465件中 71 - 80件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た越路吹雪

    花組の越路吹雪&新珠三千代コンビ、そして雪組の春日野八千代&乙羽信子コンビが絶大な人気を博した。特に春日野は戦前から長期間にわたり二枚目男役スターとして第一線で活躍し、困難な時代に宝塚を支え続けた功績は極めて大きい。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た上月晃

    1960年代後半には、海外から振付家を招聘し『シャンゴ』(真帆志ぶき主演)等のこれまでの宝塚のイメージと異なるショーが誕生した。『ウェストサイド物語』『オクラホマ!』『回転木馬』といった海外ミュージカルの日本初演も、この時期の宝塚である。なお『ウェストサイド物語』は芸術祭賞を受賞した。3Kトリオこと甲にしき・上月晃・古城都らが人気を集めた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た神代錦

    また、松竹歌劇団の男役・水の江瀧子が断髪したことに続いて、宝塚少女歌劇団では門田芦子と佐保美代子が1932年の『ブーケ・ダムール』稽古中に髪を短くして、神代錦らが後に続いた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た小夜福子

    1933年、星組の新設・専科制度の充実等の改革が行われる。この年上演された『花詩集』は花をテーマとしたレビューで、翌1934年に東京宝塚劇場のこけら落としとしても上演された。当時の団員数は約300名と大規模なものになっていた。葦原邦子と小夜福子の二枚目男役コンビが人気を集めた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見たハウス食品

    タカラジェンヌは不祥事を起こすことがほとんどなく、多くのイメージキャラクターを務めている。かつて、ライオンのシャンプーやハウス食品「六甲のおいしい水」のCMで、それぞれ選抜メンバーによる、ユニットのCMが放映された。以下には、恒例かつ長期間のものを挙げる。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た小学館

    小学館「ビッグコミックスペリオール」において、2014年12号から2015年8号まで全18話が連載され、単行本コミックとして全2巻が刊行された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見たライオン (企業)

    タカラジェンヌは不祥事を起こすことがほとんどなく、多くのイメージキャラクターを務めている。かつて、ライオンのシャンプーやハウス食品「六甲のおいしい水」のCMで、それぞれ選抜メンバーによる、ユニットのCMが放映された。以下には、恒例かつ長期間のものを挙げる。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た御園座

    前身は、1918年より始まった名古屋公演(御園座→名古屋宝塚劇場→名鉄ホール→中日劇場)。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た阪急交通社

    関連会社の阪急交通社のパッケージツアー『トラピックス』のイメージガールに娘役スターが起用される。☆印はトップ娘役経験者。2012年8月に真矢ミキ(67期生・退団済み)がイメージキャラクターとしてテレビCMなどに起用されたため、現役のイメージガールの扱いは、同社の宝塚歌劇関連のツアーなどに限定されるようになった。2015年、夢咲ねねの後任としては、芹香斗亜が起用され、男役スターが初めて起用された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見たフジテレビジョン

    阪急系列の関西テレビ放送(フジテレビ系)との結びつきが強く、1964年ごろには毎週木曜日の夕方に『宝塚民話劇場』という題名で30分番組を放映していた。その他、毎週土曜日(後に毎月1回)に、『ザ・タカラヅカ』(毎週土曜時)→『タカラヅカ花の指定席』(毎月1回時)等を含めた『宝塚歌劇舞台中継』として劇場中継を実施したほか、『阪急ドラマシリーズ』でも初期の頃はタカラジェンヌがレギュラー出演していた。また1999年夏の7月 - 8月には前出の関西テレビ限定で『タカラヅカ花組図鑑』というミニ番組が放送されたこともある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

465件中 71 - 80件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード