネーズ

    マヨネーズから見た定食定食

    フライ、カツ、唐揚げ、コロッケなどの揚げ物 - タルタルソースより普及が早かったこともあり、定食や家庭料理でタルタルソースに代えて添えられる場合がある。マヨネーズ フレッシュアイペディアより)

  • 福しん

    福しんから見た定食定食

    福しん(ふくしん)は、東京都豊島区に本社を置く株式会社福しん(英称:fukushin.co.ltd)が、東京都区部を中心に展開するラーメンチェーン店である。主力メニューはラーメン、定食類。福しん フレッシュアイペディアより)

  • 浅めし食堂

    浅めし食堂から見た定食定食

    「浅めし食堂」は青森県のNPO法人・「活き粋あさむし」がコミュニティ・ビジネスの中核として運営する食堂である。土日祝日の午前11:00から午後16:00までの営業であり、ラストオーダーは15:00となっている。毎週水曜日は食堂が定休日になった。600円前後の価格で定食メニューを提供している。会合用弁当を中心に一定の金額以上の注文・あるいは高齢者・障害者であれば仕出しも行っている。浅めし食堂 フレッシュアイペディアより)

  • 天むす

    天むすから見た定食定食

    1950年代に、三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」の賄い料理として考案されたのが始まりである。昭和30年代の初め、初代水谷ヨネが忙しくて夫の昼食を作る暇がない折に、車えびの天ぷらを切っておむすびの中に入れたのが発想のきっかけで、その後味付などを試行錯誤し、常連客向けの裏メニューとして振舞うようになったとされる。好評を得た天むすは「千寿」の正式なメニューとなり、1959年(昭和34年)頃に天むす専門店となった。1965年(昭和40年)、天むすを商標登録する。天むす フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「定食屋」のニューストピックワード