前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 植草一秀

    植草一秀から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2004年4月 - 東京都迷惑防止条例違反で現行犯逮捕、起訴される植草一秀 フレッシュアイペディアより)

  • 盗撮

    盗撮から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    このような盗撮行為は、軽犯罪法や各地方自治体の迷惑防止条例などで取り締まりの対象となっており、特に、近年は、増加する盗撮被害に合わせて、取り締まりや罰則を強化する動きがある。ATMや貴重品ロッカーに隠しカメラを取り付けた問題では、建造物侵入罪で捜査されている。現在は公の場所でしか取り締まる事は出来ないが、2006年7月6日に奈良県で公の場所以外での盗撮を禁止しようとする条例を検討するとの発表があった。これは、奈良県警の警察官が救急車内で女性の下着を盗撮したが、「救急車内は公の場所では無い」という理由から立件されなかったためである。2008年2月、三重県警の巡査がトイレにビデオカメラを設置して盗撮したことが発覚した際には、「飲食店のトイレは迷惑防止条例適用の条件となる『公共の場所』には入らない」(本部生活環境課)との見解が示され、罪が軽い軽犯罪法が適用された。盗撮 フレッシュアイペディアより)

  • 蟻川恒正

    蟻川恒正から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2007年 東京都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕、東京大学を辞職蟻川恒正 フレッシュアイペディアより)

  • 肖像権

    肖像権から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    現在、日本国内で刑事において盗撮行為を罰する際の法的根拠は「肖像権の侵害」ではなく、わいせつ罪や各地方公共団体が定める迷惑防止条例や映画館での映画作品盗撮を禁止した映画の盗撮の防止に関する法律にある。そのため、わいせつ要素が無い場合や迷惑防止条例に違反していない場合、無断で肖像を撮影・公開されても、刑事の面で罰せられることはない。しかし、条例レベルでの規制はまちまちであり、被写体が写真及び映像の画面上の一定以上の割合を占めた時点で、無許可撮影が条例に抵触する場合があり、公道や海岸で景色を撮る場合でも注意が必要である。肖像権 フレッシュアイペディアより)

  • 華井俊樹

    華井俊樹から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2012年8月 大阪府迷惑防止条例違反(盗撮)の容疑で現行犯逮捕華井俊樹 フレッシュアイペディアより)

  • 性犯罪

    性犯罪から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    色情狙いの窃盗(下着泥棒など) 、公然わいせつ、児童への性的行為(児童福祉法、児童ポルノ禁止法)、淫行(青少年保護育成条例、いわゆる淫行条例)、のぞき・つきまとい(軽犯罪法・ストーカー規制法)、盗撮(迷惑防止条例)、卑猥な行為(迷惑防止条例)性犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県警察

    奈良県警察から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2011年(平成23年)9月16日、同県警生活環境課所属の27歳の男性巡査長が、奈良市内のレンタルビデオ店で、女性客のスカート内をデジタルカメラで盗撮したとして、県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。奈良県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府警察

    大阪府警察から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2012年(平成24年)8月27日、柏原署地域課の24歳の男性巡査が、インターネットで知り合った高校2年生の女子生徒にわいせつ行為をしたり、裸の写真をメール送信するよう脅したなどとして、兵庫県警に兵庫県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。大阪府警察 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢えん罪被害者救済ネットワーク

    痴漢えん罪被害者救済ネットワークから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2003年7月10日、痴漢えん罪被害者救済ネットワークの設立者で代表(当時)が、電車内で向かいの座席に座っていた女性(当時18)を、カメラ付携帯電話で撮影したとして、警視庁練馬署に東京都迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されたことがあった。事件の後、同組織のHPには事件について説明し、組織としての態度を表明するページが製作された。痴漢えん罪被害者救済ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 西武新宿線痴漢冤罪第2事件

    西武新宿線痴漢冤罪第2事件から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2003年2月26日の朝に西武鉄道新宿線の鷺ノ宮駅から高田馬場駅駅の間で中学2年生の女子が痴漢にあう事件があった。この事件で、同じ急行電車に乗車していた被害者の前に乗車していた男性Aが逮捕された。男性は「コートがドアに挟まり、引っ張りだそうとしただけ」と一貫して無罪を主張。物的証拠もなく、証拠は被害者の「スカートをめくられ、お尻を触られた」という供述のみだったものの、検察側は迷惑防止条例違反で起訴。弁護側は被告人の右側にいた男が真犯人だとするアナザーストーリーを展開。さらに、事件直後に申し出ていていたものの、駅員が身元確認などをせずに立ち去った目撃者が、この手の事件としては珍しく起訴後に名乗り出て「痴漢はやっていないと思う」と証言した。さらに弁護側は、痴漢現場の再現ビデオを提出して証拠として認めさせた。痴漢えん罪ネットワークなどの団体からの支援もあった。一方、検察側からは女性の供述以外の証拠はほとんどなく、裁判では女性の供述の信用性が争点になった。西武新宿線痴漢冤罪第2事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「客引き行為」のニューストピックワード