359件中 81 - 90件表示
  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た古城都

    1960年代後半には、海外から振付家を招聘し「シャンゴ」(真帆志ぶき主演)等のこれまでの宝塚のイメージと異なるショーが誕生した。「ウェストサイド物語」「オクラホマ!」「回転木馬」といった海外ミュージカルの日本初演も、この時期の宝塚である。なお「ウェストサイド物語」は芸術祭賞を受賞した。3Kトリオこと甲にしき・上月晃・古城都らが人気を集めた。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た岸香織

    岸香織『虹色の記憶 タカラヅカわたしの歩んだ40年』(中央公論新社、2000年) ISBN 4-122-04433-2宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た紫城るい

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も若葉ひろみ、遥くらら、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見たひびき美都

    娘役の場合では、就任時期は一概に言えず、最速は黒木瞳の研2(1981年入団 → 1982年就任)で、他に研3の麻乃佳世(1988年入団→1990年就任)・千ほさち(1994年入団 → 1996年就任)・映美くらら(1999年入団 → 2001年就任)等がいる。遅い例としては研14の渚あき(1988年入団 → 2001年就任)、研10のひびき美都(1978年入団 → 1987年就任)が挙げられる。人気は男役が圧倒的なため、相手役と容姿が釣り合うか否か、ダンス・演技の組み易さ等がトップ娘役の重要な選定基準である。娘役は入団10年未満での就任が多く、学年も相手役より下級生であることがほとんどである。また、男役から娘役へ転向した後、トップ娘役へ就任を果たした例も若葉ひろみ、遥くらら、紫城るい、愛希れいか等、複数ある。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た天城月江

    同作品には主演に俳優として春日野八千代、助演を初音麗子、月丘夢路、八千草薫、有馬稲子、伊吹友木子らOGや宝塚歌劇団の生徒が務め、特別出演として当時在団中の天津乙女、越路吹雪、浦島歌女、神代錦、打吹美砂、美吉左久子、天城月江、南悠子が出演した。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た長谷川一夫

    団員は全て芸名で活動し本名を芸名には出来ない。例に、現在女優の毬谷友子は本名の矢代友子で活動しようとしたが認められず、洗礼名を名字とする芸名とした。唯一、昭和26年入団の長谷川季子(俳優・長谷川一夫の娘)だけは本名を芸名にすることを許された。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た雲井浪子

    1918年(大正7年)、帝国劇場での公演を行い、東京進出。同年には雑誌『歌劇』が創刊される。「クレオパトラ」でヒロインを交代で演じた雲井浪子・篠原淺茅が人気を博した。この年の平均入場者数は2000人/日で、徐々にその人気を伸ばしつつあった。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た壮一帆

    一方、遅い例としては研18の大空祐飛(1992年入団 → 2009年就任)、研17の壮一帆(1996年入団 → 2012年就任)等が挙げられる。早い理由は圧倒的なスター性の評価・人気など。逆に遅い理由としては、人事によるところが大きい。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た櫻町公子

    1939年(昭和14年)4月4日から同年7月4日にかけて、団長:吉岡重三郎、組長:小夜福子、以下、三浦時子、春日野八千代、櫻町公子、響千鈴、佐保美代子、昇道子ら計40名の選抜メンバーが『訪米芸術使節団』として神戸港から客船でアメリカ合衆国(ホノルル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ポートランドなど)へ出帆して劇団史上2度目の海外公演を行う。選抜メンバー一行が着物姿でロサンゼルス市ハリウッドにあるRKOラヂオ映画社の映画スタジオを見学している様子を撮影したモノクロ写真や、アメリカ公演の模様やニューヨーク観光をしている選抜メンバーの様子などをとらえたモノクロ映像やカナダのバンクーバーで撮影されたカラー映像が現存している。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た鳳八千代

    1954年(昭和29年)に日伊合作映画「蝶々夫人」の制作において、チネチッタ撮影所での撮影に参加するために、先にイタリアに渡伊していた八千草薫、寿美花代に続いて、東郷晴子、淀かほる、鳳八千代らトップスターと伊吹友木子、朝日奈世志子、梓真弓、筑紫まりら選抜メンバー17名が、同年10月2日に羽田空港からイタリアのローマへ出発。メンバー一団がローマ空港に到着した時の模様や映画「蝶々夫人」撮影中の様子を伝えるニュースフィルム(モノクロ)が現存する。そして、全撮影を終了して、同年11月12日、午後10時羽田空港着のエールフランス機で一団は約40日ぶりに帰国した。その後、同年12月28日に八千草が帰国した。映画制作費は当時の約2億円。このローマへの渡航をきっかけとして、海外公演が急増する。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

359件中 81 - 90件表示

「宝塚歌劇団」のニューストピックワード