172件中 71 - 80件表示
  • 巨泉のワールドスタークイズ

    巨泉のワールドスタークイズから見た宮崎美子宮崎 美子

    解答者/武田鉄矢、笑福亭鶴瓶、和田アキ子、宮崎美子、江夏豊、和泉雅子巨泉のワールドスタークイズ フレッシュアイペディアより)

  • Wぅ杯 番組交流戦スペシャル

    Wぅ杯 番組交流戦スペシャルから見た宮崎美子宮崎 美子

    『まるちび』に『マジック革命!セロ!!』からセロが、『マジック革命!セロ!!』に『まるちび』からモト冬樹と宮崎美子と村崎真彩と伊藤綺夏が登場した。Wぅ杯 番組交流戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 137億年の物語

    137億年の物語から見た宮崎美子宮崎 美子

    宮崎美子 - 家主役(2014年3月22日 - )137億年の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 100回泣くこと

    100回泣くことから見た宮崎美子宮崎 美子

    一方、藤井は佳美に電話が繋がらないことを不安に思いながらも自分の実家に帰っていた。そして愛犬・ブックのボールを探していた時に偶然、手紙の束を見つける。そこに書いてあった住所が気になったため訪ねてみると、なんとそこはかつて自分と佳美が一緒に暮らしていた部屋だった。大家によると、今もこの部屋は佳美の名義のままらしい。驚いた藤井は夏子を訪ね、自分が4年前に佳美と付き合っていたことや、佳美が卵巣がんを発症したこと、事故にあったのはその告白を聞いた直後であったことなどを聞く。佳美本人も友達のムース(忍成修吾)も自分の母親(宮崎美子)でさえもそれを黙っていたことで「みんなで俺を騙していたのか」と怒る藤井だったが、そんな藤井を夏子は佳美が入院する病院へと連れていき、佳美の父親(大杉漣)に会わせる。そして4年前、病気のことを聞いて逃げるように姿を消した直後に事故に会ったにも関わらず、「忘れちゃったなら、最初から無かったことにしよう」と佳美がかばって気遣ったことからみんなが口裏を合わせて黙っていたということを聞く。しかし真相は違っていた。藤井に病気を告白する時、佳美は「子供が産めなくなるかもしれない」ということを何より気にしており、自分の気持ちを疑われたと感じてショックを受けた藤井と口論のようになってしまった。その後、藤井は佳美にプロポーズをするため、指輪を作って持っていく途中に事故にあったのだった。100回泣くこと フレッシュアイペディアより)

  • 白日夢・DAY DREAM

    白日夢・DAY DREAMから見た宮崎美子宮崎 美子

    宮崎美子 - 1981年、アルバム『Mellow』に収録白日夢・DAY DREAM フレッシュアイペディアより)

  • いじわるばあさん

    いじわるばあさんから見た宮崎美子宮崎 美子

    伊知割 ミチコ(順一の妻) - 宮崎美子(#1,#3)、手塚理美(#2)いじわるばあさん フレッシュアイペディアより)

  • 夕闇をひとり

    夕闇をひとりから見た宮崎美子宮崎 美子

    「夕闇をひとり」は、宮崎美子への提供曲だが、ユーミンの方が若干発売日が早い。夕闇をひとり フレッシュアイペディアより)

  • 巌谷小波文芸賞

    巌谷小波文芸賞から見た宮崎淑子宮崎 美子

    第21回 1998年度 宮崎淑子  巌谷小波文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 街の医者・神山治郎

    街の医者・神山治郎から見た宮崎美子宮崎 美子

    元村清美(小料理店「もとむら」経営) - 宮崎美子街の医者・神山治郎 フレッシュアイペディアより)

  • ミノルタ

    ミノルタから見た宮崎美子宮崎 美子

    1929年発売のベスト判カメラ「ニフカレッテ」に始まる。その後二眼レフカメラを得意としていたが、1947年発売の「ミノルタ35」を皮切りに次第に35ミリカメラに開発の比重を移していくこととなる。1962年NASAの厳しい試験をクリアした35mmレンズシャッターカメラ「ハイマチック」がグレン中佐乗り込むフレンドシップ7号の宇宙飛行用カメラとして採用され、フレンドシップ7号にちなんで製品名称に7を多用するようになる。ミノルタのカメラが普及した背景には技術力もさることながらミノルタのCM戦略も大きかった。1980年宮崎美子を起用した「X-7」のCMが大ヒット、X-7は瞬く間に当時のベストセラーモデルとなった。1985年発売、世界初のシステム一眼レフカメラ「α-7000」に始まるオートフォーカス一眼レフカメラのαシリーズはマニュアルフォーカスとの互換性をなくし絞りもボディー側から電子制御する等電子化された新マウントミノルタAマウントを採用し、第1回ヨーロピアン・カメラ・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど日本のみならず世界中でのヒットとなったが、1987年アメリカ合衆国ハネウェル社が同社の保有するオートフォーカス技術の特許侵害で訴訟を起こし、ミノルタは約1億ドルもの和解金を支払うこととなった。この特許侵害訴訟ではサブマリン特許という概念が日本企業に認知された。ミノルタ フレッシュアイペディアより)

172件中 71 - 80件表示

「宮崎美子」のニューストピックワード