150件中 41 - 50件表示
  • 田吉

    田吉から見た宮崎空港宮崎空港

    宮崎市の赤江地域自治区に属す。田吉地区は、大きく宮崎空港により南北に分断されている。また、西部に赤江地域センターが属する飛地(以下「西部飛地」という。)が存在し、大淀川の中に丸島が存在する。よって田吉地区は、宮崎空港によって分断された北部地区(以下「北部地区」という。)、宮崎空港によって分断された南部地区(以下「南部地区」という。)、及び西部飛地の3地区から構成される。なお、宮崎空港は、赤江地区に属している。田吉 フレッシュアイペディアより)

  • 赤江地域自治区

    赤江地域自治区から見た宮崎空港宮崎空港

    東部には宮崎県の空の玄関である宮崎空港が日向灘に向かって張り出している。また、国道220号が大きなカーブを描きながら南北に走り、宮崎自動車道・一ツ葉道路との結節点となる宮崎インターチェンジもある。加えて、西に隣接する清武町へ国道269号が伸びているなど、交通の要所でもある。赤江地域自治区 フレッシュアイペディアより)

  • 西南女学院大学短期大学部

    西南女学院大学短期大学部から見た宮崎空港宮崎空港

    英語科:一般企業への就職者が多く、ハーレクィンエア・ホテルオークラ・日本航空・全日本空輸・日本エアシステム・エアーニッポン・日本エアコミューター・スカイマークエアラインズ・シンガポール航空・福岡空港・宮崎空港・リーガロイヤルホテル・プリンスホテル・ロイヤルホテル・ニューオータニ・岩谷産業・コクヨ・花王・そごう・日本銀行・三菱UFJ証券などに就職している。ほか、在学中に取得した教員免許を活かして各中学校や教育委員会に勤めている人もいる。西南女学院大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • ハッコートラベル

    ハッコートラベルから見た宮崎空港宮崎空港

    宮崎空港 ⇔ 門川本町・日向市駅東口・延岡祇園町ハッコートラベル フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機宮崎空港オーバーラン事故

    全日空機宮崎空港オーバーラン事故から見た宮崎空港宮崎空港

    1969年10月20日、鹿児島空港(旧)を離陸した全日本空輸104便はYS-11(機体記号:JA8708)で運航されていた。午後2時ごろに宮崎空港を日向灘方向から自動誘導着陸方式で進入し、東側から着陸滑走中、過走帯末端から逸脱し滑走路端200m離れた山内川の土手で欄座し、機首と主翼が大破した。この事故で乗員4名乗客49名のうち乗員乗客43名が負傷し、そのうち8名が重傷だった。負傷者の中には新婚旅行中のカップルも含まれていた。また空港は一時閉鎖されたが、事故機と反対側の滑走路は使用可能であるとして数時間後には再開された。全日空機宮崎空港オーバーラン事故 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄713系電車

    国鉄713系電車から見た宮崎空港宮崎空港

    同年7月18日の宮崎空港線開業までに全車とも「サンシャイン」の愛称名が付けられ外部塗装を赤基調の塗色に変更。出入口間の座席を485系廃車発生品の回転リクライニングシートに取替える改造が施工された。座席背面に設置されていたテーブルも存置されているほか、ロングシート部分をバケットタイプとし、一人分ずつ独立したヘッドレストを設置し、ロングシートでの長時間移動においても居住性の向上が図られた。また、車椅子スペースや大型の荷物置き場も新設されている。国鉄713系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官

    ぼくは航空管制官から見た宮崎空港宮崎空港

    登場空港…宮崎空港・広島西飛行場・松山空港・大阪国際空港・名古屋空港・東京国際空港ぼくは航空管制官 フレッシュアイペディアより)

  • 岡南飛行場

    岡南飛行場から見た宮崎空港宮崎空港

    かつての岡山空港であり、全日本空輸による東京への路線をはじめ、東亜国内航空による松山や宮崎への定期旅客路線が就航していた。しかし、1,200mの滑走路ではYS-11クラスの離着陸が限界でジェット化が難しく輸送力増強には限界があったほか、臨海部に存在する、当空港の南東には金甲山(標高403m)や貝殻山(標高209m)が存在するという地形上の理由により滑走路の延長もままならないことから、ジェット化を目指した(新)岡山空港が1988年(昭和63年)岡山市北区の丘陵地帯に建設された。岡南飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 都城駐屯地

    都城駐屯地から見た宮崎空港宮崎空港

    飛行場:宮崎空港(第二種空港)、新田原基地(その他の飛行場)都城駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機鹿児島空港オーバーラン事故

    全日空機鹿児島空港オーバーラン事故から見た宮崎空港宮崎空港

    1966年9月18日、全日空のフォッカーF27フレンドシップ双発ターボプロップ旅客機が板付飛行場(福岡空港)から午前7時55分に離陸し鹿児島へ飛行していた。同機は前日九州南部を襲っていた台風21号を避けるため待機しており、午前9時10分に出発する鹿児島発宮崎経由大阪行きの定期便に就航するため回送中であった。全日空機鹿児島空港オーバーラン事故 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「宮崎空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]