359件中 91 - 100件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た若葉ひろみ

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も若葉ひろみ、遥くらら、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た渚あき渚 あき

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も若葉ひろみ、遥くらら、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た水の江瀧子

    同時期、松竹歌劇団では断髪した男役:水の江瀧子が国民的人気を集めていた。宝塚では1932年(昭和7年)の「ブーケ・ダムール」稽古中に門田芦子が髪を短くし、神代錦らが後に続いた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た麻実れい麻実 れい

    組替えがあるもののスターの地位が固定されることで、トップスターと二番手男役スターの掛け合いやコンビーネーションに人気が集まった。例えば、雪組の麻実れい・寿ひづる・遥くららの3人はゴールデントリオと謳われた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た清月輝

    清月輝(1968.11?1970.10)宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た水夏希

    2004年(平成16年)に創立90周年を迎えた際に、「百年への道」と冠した歌を奉唱。またこの年には、安蘭けい、瀬奈じゅん、貴城けい、水夏希、霧矢大夢、大和悠河の5名が、当時所属していた組以外の公演に特別出演し、瀬奈と水は後に出演した組への組替えを経て、トップスターに就任している。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た南悠子

    同作品には主演に俳優として春日野八千代、助演を初音麗子、月丘夢路、八千草薫、有馬稲子、伊吹友木子らOGや宝塚歌劇団の生徒が務め、特別出演として当時在団中の天津乙女、越路吹雪、浦島歌女、神代錦、打吹美砂、美吉左久子、天城月江、南悠子が出演した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た鮎ゆうき鮎 ゆうき

    極めて稀ではあるが、劇団員がテレビドラマにレギュラー出演することもある。1994年度上半期、NHK朝の連続テレビ小説『ぴあの』に純名里沙(当時:雪組、後に花組トップ娘役)が現役タカラジェンヌとして初めてNHKの朝ドラのヒロインを務めた。また、TBSの朝ドラには、遥くらら(後に雪組トップ娘役)が、TBSのドラマには、鮎ゆうき(後に雪組トップ娘役)が、主演したことがある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た東千晃東 千晃

    東千晃(1975.11?1982.3)☆宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た伶美うらら

    伶美うらら(2012.7?現職)宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

359件中 91 - 100件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード