前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 小島宏美

    小島宏美から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1998年は前年の得点王でクラブの躍進に貢献したエムボマが退団、その後釜として期待されたアント・ドロブニャクがチームになかなかフィットしなかったため、レギュラーに定着。その年、34試合に出場して17得点という自己最高の記録を残す。この頃は特長のスピードを活かした得点やチャンスメイクで活躍し、「スピードスター」の異名を取った。また、この年のガンバ大阪監督のアントネッティは若手選手を積極的に起用し、小島以外にも宮本恒靖や稲本潤一、播戸竜二などの若手の選手を育てた。特に目立つ活躍をしていた小島、宮本、稲本の三人は、ガンバ三銃士とも呼ばれた。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1995年、ジークフリート・ヘルトが監督に就任。ヒルハウス、スクリーニャらが加入。また、ユースから宮本恒靖らがクラブで初めて昇格した。1stステージ序盤は6勝2敗と好スタートを切り、首位争いに加わったが、その後は8連敗を喫し、最終的なステージ成績は10勝16敗で14チーム中11位。2ndステージは8勝18敗の13位。年間総合順位は初めて最下位に終わり、シーズン終了後にヘルトが監督を解任された。天皇杯は2年連続でベスト4に入った。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た宮本恒靖宮本恒靖

    監督にブラジル・フラメンゴからカイオ・ジュニオールが就任。FW大久保嘉人がVfLヴォルフスブルクへ、FWレアンドロがG大阪へ移籍した一方、ブラ人人のFWマルセウ、MFアラン・バイーア、川崎から我那覇和樹、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクから元日本代表DF宮本恒靖を獲得した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 富田林市立金剛中学校

    富田林市立金剛中学校から見た宮本恒靖宮本恒靖

    宮本恒靖 - 元サッカー日本代表キャンプテン富田林市立金剛中学校 フレッシュアイペディアより)

  • モラス雅輝

    モラス雅輝から見た宮本恒靖宮本恒靖

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVで研修後、2007年1月よりオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクにスタッフ入り。宮本恒靖と三都主アレサンドロの通訳を担当した。モラス雅輝 フレッシュアイペディアより)

  • 是永美記

    是永美記から見た宮本恒靖宮本恒靖

    6月8日、東京都千代田区の丸ビル内のイベント「宮本恒靖 FOOTBALL PARK in Marunouchi 2006」のオープニングゲームに出場。JALの現役キャビンアテンダントによる「SAMURAI CREW」(サムライクルー)と対戦し、ガッタスが7-1で快勝。得点は下記のとおり。是永美記 フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・パウリスタ

    ジュニーニョ・パウリスタから見た宮本恒靖宮本恒靖

    2回目の移籍の際には、イングランドへの移籍に必要な「A代表出場75%以上」という条件を満たさないにもかかわらず、当時のイギリス首相トニー・ブレアの特例措置によって入国と移籍が承認される事態になった。3回目の移籍の際も同様に条件を満たしていなかったが、今度は「ワールドカップ優勝メンバーだから」というよくわからない理由でやはり特例措置が取られて承認されている。日本人では、三都主や宮本恒靖が、この規定に引っかかってプレミアリーグ移籍を拒まれており、一国の首相が動いたという特例措置の異常さと共に、イギリス国内のジュニーニョに対する思い入れの深さがわかる。ジュニーニョ・パウリスタ フレッシュアイペディアより)

  • スブヒディン・モハド・サレー

    スブヒディン・モハド・サレーから見た宮本恒靖宮本恒靖

    2010 FIFAワールドカップ、AFCアジアカップ2004、AFCアジアカップ2007、AFCアジアカップ2011で笛を吹いた。2004年のAFCアジアカップ準々決勝では、日本対ヨルダンの試合でPK戦のピッチのコンディションが悪いことを理由に、ゴールを変えるという異例のこともあった。この時に抗議に行ったのは日本代表キャプテンだった宮本恒靖である。スブヒディン・モハド・サレー フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・ザルツブルク

    レッドブル・ザルツブルクから見た宮本恒靖宮本恒靖

    夏にはニコ・コヴァチ(元バイヤー・レバークーゼン、ハンブルガーSV、バイエルン・ミュンヘン、ヘルタ・ベルリン)、ヨハン・フォンランテン(元PSVアイントホーフェン、NACブレダ、ブレシア)、ティモ・オクス(元1860ミュンヘン)、レモ・マイヤー(元FCルツェルン、1860ミュンヘン)、ホルヘ・ヴァルガス(元レッジーナ、エンポリ、リヴォルノ)、クリスティアン・ティファート(元VfBシュトゥットガルト)、マークス・シュタインヘーファー(元バイエルン・ミュンヘン・サテライト)などを獲得しチームを補強、2006年12月にはさらにガンバ大阪の宮本恒靖と浦和レッズの三都主アレサンドロを獲得。オーストリア・カップでは準決勝に進出し、オーストリア・ブンデスリーガでは圧倒的な強さで10年ぶりとなる4度目のリーグ優勝を果たす。レッドブル・ザルツブルク フレッシュアイペディアより)

  • 米山篤志

    米山篤志から見た宮本恒靖宮本恒靖

    米山 篤志(よねやま あつし、1976年11月20日 - ) は栃木県宇都宮市出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー。短期間ながら日本代表に選出されたこともある。また、中田英、宮本、戸田らとU-17日本代表に選出され、1993年U-17W杯でのベスト8に貢献した。米山篤志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード