85件中 41 - 50件表示
  • ニューハーフ

    ニューハーフから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    大手のニューハーフ風俗店も女性の風俗店同様に許可は取っていてウェブページを出したり風俗情報誌で紹介される事も多いが、その特殊な業種により訪れる客や近隣住民を考慮して店の看板は出さない事が多い。前述した中で風営法と出たが、ニューハーフ風俗店は戸籍上の異性同士による風俗店ではないので、現風営法の対象外である。もしも何らかの形で規制があるとすれば、迷惑防止条例や猥褻物頒布罪に該当するケースである。ニューハーフ フレッシュアイペディアより)

  • 三社祭

    三社祭から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    但し、「観光宣伝色が強い」「浅草の内部での結束が悪すぎる」「各町神輿連合をヤクザ(主に指定暴力団住吉会系の浅草高橋組や中村会)が組の宣伝に利用している(昔は酒をタカリにしか来なかったが、現在では同好会を主宰)」など問題点も多く、地元民の全面的支持は受けているわけではない。2007年7月13日には、「三社祭でみこしを担ぐ同好会30数団体のうち、約7割で暴力団員が代表になって」いると報じられた。祭りが暴力団の資金源になっているものとみられている。祭りには全身の刺青を露出した男性が多く参加している。2007年までの10年間に暴力団組員33人が都迷惑防止条例違反で逮捕されたほか、組員らが御輿の上によじ登って騒ぎを起こす行為が問題となり、2008年には本社神輿の担ぎ出しが中止になった。不安を訴える一般客も多く、2012年、都暴力団排除条例が施行されたことを受け、主催者側は暴力団組員らに組織名の入った半纏を着用させないよう要請するなどの対策に乗り出している。2015年、暴力団を排除する観点上の理由により、担ぎ手は刺青禁止のルールを設けた。三社祭 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ用語

    ゲイ用語から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    混雑時に猥褻な行為が行われる鉄道車両を指す。公然わいせつ罪や威力業務妨害罪、迷惑防止条例違反に問われる可能性がある。ゲイ用語 フレッシュアイペディアより)

  • 滝澤大志

    滝澤大志から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2013年6月20日、千葉市内にある商業施設で女性の下着を盗撮した容疑で、千葉県迷惑防止条例違反で千葉中央警察署に逮捕された。7月1日に略式起訴され、罰金刑を科せられた。所属団体のKAIENTAI DOJOは当初滝澤本人との接見が難しいことを理由にケガで欠場と発表。その2日後に新聞紙上で滝澤逮捕が報じられたため、滝澤同席のもと記者会見を開いて嘘の報告をしていたことを謝罪すると共に滝澤に対してCHAMPION OF STRONGEST-Kの剥奪および無期限謹慎の処分を行った。この処分の後練習生として再び入寮した。滝澤大志 フレッシュアイペディアより)

  • 足立力也

    足立力也から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2011年12月、福岡県飯塚市内にて福岡県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕されたが、翌年1月、嫌疑不十分により不起訴処分。この逮捕に際しての実名報道について同年4月に人権侵害救済申立書を弁護士会に提出した。警告を求める対象は報道各社の他、ウィキペディア日本語版の本項目にもその内容が加筆されていたため、「ウィキペディアの運営会社」も含まれている。足立力也 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保司

    大久保司から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2015年(平成27年) - 強制わいせつ及び県迷惑防止条例違反容疑で書類送検された。大久保司 フレッシュアイペディアより)

  • 監禁

    監禁から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    また、監禁罪には至らなくとも、他人の行動の自由を妨げる行為は軽犯罪法による処罰の対象となり、また迷惑防止条例等の法令に抵触する可能性が大きい。ただしこれらの法令は正当な現行犯逮捕を妨げるものではない。監禁 フレッシュアイペディアより)

  • バット (野球)

    バット (野球)から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    バットは凶器となりうることから、公共の場所や乗り物において、人に不安を覚えさせるような方法で携帯すること等は迷惑防止条例などで禁止されている。バット (野球) フレッシュアイペディアより)

  • K-METAL LEAGUE

    K-METAL LEAGUEから見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2014年は前年に滝澤大志が起こした千葉県迷惑防止条例違反事件の影響によるもの。K-METAL LEAGUE フレッシュアイペディアより)

  • 拉致問題対策本部

    拉致問題対策本部から見た迷惑防止条例迷惑防止条例

    2015年12月17日未明、拉致問題対策本部に出向中の警察庁警備局の男性警部が、立川市の多摩都市モノレール立川北駅のエスカレーターで、20代女性のスカート内にスマートフォンを差し向けた盗撮容疑で、警視庁立川警察署によって東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。同署によると容疑を認め、「前の女性がスカートをはいていて、盗撮してみたいと思った」と話している。警部は酒を飲んで帰宅しているところだった。目撃者の男性に取り押さえられ現行犯逮捕された。拉致問題対策本部 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「客引き行為」のニューストピックワード