前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
465件中 1 - 10件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た黒木瞳黒木 瞳

    トップスターになるためには、以下の条件が必須とされている。ただし昇進の早かった黒木瞳等は一部の条件を満たしておらず、例外もあり得る。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た天海祐希

    トップスター以下は、順に2番手、3番手…などという呼び方をするが、トップスター、トップ娘役以外は明確に固定された地位ではないため、変動することがある。例えば天海祐希は昇進が早く、彼女より上級生が下位のスターとなったこともある。特に娘役は男役以上に安定していない。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た野々すみ花

    野々すみ花(2009.7 - 2010.4)☆宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た麻乃佳世

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)・仙名彩世(2008年入団 → 2017年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も姿晴香、若葉ひろみ、遥くらら、鮎ゆうき、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た真琴つばさ真琴 つばさ

    1999年には愛華みれと稔幸がトップスターに就任。すでにトップの地位にあった真琴つばさ・轟悠とともに、2001年まで同期生トップスターとして並び立つ。同時期に4名は最多となる。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た寿美花代寿美 花代

    1954年に日伊合作映画『蝶々夫人』の制作において、チネチッタ撮影所での撮影に参加するために、先にイタリアに渡っていた八千草薫と寿美花代に続いて、東郷晴子、淀かほる、鳳八千代らトップスターと伊吹友木子、朝日奈世志子、梓真弓、筑紫まりら選抜メンバー15名が、同年10月2日午後4時20分に羽田空港からエールフランス航空機に搭乗してイタリアのローマへ出発。選抜メンバー一団が羽田空港を離陸後に、サイゴン(現・ホーチミン)-カラチ-ベイルートを経由して、ローマ近郊にあるローマ・チャンピーノ空港に到着した時の模様やチネチッタで映画『蝶々夫人』撮影中の様子を伝えるニュースフィルム(モノクロ)が現存する。そして、全撮影を終了して、同年11月12日午後9時羽田空港着のエールフランス機で一団は約40日ぶりに帰国した。その後、同年12月28日に八千草が帰国した。映画制作費は当時の約2億円。このローマへの渡航をきっかけとして、海外公演が急増する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た愛華みれ愛華 みれ

    1999年には愛華みれと稔幸がトップスターに就任。すでにトップの地位にあった真琴つばさ・轟悠とともに、2001年まで同期生トップスターとして並び立つ。同時期に4名は最多となる。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た貴城けい貴城 けい

    短期の例は、匠ひびき(2001年 - 2002年)・絵麻緒ゆう(2002年)・貴城けい(2006年 - 2007年)の1年未満(大劇場公演1回)が代表的であるが、いずれも退団理由が人事上の問題というのが明確であり、劇団の姿勢がファンから激しく非難された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た春野寿美礼

    長期の例は、トップ娘役を12年に渡り務めた花總まり(1994年 - 2006年)が代表的であるが、これは他と比較しても極めて稀な例である。他に和央ようか(2000年 - 2006年)・柚希礼音と夢咲ねね(共に2009年 - 2015年)の6年、南風まい(1983年 - 1988年)・剣幸とこだま愛(共に1985年 - 1990年)・麻乃佳世(1990年 - 1995年)・春野寿美礼(2002年 - 2007年)の5年といった例がある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た音月桂

    現在のようなスターシステムは、1980年代に確立された。それ以前では、トップが2人であったり、公演ごとに主演者が異なったり、またスターの他組への特別出演が現在よりも多く実施されたりするなど、より柔軟性に富んだ配役を行なっていた。スターシステム確立後、トップスターは各組に男役・娘役それぞれ一人で、単独での主演が原則である。トップ娘役に関しては、1984年から86年にかけ南風まいと湖条れいかが交互または対等なヒロイン役を演じており、Wトップ娘役体制であった。また、1984年から85年の雪組(麻実れいの相手役)、2004年から05年(彩輝直の相手役)、2008年から09年の月組(瀬奈じゅんの相手役)、2010年から11年の雪組(音月桂の相手役)、2017年の宙組(朝夏まなとの相手役)がそれぞれ不在であった。大劇場でヒロイン役を演じても、トップ娘役に就任していない限り「トップ娘役」とは呼ばれない。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
465件中 1 - 10件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード

  • 銀魂2 掟は破るためにこそある

  • 映画 銀魂2 掟は破るためにこそある SILVER MEMORIES ビジュアルブック

  • 激レアさんを連れてきた。