85件中 21 - 30件表示
  • 買い占め

    買い占めから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    転売目的のチケットを買い占める購入はダフ屋行為として迷惑防止条例で禁止されている。買い占め フレッシュアイペディアより)

  • 催涙スプレー

    催涙スプレーから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    有害玩具の一種とみなされることもある。これにより、警察官の職務質問などの際に発見された場合、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反の疑いをかけられる場合がある。実際、2007年8月26日未明にズボンのポケットに催涙スプレーを入れていた男性が、軽犯罪法違反の容疑で任意同行、書類送検されている。しかし、2009年3月26日、最高裁判所は「被告人には前科がなく、状況から催涙スプレーは防御用と考えられ、所持に正当な理由がある」として科料9,000円とした原判決を破棄し無罪を言い渡し、催涙スプレーの携帯だけでは直ちに違法となるわけではないとの認識を示した。催涙スプレー フレッシュアイペディアより)

  • プラカード

    プラカードから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    こういった宣伝活動では、場合によってプラカードを掲げた者が宣伝している店舗のチラシやティッシュペーパーなどの粗品を配ったり、扱っている商品やサービスの内容を説明したり、あるいは駐車場の案内などを行うなど、複合的な情報提供を目的にプラカードを掲げ立っていることもある。かつてはこのプラカードを掲げている者がキャッチセールスなどの呼び込みや勧誘員を兼ねている場合もあったが、日本ではバブル景気の頃に前後して強引な勧誘が社会問題となり、特定商取引法や迷惑防止条例で規制されてからは、あまり積極的な客引きは行われなくなった。プラカード フレッシュアイペディアより)

  • 裏ビデオ

    裏ビデオから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    ラブホテルに隠しカメラを仕掛けたものや、女子トイレ、公衆浴場、学校の更衣室などで秘かに隠し撮りされたもの。トイレ・浴場では女性の協力者がいる場合が多い。迷惑防止条例で定められている地域では撮影者が判明次第罰せられる。アダルトビデオでは、女優と出演契約を行う、やらせ作品も多い。実際に盗撮者が逮捕された学校の更衣室での女子生徒の更衣盗撮映像が販売されている事がある。裏ビデオ フレッシュアイペディアより)

  • 西武新宿線痴漢冤罪第2事件

    西武新宿線痴漢冤罪第2事件から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2003年2月26日の朝に西武鉄道新宿線の鷺ノ宮駅から高田馬場駅駅の間で中学2年生の女子が痴漢にあう事件があった。この事件で、同じ急行電車に乗車していた被害者の前に乗車していた男性Aが逮捕された。男性は「コートがドアに挟まり、引っ張りだそうとしただけ」と一貫して無罪を主張。物的証拠もなく、証拠は被害者の「スカートをめくられ、お尻を触られた」という供述のみだったものの、検察側は迷惑防止条例違反で起訴。弁護側は被告人の右側にいた男が真犯人だとするアナザーストーリーを展開。さらに、事件直後に申し出ていたものの、駅員が身元確認などをせずに立ち去った目撃者が、この手の事件としては珍しく起訴後に名乗り出て「痴漢はやっていないと思う」と証言した。さらに弁護側は、痴漢現場の再現ビデオを提出して証拠として認めさせた。痴漢えん罪ネットワークなどの団体からの支援もあった。一方、検察側からは女性の供述以外の証拠はほとんどなく、裁判では女性の供述の信用性が争点になった。西武新宿線痴漢冤罪第2事件 フレッシュアイペディアより)

  • 法令

    法令から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    条例において刑事罰が定められる事があるが(例:各都道府県における迷惑防止条例等での罰則規程)、これは地方自治法14条3項を根拠とする。法令 フレッシュアイペディアより)

  • ナックルダスター

    ナックルダスターから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    コンパクトなものはポケットに収まるサイズで、「ペーパーウエイト」「(文房具の)ペンホルダー」「ベルトのバックル」「ウエイトトレーニング用の軽量ダンベル」などの名目で販売されていることもある。一見したところでは指輪にしか見えないものもあるが、携帯所持していると、軽犯罪法や迷惑防止条例の凶器携帯によって検挙される場合がある。ナックルダスター フレッシュアイペディアより)

  • 武器

    武器から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    迷惑防止条例や軽犯罪法では正当な理由がなく刃物や武器の類を所持していた者に刑事罰を規定している条項があり、判断基準があいまいなため、通常では武器と認識されない刃渡りの短いツールナイフやカッターにも適用される場合がある。別件逮捕の手段としても用いられるためこれを非難する意見がある。武器 フレッシュアイペディアより)

  • ピンクチラシ

    ピンクチラシから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    各地方自治体の迷惑防止条例ではピンクチラシを「性的好奇心をそそる衣服を脱いだ人の姿態の写真や人の性的好奇心に応じて人に接する役務の提供を表す文言がある絵や電話番号その他の連絡先を掲載したビラ、パンフレットその他の物品」と定義して規制対象とし、公共の場所での配布又は公衆の用に供する建築物内若しくは公衆の見やすい屋外の場所での掲示について刑事罰を規定している。一部自治体ではピンクチラシを公共の場所等での配布等目的で所持することにも刑事罰の対象としている。宮城県ピンクちらし根絶活動の促進に関する条例(宮城県ピンクちらし根絶活動促進条例)では「何人も、まき散らしが行われたピンクちらしを除去及び廃棄することができる」と規定され、宮城県では一般人がまき散らしが行われたピンクチラシの除去廃棄に正当行為が明記されている。ピンクチラシ フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2008年12月、薬理部長(当時)である中澤憲一が地下鉄内での盗撮により、東京都迷惑防止条例違反で現行犯逮捕された。。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「客引き行為」のニューストピックワード