前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1995年、ジークフリート・ヘルトが監督に就任。ヒルハウス、スクリーニャらが加入。また、ユースから宮本恒靖らがクラブで初めて昇格した。1stステージ序盤は6勝2敗と好スタートを切り、首位争いに加わったが、その後は8連敗を喫し、最終的なステージ成績は10勝16敗で14チーム中11位。2ndステージは8勝18敗の13位。年間総合順位は初めて最下位に終わり、シーズン終了後にヘルトが監督を退任した。天皇杯は2年連続でベスト4に入った。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 小島宏美

    小島宏美から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1998年は前年の得点王でクラブの上位進出に貢献したエムボマが退団、その後釜として期待されたアント・ドロブニャクがチームになかなかフィットしなかったため、レギュラーに定着。その年、34試合に出場して17得点という自己最高の記録を残す。この頃は特長のスピードを活かした得点やチャンスメイクで活躍し、「スピードスター」の異名を取った。また、この年のガンバ大阪監督のアントネッティは若手選手を積極的に起用し、小島以外にも宮本恒靖や稲本潤一、播戸竜二などの若手の選手を育てた。特に目立つ活躍をしていた小島、宮本、稲本の三人は、ガンバ三銃士とも呼ばれた。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーマガジン

    サッカーマガジンから見た宮本恒靖宮本恒靖

    再月刊化された2014年1月号(2013年11月発売)以後は、テーママガジン形式のスタイルを取っており、Jリーグだけでなく、世界のサッカーの現状や問題点・トピックスに重きが置かれている。また宮本恒靖特別編集長、堀江貴文、又吉直樹らの連載コラムや、サッカーに関連したサブカルチャー(テレビゲーム、音楽、映画、本他)についての連載が掲載されている。週刊誌時代に連載していたJリーグ各クラブや各カテゴリー別のトピック、国外サッカーの戦評などは掲載されていない(J2リーグについては『月刊J2マガジン』に各クラブのトピックを掲載している)。サッカーマガジン フレッシュアイペディアより)

  • ノーベル製菓

    ノーベル製菓から見た宮本恒靖宮本恒靖

    TVCM:はちのすけ、えなりかずき→山崎まさよし(歌のみ)、過去には石田純一と杉本彩、山田花子、持田香織、宮本恒靖がCMに出演していた。ノーベル製菓 フレッシュアイペディアより)

  • 田中誠 (サッカー選手)

    田中誠 (サッカー選手)から見た宮本恒靖宮本恒靖

    日本代表にはなかなか縁がなかった(トルシエ政権下では、田中が必ずしも得意でないフィード力がDFに求められていたことが原因、と田中はインタビューで示唆している)が、ジーコ指揮下では右のストッパーとして次第に出場機会を得る(磐田での主要ポジションであったリベロの位置には宮本恒靖がいたため)。2006年ドイツW杯代表にも選出されたが、ドイツでの直前合宿中に左ハムストリング肉離れのためチームを離脱し帰国。本大会への出場は叶わなかった。田中誠 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 高木健旨

    高木健旨から見た宮本恒靖宮本恒靖

    その時の関西選抜は他に宮本恒靖、楢崎正剛、藤田聡、波戸康広ら。1976年生まれの大会優秀選手は他に中田英寿、財前宣之、安永聡太郎、佐藤由紀彦ら。高木健旨 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た宮本恒靖宮本恒靖

    FW大久保嘉人がVfLヴォルフスブルクへ、FWレアンドロがG大阪へ移籍した一方、ブラジル人のFWマルセウ、MFアラン・バイーア、川崎から我那覇和樹、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクから元日本代表DF宮本恒靖を獲得した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た宮本恒靖宮本恒靖

    フラット3と呼ばれる3バックの一角としてプレイ。五輪チーム立ち上げ初戦のアルゼンチン戦(1998年11月23日)に召集されるも出場はなく、その後シドニー五輪のアジア1次予選にも召集されることはなかった。最終予選前の韓国との壮行試合(1999年9月7日)に10ヶ月ぶりに召集されるが出場機会は与えられず、不満を露にし自ら代表を去った。しかし2000年に入ってカールスバーグカップ(2000年2月)に挑むトルシエから「君にはもう1度チャンスを与える。生かすも殺すも君の自由だが、これが最後のチャンスだと思ってくれ」と再招集を受け、川口能活の説得もあり代表に復帰。当初は中央か右の候補だったが、中央は森岡隆三と宮本恒靖が重宝されるようになると、右ストッパー要員専門の候補となる。その後同じく右ストッパーの有力候補であった中澤佑二の復調が遅れると、2001年コンフェデレーションズカップ頃からは松田がレギュラーに定着し、2002年日韓W杯でもすべての試合でフル出場を果たした。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本淳 (サッカー選手)

    橋本淳 (サッカー選手)から見た宮本恒靖宮本恒靖

    東北学院高校時代にはU-17日本代表に選出され、FIFA U-17世界選手権に出場。チームメイトには戸田和幸、松田直樹、中田英寿、宮本恒靖らがいる。橋本淳 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 金泰映

    金泰映から見た宮本恒靖宮本恒靖

    東亜大学校を卒業した後、1995年に全南ドラゴンズに入団。韓国代表のDFとして、1998 FIFAワールドカップと2002 FIFAワールドカップに出場した。2002 FIFAワールドカップでは、イタリア戦で鼻骨を骨折したものの、顔面プロテクターを装着し次戦に出場。日本では『韓国の宮本恒靖』と話題になった。2005年11月に現役引退。韓国の関東大学校サッカー部やU-20韓国代表コーチを経て、2013年よりKリーグクラシック・蔚山現代FCコーチに就任。金泰映 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード