1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • 迷惑防止条例

    迷惑防止条例から見た住民

    迷惑防止条例(めいわくぼうしじょうれい)とは、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もって住民生活の平穏を保持することを目的とする、日本の条例の総称である。迷惑防止条例 フレッシュアイペディアより)

  • 迷惑防止条例

    迷惑防止条例から見た都道府県

    現在では47すべての都道府県および一部市町村に、「迷惑防止条例」あるいは「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」などの名称で定められている。迷惑防止条例 フレッシュアイペディアより)

  • 迷惑防止条例

    迷惑防止条例から見た窃視

    昭和30年代後半に制定されだした当初は、ぐれん隊防止条例と呼ばれ、当時社会問題となっていたぐれん隊(愚連隊)による粗暴行為の防止に重点が置かれていた。現在では、迷惑防止条例は、ダフ屋行為、痴漢行為、つきまとい行為、ピンクビラ配布行為、押売行為、暴力行為、盗撮行為、のぞき行為、客引き行為なども禁じる。これらの違反に対しての罰則は、自治体ごとに定めているため、自治体によって大幅に異なるほか、複数の条例を定めている自治体もある。迷惑防止条例 フレッシュアイペディアより)

  • 迷惑防止条例

    迷惑防止条例から見たピンクチラシ

    昭和30年代後半に制定されだした当初は、ぐれん隊防止条例と呼ばれ、当時社会問題となっていたぐれん隊(愚連隊)による粗暴行為の防止に重点が置かれていた。現在では、迷惑防止条例は、ダフ屋行為、痴漢行為、つきまとい行為、ピンクビラ配布行為、押売行為、暴力行為、盗撮行為、のぞき行為、客引き行為なども禁じる。これらの違反に対しての罰則は、自治体ごとに定めているため、自治体によって大幅に異なるほか、複数の条例を定めている自治体もある。迷惑防止条例 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示

「客引き行為」のニューストピックワード