465件中 31 - 40件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た石原さとみ石原 さとみ

    ヒロイン・冬子(石原さとみ)が宝塚音楽学校に通うシーンがある。元雪組トップ娘役・紺野まひる(春子)も出演している。また音楽学校文化祭シーンでは宙組の下級生が出演し、主人公等の歌場面の吹き替えを、月組の羽咲まな、光月るうがしている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た紺野美沙子紺野 美沙子

    佳代(紺野美沙子)が宝塚にかけた青春を演じた。舞台シーンに現役生徒が多数出演している。助演で葦原邦子、新珠三千代が出演している。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た和央ようか

    長期の例は、トップ娘役を12年に渡り務めた花總まり(1994年 - 2006年)が代表的であるが、これは他と比較しても極めて稀な例である。他に和央ようか(2000年 - 2006年)・柚希礼音と夢咲ねね(共に2009年 - 2015年)の6年、南風まい(1983年 - 1988年)・剣幸とこだま愛(共に1985年 - 1990年)・麻乃佳世(1990年 - 1995年)・春野寿美礼(2002年 - 2007年)の5年といった例がある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た涼風真世

    1989年(昭和64年 - 平成元年)1月7日、昭和天皇の崩御を受け、当日・翌日の全公演を中止。大喪の礼当日の2月24日も公演を中止した。同年から“20世紀最後”と銘打った『ベルサイユのばら』の再演が開始され、1970年代の初演に対し「平成のベルばら」と称される。うち1991年には、月組『ベルサイユのばら』(主演:涼風真世)を皇太子徳仁親王が観劇した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た有馬稲子有馬 稲子

    同作品には主演に俳優として春日野八千代、助演を初音麗子、月丘夢路、八千草薫、有馬稲子、伊吹友木子らOGや宝塚歌劇団の生徒が務め、特別出演として当時在団中の天津乙女、越路吹雪、浦島歌女、神代錦、打吹美砂、美吉左久子、天城月江、南悠子が出演した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た古村比呂

    ヒロイン・郁子(斉藤由貴)は、自分探しの途上、宝塚歌劇機関誌の編集アルバイトを経験する。また、その親友・麻理(古村比呂)は私設ファンクラブの幹部。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た映美くらら映美 くらら

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)・仙名彩世(2008年入団 → 2017年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も姿晴香、若葉ひろみ、遥くらら、鮎ゆうき、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た斉藤由貴斉藤 由貴

    ヒロイン・郁子(斉藤由貴)は、自分探しの途上、宝塚歌劇機関誌の編集アルバイトを経験する。また、その親友・麻理(古村比呂)は私設ファンクラブの幹部。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た月影瞳

    月影瞳(1993.4 - 2002.2)☆宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た大浦みずき

    各組選抜メンバーに加え、卒業生の大浦みずきが出演。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

465件中 31 - 40件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード