前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た宮吉拓実宮吉拓実

    一方で、宮吉拓実が富山から、原川力が愛媛から復帰。清水圭介(大分)、山口智(千葉)、菅沼駿哉(磐田)、金南一(全北現代)、黄辰成(AFCテュビズ)、佐々木勇人(仙台)、ダニエル・ロビーニョ(群馬)を完全移籍で獲得。奥川雅也らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た宮吉拓実宮吉拓実

    シーズン中に、中島翔哉がFC東京へ復帰、ソ・ヨンドクが蔚山現代FCへ完全移籍、村松知輝がHonda FCへ、西川優大が栃木SCへ期限付き移籍、ヤン・ヘジュンが退団した。そこで、YFCMDからパク・テホンを完全移籍で、甲府から井澤惇、京都から宮吉拓実、FC東京から廣永遼太郎、札幌から前貴之を期限付き移籍で獲得、期限付き移籍先の佐川印刷京都から森泰次郎が復帰した。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • 駒井善成

    駒井善成から見た宮吉拓実宮吉拓実

    2007年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会では、宮吉拓実や伊藤優汰らと共にプレーし、優秀選手にも選ばれる活躍で優勝を果たした。駒井善成 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤弘堅

    加藤弘堅から見た宮吉拓実宮吉拓実

    2008年、Jリーグ京都サンガF.C.に入団。2009年オフにはチームメイトの宮吉拓実とともにフランス・グルノーブル・フット38へ短期留学するなど経験を重ねている。2011シーズンを持って京都を退団。加藤弘堅 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の日本

    1992年の日本から見た宮吉拓実宮吉拓実

    8月7日 - 宮吉拓実、サッカー選手1992年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た宮吉拓実宮吉拓実

    1992年生まれを中心とした世代が呼ばれ、宇佐美貴史、宮吉拓実、宮市亮、高木善朗、小野裕二、柴崎岳、杉本健勇、小川慶治朗、昌子源などが該当する。2005年に韓国で開催された第1回世界幼少年サッカー大会でU-13日本代表として出場して優勝するといった活躍を見せたためこのように呼称された。ただし、その後輝かしい結果を残していないこともあり、プラチナ世代という呼称は広まらなかった。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 久保建英

    久保建英から見た宮吉拓実宮吉拓実

    2017年11月1日、FC東京とプロ契約を結んだことを発表した。11月5日、第30節のガンバ大阪U-23戦でプロ入り初得点を決めた。11月26日、第33節のサンフレッチェ広島戦で途中出場からJ1リーグデビューを果たした。16歳5か月22日の若さは森本貴幸、宮吉拓実に続いて3番目の若さ。久保建英 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道コンサドーレ札幌

    北海道コンサドーレ札幌から見た宮吉拓実宮吉拓実

    一方で、愛媛から白井康介、広島から宮吉拓実を完全移籍で、川崎から三好康児、浦和から駒井善成、京都から菅野孝憲をレンタル移籍で獲得。レンタル移籍だった菊地直哉と横山知伸は完全移籍となり、U-18から前年2種登録選手でカップ戦に出場していた藤村怜が昇格、レンタル移籍だった阿波加俊太が復帰した。北海道コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見た宮吉拓実宮吉拓実

    各年代の日本代表チームにおいて、常にその世代の中心選手として、2007年の豊田国際ユースサッカー大会や2009年のコパ・チーバスなど数多くの大会で得点王や最優秀選手を獲得した。この世代には宇佐美を始め、宮吉拓実、高木善朗、宮市亮、柴崎岳といった逸材が揃っていることから、「プラチナ世代」と称されている。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤寿人

    佐藤寿人から見た宮吉拓実宮吉拓実

    2016年3月6日の名古屋グランパス戦でJ1通算158得点目のゴールを挙げ中山の記録を上回ったが、ピーター・ウタカ・浅野・宮吉拓実らの出場機会が増え、先発落ちする試合が多くなる。連続2桁得点記録も「12」で途絶えた。佐藤寿人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「宮吉拓実」のニューストピックワード