150件中 11 - 20件表示
  • 横峯良郎

    横峯良郎から見た宮崎空港宮崎空港

    2011年9月28日の参院予算委員会で、民主党・新緑風会所属の平山誠参院議員が横峯の自宅所在地と酷似した実在しない宮崎市内の地名・番地と、平山とは無関係の電話番号を2010年2月以降「地方住所」として届け出、2010年4月以降羽田空港から宮崎空港までの料金に相当する航空券の支給を受けていたことが自民党の世耕弘成議員により指摘された。平山と横峯はゴルフ仲間といい、世耕によれば「ゴルフ遊びの航空券ほしさに虚偽の届け出をした疑いがある」という。平山は26日、地方住所を横峯が主宰する「さくらゴルフアカデミー」のある宮崎空港ゴルフセンターの住所に変更している。平山の事務所は「横峯議員の自宅に隣接する場所に事務所があった。住所に誤記載があった。ゴルフセンター内には2011年4月に設立した政治団体の事務所があり、航空券を不正に受領するためにやったことは一切ない」などと釈明した。さらに横峯も実態と異なる「地方住所」を参議院事務局に届け出、航空券の支給を受けていたことが分かった。横峯・平山両事務所は事実関係を認めたうえで、「故意でなかった」と釈明した。横峯は民主党沖縄県連の事務所所在地を地方住所として届け出、2010年4月から2011年9月まで、沖縄までの料金相当の航空券を受け取っていた。横峯は民主党宮崎県連に所属しているにもかかわらず、所属していない沖縄県連の事務所を「住所」としていたことから、参議院議院運営委員会にて自民党の義家弘介参議院議員から指摘を受け、2011年9月末に地方住所を宮崎市内の自宅に変更した。横峯はかつて沖縄県連所属の時期もあったものの、2010年以降は宮崎県連に所属している。横峯事務所は「住所訂正を怠った。一部返金を検討したい。全国を転戦して政治活動をしている」と不正使用を否定した。義家の調査によると、2010年4月から2011年9月までの横峯の航空券利用記録は139回あるが、そのうち羽田空港?那覇空港便は2回。1か月有効の航空券で残額が出た際にはオープンチケットに交換したり、平山と同便で八丈島へ渡ったこともあったという。平山と連れ立ってゴルフなどに出かけていた疑いも持たれており、義家は「議員特権悪用の最たるもので、返金では済まない。見て見ぬふりの参議院事務局の態度も批判されるべきだ」と指摘している。参議院事務局では、地方住所は議員から届け出があればそれを信用しそのまま受け付け、居住実態の有無などを調査することはしていない。横峯良郎 フレッシュアイペディアより)

  • 築城海軍航空隊

    築城海軍航空隊から見た宮崎空港宮崎空港

    一方の富高飛行場は、大蔵省によって民間に解放され、富島中学校や日知屋小学校などの公共機関や民間の農地に変貌した。宮崎県内に多数開かれた飛行場は、民間空港となった海軍宮崎飛行場と自衛隊基地となった陸軍新田原飛行場がわずかに残された。さらに日向市の発展にともない、痕跡は薄れつつある。それでも、協和病院前にコンクリート滑走路の痕跡が残るなど、わずかに面影は残っている。築城海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 清武温泉

    清武温泉から見た宮崎空港宮崎空港

    自動車:東九州自動車道・清武南ICから車で約2分。宮崎空港から国道269号を経由で約20分。清武温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 宮林線

    宮林線から見た宮崎空港宮崎空港

    廃止間際まで宮崎交通の宮崎空港?えびの高原線と競合ではあったものの、宮崎交通は特急として、宮林線は各駅停車として住み分けができていた。また競合区間に限り回数券が相互利用できた。宮林線 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県道52号宮崎空港線

    宮崎県道52号宮崎空港線から見た宮崎空港宮崎空港

    宮崎県道52号宮崎空港線(みやざきけんどう52ごう みやざきくうこうせん)は宮崎空港から国道220号宮崎南バイパスの空港ランプに至る主要地方道(県道)。宮崎県道52号宮崎空港線 フレッシュアイペディアより)

  • ヒダカマコト

    ヒダカマコトから見た宮崎空港宮崎空港

    宮崎空港にてライブペイント開催ヒダカマコト フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎南警察署

    宮崎南警察署から見た宮崎空港宮崎空港

    宮崎空港警備派出所(宮崎市大字赤江)宮崎南警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 高山町 (鹿児島県)

    高山町 (鹿児島県)から見た宮崎空港宮崎空港

    町内には空港はなく、鹿児島空港または宮崎空港へ向かうことになる。高山町 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 阪急航空

    阪急航空から見た宮崎空港宮崎空港

    1990年(平成2年)9月27日 川崎BK117B-1型(JA6605)が旭化成がチャーターした社用定期便として宮崎空港を離陸し宮崎県延岡市へ向かっていたが宮崎県日向市日知屋の牧島山に墜落、乗客乗員10名全員が死亡した。ヘリコプター1機の事故としては最多の犠牲者となった。視界が悪いにもかかわらず著しい低高度を飛行したことが原因と推定されている。この事故がJR日豊本線高速化のきっかけとなった。阪急航空 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県総合運動公園第二硬式野球場

    宮崎県総合運動公園第二硬式野球場から見た宮崎空港宮崎空港

    JR宮崎駅バスターミナル5番のりば、宮交シティバスセンター(JR南宮崎駅から徒歩約5分)16?18番のりば、宮崎空港2番バスのりばから宮崎県総合運動公園第二硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示

「宮崎空港」のニューストピックワード

  • 5年ぶりにさいたまで試合がしてえんだよ!

  • Road to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT

  • 遊びじゃないからさ

[an error occurred while processing this directive]