2319件中 91 - 100件表示
  • 五条まい

    五条まいから見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    五条 まい(ごじょう -、1967年10月1日 - )は女優。元宝塚歌劇団雪組の娘役。五条まい フレッシュアイペディアより)

  • 岡田敬二

    岡田敬二から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    岡田 敬二(おかだ けいじ、1941年2月19日 - )は日本のレビュー演出家、宝塚歌劇団の演出家。東京都港区生まれ。岡田敬二 フレッシュアイペディアより)

  • 虞美人 (宝塚歌劇)

    虞美人 (宝塚歌劇)から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    虞美人(ぐびじん)は、長與善郎の戯曲『項羽と劉邦』を原作とした、宝塚歌劇団のミュージカル作品。虞美人 (宝塚歌劇) フレッシュアイペディアより)

  • 華月由舞

    華月由舞から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    華月 由舞(はなづき ゆま、7月25日 - )は、元宝塚歌劇団花組の娘役。東京都世田谷区、桐朋女子高校出身。身長161cm。愛称は「エイコ」「ゆま」。華月由舞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子大学附属中学校・高等学校

    日本女子大学附属中学校・高等学校から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    高校の文化祭の目玉の一つとして、宝塚歌劇団ファンの学生が作った宝塚歌劇団同好会の舞台が見物である。それにあこがれて高校から入学してくるものもいる。この舞台では歌は歌わず口パクだが、本物の宝塚歌劇団さながらに衣装、音楽を真似てレビューを繰り広げる。また近頃では、「ミュージカルクラブ」が、劇団四季などのミュージカルを本物さながらの歌やダンス、演技などで披露し、注目をあつめている。日本女子大学附属中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 萬あきら

    萬あきらから見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    萬あきら(ばん あきら、12月21日 - )は、元宝塚歌劇団専科の男役。萬あきら フレッシュアイペディアより)

  • 紅はこべ

    紅はこべから見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団によって舞台化された。ほぼ原作小説に沿った内容で、ミニシリーズや後のブロードウェイミュージカルとは異なり、原作同様アルマンはマルグリートの兄で、ショーヴランとマルグリートの間にも恋愛関係はない。(詳細は別項「宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧」を参照)。紅はこべ フレッシュアイペディアより)

  • 藤波洸子

    藤波洸子から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    藤波 洸子(ふじなみ こうこ、1925年8月10日 - 1983年11月7日)とは元宝塚歌劇団(元花組組長)の女優。東京都出身。東洋英和女学校出身。宝塚歌劇団時代の芸名は久松一聲が命名。宝塚時代の愛称はヤマコ。藤波洸子 フレッシュアイペディアより)

  • すみれの花咲く頃

    すみれの花咲く頃から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団を象徴する歌。原曲は1928年フランツ・デーレ作曲の「Wenn der weisse Flieder wieder blüht」。シャンソン化されて(Lilas blancs)パリで歌われているのを耳にした白井鐵造が日本語詞をつけ1930年上演の『パリ・ゼット』の主題歌として使った。なお正式な団歌ではない。元のドイツ語版は鮫島有美子のアルバムほかに収録されている。1953年に原曲を主題歌とするドイツ映画『ライラックの花咲く頃』(Wenn der weisse Flieder wieder blüht)が作られた。また、JR東日本の駅では、電車発車時の発車メロディーとして使用されている(制作は永楽電気)。現在は白岡駅・新白岡駅・矢板駅・那須塩原駅・箱根ヶ崎駅でのみ聞くことができる。その他に、阪急百貨店の開店音楽・福島県田村市大越町での防災行政無線による時報チャイムなどで使用された実績がある。すみれの花咲く頃 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻町公子

    櫻町公子から見た宝塚歌劇団宝塚歌劇団

    櫻町 公子(さくらまち きみこ、1918年10月10日 - 2005年4月14日)とは元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の元女優である。東京都芝区(現・港区)出身。本名は千野幸子。宝塚歌劇団時代の愛称はちんない。櫻町公子 フレッシュアイペディアより)

2319件中 91 - 100件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード