57件中 31 - 40件表示
  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    単に姿態をとらせるだけのヌード写真(児童エロチカの一部)や、あるいは姿態をとらせていないヌーディズムの写真などについても扱いが分かれる。姿態をとらせることがない児童の盗撮行為については、盗撮して所持すること自体は児童ポルノ製造にあたらず、上記の提供や頒布等を行なった場合にはじめて処罰対象となるとの学説が示されている(盗撮行為が軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反に問われる可能性はある)。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 催涙スプレー

    催涙スプレーから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    有害玩具の一種とみなされることもある。これにより、警察官の職務質問などの際に発見された場合、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反の疑いをかけられ、最悪の場合は現行犯として取り締まりをうける場合がある。催涙スプレー フレッシュアイペディアより)

  • 三店方式

    三店方式から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    また、地方自治体の迷惑防止条例では、「遊技場営業所又は遊技場営業所付近においてうろついて、遊技客が手に入れた景品を転売目的で買い集める行為」を禁止し、違反者に罰金刑を規定している例がある。三店方式 フレッシュアイペディアより)

  • 地下経済

    地下経済から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    都道府県条例における迷惑防止条例や屋外広告物条例施行規則などによっても地下経済が防がれている。地下経済 フレッシュアイペディアより)

  • 物価統制令

    物価統制令から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    近年、人気が高く希少なチケット(プラチナチケット)を大量に購入し客に高額で転売するダフ屋行為に対して、物価統制令を適用しての取締りが警視庁により検討されたほか、府県の迷惑防止条例などにダフ屋を取り締まるための条項がない地域(京都府など)において物価統制令違反容疑での逮捕が行われている。物価統制令 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀など)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    恋人などにおける行動の規制にはストーカー行為等の規制等に関する法律(通称:ストーカー規制法)等が適用される場合もある。他には、近親者間では迷惑防止条例によって対応することもある。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • スタンガン

    スタンガンから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    護身用として販売されている為に、日本国内では通常型のスタンガンの購入・所持・携帯及び実際の使用についての特別な許可や届け出等は一切必要ない。このため一般の商店や通信販売等によっても購入可能となっている。しかし、国外・国内問わず航空機などへの持込などは禁止されている場合があり、その他公共交通機関によりそれぞれ違うため注意が必要である。また、迷惑防止条例で公共の場所で公衆に不安を覚えさせるような方法でスタンガンを携帯する行為に刑事罰を規定していたり、青少年保護育成条例で18歳未満へのスタンガン販売を規制している例が一部の自治体である。スタンガン フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢

    痴漢から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    痴漢は列車内で行なわれることが多いが、大きくは人気のない暗い夜道など被害者が対応をとりにくい環境で行なわれるものも含まれる。そのため"痴漢罪"のようなものは存在せず、主に地方公共団体ごとの迷惑防止条例と刑法第176条(強制わいせつ罪)が適用される。痴漢 フレッシュアイペディアより)

  • スカートめくり

    スカートめくりから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    小学生低学年までは、ある部分で男女のコミュニケーションの形でもあり過度でない限りは問題視すべきではないという意見もあるが、互いの性を強く意識する時期でもある小学生高学年になると深刻ないじめの前兆あるいは性暴力につながる可能性があり、教育の立場からは軽視できないこともある。行為者の年齢がある程度高く、相手の合意がない場合には迷惑防止条例違反、場合によっては暴行罪に問われる場合もある。スカートめくり フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「客引き行為」のニューストピックワード