1155件中 11 - 20件表示
  • 黒北発電所

    黒北発電所から見た宮崎市宮崎市

    黒北発電所(くろきたはつでんしょ)は、宮崎県宮崎市清武町船引の清武川上流に設置されている九州電力の水力発電所。現存する水力発電所では九州最古であり、1997年5月7日に宮崎県内初の登録有形文化財となった。黒北発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 風来軒

    風来軒から見た宮崎市宮崎市

    風来軒(ふうらいけん)は、宮崎県宮崎市に本店を置くラーメンチェーン店。宮崎県内各地はもちろん兵庫県にもグループ店やフランチャイズ店をおく。かつては東京都立川市のラーメンスクエア内にも出店したこともある。風来軒 フレッシュアイペディアより)

  • 戸敷正

    戸敷正から見た宮崎市宮崎市

    戸敷 正(とじき ただし、1952年8月31日 - )は、日本の政治家。宮崎県宮崎市長(3期)。元佐土原町長(2期)。とじき正とも表記する。戸敷正 フレッシュアイペディアより)

  • 日向水力電気

    日向水力電気から見た宮崎市宮崎市

    宮崎市にあった電力会社で、同市を中心に宮崎県南部に電気を供給した。開業は1907年(明治40年)。1927年(昭和2年)に九州水力電気へ合併されるが、1931年(昭和6年)になって宮崎県における事業は同社系列の神都電気興業株式会社(しんとでんきこうぎょう)として独立する。ただし神都電気興業も1940年(昭和15年)に九州水力電気へ再吸収された。日向水力電気 フレッシュアイペディアより)

  • 延岡市

    延岡市から見た宮崎市宮崎市

    明治期になり、宮崎県設置により県庁が宮崎市におかれたことから、延岡は県庁から最も離れた旧城下町となった。これを近代化の遅れの予兆として受け止めた危機感覚が、後の工業都市としての発展の一因となる。旧延岡藩主であった内藤氏は数々の特権を公共化させ、銅山や電源開発に関わることで近代延岡の礎を築いた。また、小林乾一郎など旧藩士の働きも、延岡の近代化に大きく寄与した。延岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市

    北九州市から見た宮崎市宮崎市

    九州における主要な国道や鉄道路線の起点であり、1880年代(明治20年代)から九州鉄道や関門海峡に面した門司港、若松港などの港湾をはじめとする交通基盤の整備が進んだ。2016年4月24日には、東九州自動車道が大分市および宮崎市まで直結し、九州自動車道と合わせて交通結節点としての拠点性が向上した。北九州市 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県水産試験場

    宮崎県水産試験場から見た宮崎市宮崎市

    宮崎県水産試験場(みやざきけんすいさんしけんじょう、Miyazaki Prefectural Fisheries Experiment Station)は、日向灘における水産業の研究・指導を目的として設置された宮崎県立の研究所。本場は宮崎市青島にあり、併設で小林市に内水面漁業を扱う小林分場を併設する。対岸の愛媛県農林水産研究所 水産研究センターとの連携が不可欠である。宮崎県水産試験場 フレッシュアイペディアより)

  • 日南海岸きらめきライン

    日南海岸きらめきラインから見た宮崎市宮崎市

    日南海岸きらめきライン、2007年(平成19年)11月、国土交通省の日本風景街道に登録されたもので、2012年現在、九州に11ある風景街道のひとつ。国道220号・国道222号・国道448号等を中心とした、宮崎県日南海岸地域の宮崎市、日南市、串間市におよび、うつくしの道づくり、もてなし・いやしの道づくり、神話と歴史の道づくりからなっている。みどころは、日南海岸国定公園などの太平洋の景色。。日南海岸きらめきライン フレッシュアイペディアより)

  • 森永宮崎乳業

    森永宮崎乳業から見た宮崎市宮崎市

    森永宮崎乳業株式会社(もりながみやざきにゅうぎょう)は、かつて宮崎県宮崎市に本社を置いていた、森永乳業関連の牛乳の製造を行うメーカーである。2009年3月付けで会社は解散された。森永宮崎乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 津村重光

    津村重光から見た宮崎市宮崎市

    津村 重光(つむら しげみつ、1947年11月16日 - )は、日本の政治家。第22-25代宮崎市長(1994年-2010年)。宮崎県宮崎市出身。津村重光 フレッシュアイペディアより)

1155件中 11 - 20件表示

「宮崎南部のできごと」のニューストピックワード