465件中 11 - 20件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た瀬奈じゅん

    現在のようなスターシステムは、1980年代に確立された。それ以前では、トップが2人であったり、公演ごとに主演者が異なったり、またスターの他組への特別出演が現在よりも多く実施されたりするなど、より柔軟性に富んだ配役を行なっていた。スターシステム確立後、トップスターは各組に男役・娘役それぞれ一人で、単独での主演が原則である。トップ娘役に関しては、1984年から86年にかけ南風まいと湖条れいかが交互または対等なヒロイン役を演じており、Wトップ娘役体制であった。また、1984年から85年の雪組(麻実れいの相手役)、2004年から05年(彩輝直の相手役)、2008年から09年の月組(瀬奈じゅんの相手役)、2010年から11年の雪組(音月桂の相手役)、2017年の宙組(朝夏まなとの相手役)がそれぞれ不在であった。大劇場でヒロイン役を演じても、トップ娘役に就任していない限り「トップ娘役」とは呼ばれない。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た鳳蘭鳳 蘭

    スターシステム確立以前では、汀夏子(1970年 - 1980年)の10年、鳳蘭(1970年 - 1979年)・榛名由梨(1973年 - 1982年)の9年、安奈淳(1970年 - 1978年)の8年などの例がある。さらに以前に遡ると、春日野八千代などは20年以上に渡り多数の主演をしている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た多部未華子多部 未華子

    宝塚に憧れる北国の少女・君子(多部未華子)の物語。松本剛の同題漫画をドラマ化。音楽学校生役に生徒が2名出演。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た昭和天皇

    1958年には、天覧・台覧公演が相次いだ。4月1日に東京宝塚劇場で香淳皇后・皇太子明仁親王・義宮正仁親王・秩父宮妃が「花詩集」を、10月30日には昭和天皇・皇后・義宮正仁親王・清宮貴子内親王が「光明皇后」「三つのワルツ」を鑑賞。さらに、翌11月1日には皇太子明仁親王が単独で宝塚大劇場で「秋の踊り」を観劇した。また、宝塚音楽学校が前年から二年制となった影響で、この年の初舞台生はいない(ただしこの年の音校本科生は舞台実習の名目で4月花組公演「花のなかの子供たち」に出演しており、実質的にはこれが初舞台)。一方で4月1日に宝塚大劇場で月組・香月弘美がセリに巻き込まれ死亡するという凄惨な事故も発生している。なお、この事故によりセリは使用中止になり翌年に安全装置が完成した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た手塚治虫

    男性ファンで良く知られているのは手塚治虫であり、幼少の頃から親しんだ宝塚歌劇の影響を受け『リボンの騎士』を描いた。他に男性ファンとして小田島雄志・桜内義雄・阪田寛夫・福本豊らが知られる。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た白井鐵造

    劇団のシンボルソングのようになっている「すみれの花咲く頃」は、戦前のドイツ映画主題歌「リラ(またはライラック、ニワトコ)の花咲く頃」を、フランスでシャンソン化して歌われているのを聴いた白井鐵造が、持ち帰って詞をつけたもの(原曲のドイツ語版のCDなども発売されている)。歌劇団のみならず、阪急百貨店の開店時にも演奏されるなど、阪急阪神東宝グループの象徴的なテーマ曲となっている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た春日野八千代

    スターシステム確立以前では、汀夏子(1970年 - 1980年)の10年、鳳蘭(1970年 - 1979年)・榛名由梨(1973年 - 1982年)の9年、安奈淳(1970年 - 1978年)の8年などの例がある。さらに以前に遡ると、春日野八千代などは20年以上に渡り多数の主演をしている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た阪急百貨店

    劇団のシンボルソングのようになっている「すみれの花咲く頃」は、戦前のドイツ映画主題歌「リラ(またはライラック、ニワトコ)の花咲く頃」を、フランスでシャンソン化して歌われているのを聴いた白井鐵造が、持ち帰って詞をつけたもの(原曲のドイツ語版のCDなども発売されている)。歌劇団のみならず、阪急百貨店の開店時にも演奏されるなど、阪急阪神東宝グループの象徴的なテーマ曲となっている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た関西テレビ放送

    阪急系列の関西テレビ放送(フジテレビ系)との結びつきが強く、1964年ごろには毎週木曜日の夕方に『宝塚民話劇場』という題名で30分番組を放映していた。その他、毎週土曜日(後に毎月1回)に、『ザ・タカラヅカ』(毎週土曜時)→『タカラヅカ花の指定席』(毎月1回時)等を含めた『宝塚歌劇舞台中継』として劇場中継を実施したほか、『阪急ドラマシリーズ』でも初期の頃はタカラジェンヌがレギュラー出演していた。また1999年夏の7月 - 8月には前出の関西テレビ限定で『タカラヅカ花組図鑑』というミニ番組が放送されたこともある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た阪急阪神ホールディングス

    4月1日 - (旧)阪急電鉄の持株会社化(現・阪急阪神ホールディングス)に伴い、(新)阪急電鉄に運営を移管。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

465件中 11 - 20件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード