465件中 41 - 50件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た八千草薫八千草 薫

    1954年に日伊合作映画『蝶々夫人』の制作において、チネチッタ撮影所での撮影に参加するために、先にイタリアに渡っていた八千草薫と寿美花代に続いて、東郷晴子、淀かほる、鳳八千代らトップスターと伊吹友木子、朝日奈世志子、梓真弓、筑紫まりら選抜メンバー15名が、同年10月2日午後4時20分に羽田空港からエールフランス航空機に搭乗してイタリアのローマへ出発。選抜メンバー一団が羽田空港を離陸後に、サイゴン(現・ホーチミン)-カラチ-ベイルートを経由して、ローマ近郊にあるローマ・チャンピーノ空港に到着した時の模様やチネチッタで映画『蝶々夫人』撮影中の様子を伝えるニュースフィルム(モノクロ)が現存する。そして、全撮影を終了して、同年11月12日午後9時羽田空港着のエールフランス機で一団は約40日ぶりに帰国した。その後、同年12月28日に八千草が帰国した。映画制作費は当時の約2億円。このローマへの渡航をきっかけとして、海外公演が急増する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た富田靖子

    ヒロイン・知美(富田靖子)とその幼馴染・伸子(有森也実)が宝塚音楽学校を受験するシーンがある。知美の母を淡島千景が務めるほか、助演に大路三千緒、但馬久美が出演している。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た紺野まひる紺野 まひる

    ヒロイン・冬子(石原さとみ)が宝塚音楽学校に通うシーンがある。元雪組トップ娘役・紺野まひる(春子)も出演している。また音楽学校文化祭シーンでは宙組の下級生が出演し、主人公等の歌場面の吹き替えを、月組の羽咲まな、光月るうがしている。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た夢咲ねね

    長期の例は、トップ娘役を12年に渡り務めた花總まり(1994年 - 2006年)が代表的であるが、これは他と比較しても極めて稀な例である。他に和央ようか(2000年 - 2006年)・柚希礼音と夢咲ねね(共に2009年 - 2015年)の6年、南風まい(1983年 - 1988年)・剣幸とこだま愛(共に1985年 - 1990年)・麻乃佳世(1990年 - 1995年)・春野寿美礼(2002年 - 2007年)の5年といった例がある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た檀れい

    スターは、容姿・スター性(華やオーラ)・人気も重要な要素であり、実力者がトップになれるとは限らない。例えば、檀れい・紅ゆずる等はいずれも入団時の席次は下位(紅は48人中47位、檀にいたっては最下位)であったが、その後の努力や人気が評価されてトップスター(檀はトップ娘役)に就任した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た一路真輝

    1996年、『エリザベート』が雪組にて日本初演(主演:一路真輝)。「死神」という暗いイメージに前評判は今ひとつだったが、初日が開いた途端に絶大な支持を集める大ヒット作品となった。その後も複数回再演され、定番の演目の一つとなった。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た純名里沙

    極めて稀ではあるが、劇団員がテレビドラマにレギュラー出演することもある。1994年度上半期、NHK朝の連続テレビ小説『ぴあの』に純名里沙(雪組、後に花組トップ娘役)が現役タカラジェンヌとして初めてNHKの朝ドラのヒロインを務めた。また、TBSの朝ドラには、遥くらら(後に雪組トップ娘役)が、TBSのドラマには、鮎ゆうき(後に雪組トップ娘役)が、主演したことがある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た絵麻緒ゆう

    短期の例は、匠ひびき(2001年 - 2002年)・絵麻緒ゆう(2002年)・貴城けい(2006年 - 2007年)の1年未満(大劇場公演1回)が代表的であるが、いずれも退団理由が人事上の問題というのが明確であり、劇団の姿勢がファンから激しく非難された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た星野伸之

    年末年始のころに阪急電鉄沿線の各社寺への初詣のCM・ポスターのモデルに起用される。このときは必ず振袖姿で絵馬、破魔矢等の縁起物を持つ。また、阪急・阪神経営統合後の2007年の初詣ポスターはタカラジェンヌバーション(振袖姿の娘役の蘭乃はな)と阪神タイガース選手バーション(私服姿の矢野輝弘捕手)の二つが存在した。かつて阪急ブレーブスがあった時代にはブレーブスの選手との共演もあった(例:1988年初詣の星野伸之と天海祐希)。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た林真理子

    『野ばら』(林真理子宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

465件中 41 - 50件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード