886件中 71 - 80件表示
  • 高千穂町

    高千穂町から見た宮崎市宮崎市

    位置は県庁所在地である宮崎市から北西へ約120km、熊本市から南東へ約80kmの場所にあたる。県都・宮崎市へは直通する交通機関もなく、また高速道路もまったく整備されていないため片道3時間以上もかかるのに対し、熊本市へは阿蘇方面へ抜ける国道218号・国道325号が整備され通行が容易で、所要時間も約1時間半程度で到達できるため、熊本県との関係が年々深くなりつつある。高千穂町 フレッシュアイペディアより)

  • 場外勝馬投票券発売所

    場外勝馬投票券発売所から見た宮崎市宮崎市

    ウインズ宮崎(宮崎育成牧場内)(宮崎県宮崎市) - 利用者登録制場外勝馬投票券発売所 フレッシュアイペディアより)

  • 清武町

    清武町から見た宮崎市宮崎市

    2010年3月23日に宮崎市に編入合併され、宮崎市の合併特例区となった。清武町 フレッシュアイペディアより)

  • 国道268号

    国道268号から見た宮崎市宮崎市

    国道268号(こくどう268ごう)は、熊本県水俣市から鹿児島県伊佐市、湧水町、宮崎県えびの市、小林市を経由して宮崎市に至る一般国道。国道268号 フレッシュアイペディアより)

  • 米良美一

    米良美一から見た宮崎市宮崎市

    地元の西都市立三財小学校に通う。子供の頃から歌が好きであったが、身長が伸びず、両腕も伸ばせない症状のため、手を重ねて歌う姿に小学生時代には執拗ないじめを受けた。7歳からの数年間は宮崎市の宮崎県立赤江養護学校(現・赤江まつばら支援学校)に籍を置いて寄宿舎生活を送った。体調不良により床に臥す日々が続く時はカセットテープに録音されていた歌謡曲を聴いて過ごし、演歌、民謡に親しんだ。初めに聞いた曲がきっかけでアイドル歌手・松田聖子の大ファンになり、裏声でそのマネをしたことが米良のカウンターテナーの原点となった。米良美一 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿屋市

    鹿屋市から見た宮崎市宮崎市

    現在の最寄り駅は宮崎市方面につながる志布志駅(日南線)であるが、実用的な最寄り駅は鹿児島中央駅(九州新幹線・鹿児島本線・指宿枕崎線)もしくは国分駅・都城駅(日豊本線)。いずれも自家用車では駅まで1時間以上掛かる。鹿児島中央駅へは1日6本の直行バスが運行されており、2時間ほどで到着する。志布志駅および都城駅へは三州自動車の路線バス(普通のみ)の利用となる。鹿屋市 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダロックサッカー部

    ホンダロックサッカー部から見た宮崎市宮崎市

    ホンダロックサッカー部(ホンダロックサッカーぶ、Honda Lock Soccer Club)は、宮崎県宮崎市をホームタウンとする社会人サッカークラブである。ホンダロックサッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 延岡市

    延岡市から見た宮崎市宮崎市

    明治期になり、宮崎県設置により県庁が宮崎市におかれたことから、延岡は県庁から最も離れた旧城下町となった。これを近代化の遅れの予兆として受け止めた危機感覚が、後の工業都市としての発展の一因となる。旧延岡藩主であった内藤氏は数々の特権を公共化させ、銅山や電源開発に関わることで近代延岡の礎を築いた。また、小林乾一郎など旧藩士の働きも、延岡の近代化に大きく寄与した。延岡市 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマト王権

    ヤマト王権から見た宮崎市宮崎市

    墓制の面でみて、最も進んでいたのは山陰地方の出雲地域において作られた四隅突出墳丘墓であって、後の古墳時代の方墳や前方後円墳の原型となったと思われる。九州南部の地下式横穴墓、九州北部における甕棺墓、中国地方における箱式石棺墓、近畿地方や日向(宮崎県)における木棺墓(国内最大は宮崎市の3世紀末・前方後円墳、檍(あおき)1号墳)など、それぞれの地域で主流となる墓の形態を持ち、土坑墓の多い東日本では死者の骨を土器につめる再葬墓がみられるなど、きわめて多様な地域色をもつ。方形の低い墳丘のまわりに溝をめぐらした方形周溝墓は近畿地方から主として西日本各地に広まり、なかには規模の大きなものも出現する故、各地に有力な首長があらわれたことが伺える。弥生時代における地域性はまた、日向(宮崎県)の鉄剣、近畿地方の銅鐸、瀬戸内地方の銅剣、九州地方の銅戈(中期)・銅矛(中期-後期)など宝器として用いられる青銅器の種類のちがいにもあらわれている。ヤマト王権 フレッシュアイペディアより)

  • にちりん (列車)

    にちりん (列車)から見た宮崎市宮崎市

    一方で、1995年4月20日に宮崎駅 - 西鹿児島駅間が「きりしま」として、1997年3月18日に博多駅 - 大分駅間の列車が「ソニック」として系統分割され、「にちりん」は博多駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間の列車となったが、この頃から九州自動車道の全通により福岡市と宮崎市を結ぶ高速バス「フェニックス号」が大幅に時間短縮された影響で「にちりん」は特に大分駅 - 延岡駅間での利用不振が目立つようになっていた。そのため、2000年に「にちりん」は同区間を廃止、大分駅以北は「ソニック」に編入、延岡駅以南は「ひゅうが」として系統分割する形で大幅に本数が削減された。にちりん (列車) フレッシュアイペディアより)

886件中 71 - 80件表示

「宮崎南部のできごと」のニューストピックワード