1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示
  • 奈良茶飯

    奈良茶飯から見た定食定食

    日本の外食文化は、江戸時代前期(明暦の大火以降)に江戸市中に現れた浅草金竜山の奈良茶飯の店から始まったと言われている。これは現在の定食の原形と言えるもので、奈良茶飯に汁と菜をつけて供され、菜には豆腐のあんかけがよく出された。これにより、奈良茶飯は、関西よりもむしろ江戸の食として広まっていった。『守貞漫稿』によると、明暦の大火(1657年)のあと、金竜山(守貞は金竜山を浅草寺ではなく待乳山聖天としているが両説あり)の門前の茶屋が茶飯に豆腐汁、煮しめ、煮豆などを添えたものを奈良茶と称して出したのが最初で、金竜山の奈良茶を食べに行こうと江戸中から人が集まるほど人気となり、『西鶴置土産』(1693年)にも登場した。奈良茶飯 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山ラーメン

    和歌山ラーメンから見た定食定食

    一方で、他地方のラーメン屋などに必ずといっていいほど置かれている炒飯や餃子、唐揚げなどの中華系サイドメニューは、一部の観光客向けの店を除いては殆ど置いていない。和歌山の中華そばは、中華料理として捉えられていない部分があるからであり、また寿司を食べる習慣が根付いていることからごはん(白飯)を提供する店もほとんど見られない。ただし、大衆食堂の場合は、ごはんや丼物、定食が前提であるので、この限りではない。逆に、このような店では寿司を置いていることはまれである。和歌山ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 日本の百貨店

    日本の百貨店から見た定食定食

    阪急百貨店は最上階に豪華な食堂を置き、ライスカレーやランチが名物になるなど後に各地の百貨店に広まった「デパート大食堂」のはしりとなり、浅草駅の松屋屋上にオープンした屋上遊園地もその後各地に広がるなどターミナルデパートが生んだ新たなサービスは呉服店系の百貨店にも取り入れられることになった。日本の百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た定食定食

    食べる事も好きで、東京・汐留のホテルにある日本料理店によく通っていた。必ずと言って良いほどステーキ定食を注文していたが、料理長に刺身もリクエストするなど、ささやかに接していた。ちなみに中トロと貝が好物であった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • やよい軒

    やよい軒から見た定食定食

    やよい軒(やよいけん)は株式会社プレナスがフランチャイズ展開する、定食、丼ものを中心とする外食チェーンストア。やよい軒 フレッシュアイペディアより)

  • BAGEL&BAGEL

    BAGEL&BAGELから見た定食定食

    今柊二 - エッセイスト、定食評論家。神奈川新聞で連載している「私の好きな喫茶店」で、定食スタイルで供されるルミネ横浜店限定の「BAGEL TEI-SHOKU」を紹介している。定食はご飯、という自身においての縛りがあるため、メイン連載の「かながわ定食紀行」ではなく、前述のコーナーでの紹介となる。BAGEL&BAGEL フレッシュアイペディアより)

  • 料理

    料理から見た定食定食

    料理は献立によって、一品料理のアラカルトと、定食と呼ばれるコース料理のメニュー (料理)とに分類される。お任せや食べ放題といった形態もある。移動するものや仮設のものとして、中食や出前や弁当、屋台やケータリングや納涼床などがある。食堂車や機内食、クルーズ客船や屋形船でも料理が提供される。家庭における料理や、自ら作った料理は、手料理や家庭料理と呼ばれる。食べる人や調理側の状態によっては、非常食、離乳食や流動食などが提供される。料理 フレッシュアイペディアより)

  • エスペラント

    エスペラントから見た定食定食

    コンフォルタ(Komforta) - 沖縄県国頭郡宜野座村惣慶にある定食屋・大衆食堂。エスペラントでの「快適な、心地良い」の意。エスペラント フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示

「定食屋」のニューストピックワード