前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た黒木瞳黒木 瞳

    トップスターになるためには、以下の条件が必須とされている。ただし昇進の早かった黒木瞳等は一部の条件を満たしておらず、例外もあり得る。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た天海祐希

    トップスター以下、2番手、3番手…などという呼び方をするが、トップスター以外は明確に固定された地位ではないため、変動することがある。例えば天海祐希は昇進が早く、彼女より上級生が下位のスターとなったこともある。特に娘役は、トップ娘役以外は男役以上に安定していない。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た大地真央大地 真央

    男役の場合、概ね研12〜15で就任するが、様々な事情で遅くなることも早くなることもある。スターシステムが確立された1980年以降では、前述の天海祐希が史上最速の研7(1987年入団 → 1993年就任)の他、研10で就任した大地真央(1973年入団 → 1982年就任)・杜けあき(1979年入団→1988年就任)が早い例である。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た麻乃佳世

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も若葉ひろみ、遥くらら、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た寿美花代寿美 花代

    1954年(昭和29年)に日伊合作映画「蝶々夫人」の制作において、チネチッタ撮影所での撮影に参加するために、先にイタリアに渡伊していた八千草薫、寿美花代に続いて、東郷晴子、淀かほる、鳳八千代らトップスターと伊吹友木子、朝日奈世志子、梓真弓、筑紫まりら選抜メンバー17名が、同年10月2日に羽田空港からイタリアのローマへ出発。メンバー一団がローマ空港に到着した時の模様や映画「蝶々夫人」撮影中の様子を伝えるニュースフィルム(モノクロ)が現存する。そして、全撮影を終了して、同年11月12日、午後10時羽田空港着のエールフランス機で一団は約40日ぶりに帰国した。その後、同年12月28日に八千草が帰国した。映画制作費は当時の約2億円。このローマへの渡航をきっかけとして、海外公演が急増する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た貴城けい貴城 けい

    短期の例は、匠ひびき(2001年 - 2002年)・絵麻緒ゆう(2002年)・貴城けい(2006年 - 2007年)の1年未満(1公演)が代表的であるが、いずれも退団理由が人事上の問題というのが明確であり、劇団の姿勢がファンから激しく非難された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た春野寿美礼

    長期の例は、トップ娘役を12年に渡り務めた花總まり(1994年 - 2006年)が代表的であるが、これは他と比較しても極めて稀な例である。他に和央ようか(2000年 - 2006年)の6年、南風まい(1983年 - 1988年)・剣幸・こだま愛(共に1985年 - 1990年)・麻乃佳世(1990年 - 1995年)・春野寿美礼(2002年 - 2007年)の5年といった例がある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た真矢みき真矢 みき

    スターは、容姿・スター性(華やオーラ)・人気も重要な要素であり、実力者がスターになれるとは限らない。例えば、真矢みき・檀れい等はいずれも入団時の席次は下位(檀にいたっては最下位)であったが、その後の努力や人気が評価されてトップスター(檀はトップ娘役)に就任した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た鳳蘭鳳 蘭

    スターシステム確立以前では、鳳蘭(1970年 - 1979年)・榛名由梨(1973年 - 1982年)の9年、安奈淳(1970年 - 1978年)の8年などの例がある。さらに以前に遡ると、春日野八千代などは20年以上に渡り多数の主演をしている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た昭和天皇

    1958年(昭和33年)には、天覧・台覧公演が相次いだ。4月1日に東京宝塚劇場で香淳皇后・皇太子明仁親王・義宮正仁親王・秩父宮妃が「花詩集」を、10月30日には昭和天皇・皇后・義宮正仁親王・清宮貴子内親王が「光明皇后」「三つのワルツ」を鑑賞。さらに、翌11月1日には皇太子明仁親王が単独で宝塚大劇場で「秋の踊り」を観劇した。となった。また、宝塚音楽学校が前年から二年制になった影響で、この年の初舞台生はいない。(ただしこの年の音校本科生は舞台実習の名目で4月花組公演「花のなかの子供たち」に出演しており、実質的にはこれが初舞台。)一方で4月1日に宝塚大劇場で月組・香月弘美がセリに巻き込まれ死亡するという凄惨な事故も発生している。なお、この事故によりセリは使用中止になり翌年に安全装置が完成した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
359件中 1 - 10件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード