359件中 71 - 80件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た星組 (宝塚歌劇)

    1914年に初の公演を行って以来、今日も人気を集める未婚の女性だけで構成された歌劇団である。現在は花(はな)・月(つき)・雪(ゆき)・星(ほし)・宙(そら)の5組と、いずれの組にも所属しない専科に分かれている。「宝塚」「ヅカ」などと略して呼ばれることも多い。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見たベルリン

    1938年(昭和13年)10月2日から1939年(昭和14年)3月4日にかけて、団長:小林米三、組長:天津乙女、副組長:奈良美也子以下、雲野かよ子、初代糸井しだれ、秩父晴代、打吹美砂、久美京子ら、1938年9月19日に小林一三から発表された合計30名の選抜メンバーが『訪独伊芸術使節団』として、神戸港から客船・靖國丸で当時の同盟国:ドイツ(ベルリン、ドレスデン、デュッセルドルフ、ミュンヘンなど)・イタリア(ローマ、フィレンツェ、ベニス、ミラノなど)・ポーランド(ワルシャワ)へ出帆して劇団史上初の海外公演を行った。復路はドイツで仕立てた制服を着用して意気揚々と客船・伏見丸で日本に帰朝した。選抜メンバー一行がイタリアのナポリ港に到着した時の様子やドイツのベルリン公演の模様を伝えるニュース映像やイタリアに向けて航行している往路において、靖國丸の船上で撮影されたモノクロの集合写真などが現存する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た阪神・淡路大震災

    1995年(平成7年)1月17日、阪神・淡路大震災が発生。劇団員に死者は出なかったものの、本拠地での公演中止を余儀なくされた。同年3月31日からの「国境のない地図」にて公演を再開するものの、この後、観客動員数は大幅に低下し、元の水準に戻ったのは2001年(平成13年)のことである。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た筑紫まり

    1954年(昭和29年)に日伊合作映画「蝶々夫人」の制作において、チネチッタ撮影所での撮影に参加するために、先にイタリアに渡伊していた八千草薫、寿美花代に続いて、東郷晴子、淀かほる、鳳八千代らトップスターと伊吹友木子、朝日奈世志子、梓真弓、筑紫まりら選抜メンバー17名が、同年10月2日に羽田空港からイタリアのローマへ出発。メンバー一団がローマ空港に到着した時の模様や映画「蝶々夫人」撮影中の様子を伝えるニュースフィルム(モノクロ)が現存する。そして、全撮影を終了して、同年11月12日、午後10時羽田空港着のエールフランス機で一団は約40日ぶりに帰国した。その後、同年12月28日に八千草が帰国した。映画制作費は当時の約2億円。このローマへの渡航をきっかけとして、海外公演が急増する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た匠ひびき

    短期の例は、匠ひびき(2001年 - 2002年)・絵麻緒ゆう(2002年)・貴城けい(2006年 - 2007年)の1年未満(1公演)が代表的であるが、いずれも退団理由が人事上の問題というのが明確であり、劇団の姿勢がファンから激しく非難された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た乙羽信子

    花組の越路吹雪&新珠三千代コンビ、そして雪組の春日野八千代&乙羽信子コンビが絶大な人気を博した。特に春日野は戦前から長期間にわたり二枚目男役スターとして第一線で活躍し、困難な時代に宝塚を支え続けた功績は極めて大きい。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た浦島歌女

    同作品には主演に俳優として春日野八千代、助演を初音麗子、月丘夢路、八千草薫、有馬稲子、伊吹友木子らOGや宝塚歌劇団の生徒が務め、特別出演として当時在団中の天津乙女、越路吹雪、浦島歌女、神代錦、打吹美砂、美吉左久子、天城月江、南悠子が出演した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た華陽子華 陽子

    華陽子(1988.11?1993.3)宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た神奈美帆

    神奈美帆(1984.4?1988.10)☆宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た雲野かよ子

    1938年(昭和13年)10月2日から1939年(昭和14年)3月4日にかけて、団長:小林米三、組長:天津乙女、副組長:奈良美也子以下、雲野かよ子、初代糸井しだれ、秩父晴代、打吹美砂、久美京子ら、1938年9月19日に小林一三から発表された合計30名の選抜メンバーが『訪独伊芸術使節団』として、神戸港から客船・靖國丸で当時の同盟国:ドイツ(ベルリン、ドレスデン、デュッセルドルフ、ミュンヘンなど)・イタリア(ローマ、フィレンツェ、ベニス、ミラノなど)・ポーランド(ワルシャワ)へ出帆して劇団史上初の海外公演を行った。復路はドイツで仕立てた制服を着用して意気揚々と客船・伏見丸で日本に帰朝した。選抜メンバー一行がイタリアのナポリ港に到着した時の様子やドイツのベルリン公演の模様を伝えるニュース映像やイタリアに向けて航行している往路において、靖國丸の船上で撮影されたモノクロの集合写真などが現存する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

359件中 71 - 80件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード