71件中 21 - 30件表示
  • 金泰映

    金泰映から見た宮本恒靖宮本恒靖

    東亜大学校を卒業した後、1995年に全南ドラゴンズに入団。韓国代表のDFとして、1998 FIFAワールドカップと2002 FIFAワールドカップに出場した。2002 FIFAワールドカップでは、イタリア戦で鼻骨を骨折したものの、顔面プロテクターを装着し次戦に出場。日本では『韓国の宮本恒靖』と話題になった。2005年11月に現役引退。韓国の関東大学校サッカー部やU-20韓国代表コーチを経て、2013年よりKリーグクラシック・蔚山現代FCコーチに就任。金泰映 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た宮本恒靖宮本恒靖

    『決定的瞬間篇』(2006年) - 宮本恒靖との共演加地亮 フレッシュアイペディアより)

  • 家長昭博

    家長昭博から見た宮本恒靖宮本恒靖

    若くから期待されていた選手であり、宮本恒靖、稲本潤一、新井場徹、橋本英郎、二川孝広、大黒将志などを輩出したガンバ大阪ユースの出身で、ユースチーム在籍中にトップ昇格を果たしている。本田圭佑、東口順昭とはG大阪ジュニアユース時代の同期。本田とは小学校時代に対戦し、一緒にプレーしたいと思ったことがG大阪ジュニアユース入りを選んだ理由と話している。2人は偶然にも生年月日と利き足が同じである。1年後輩に当たる安田理大のブログによれば、G大阪ジュニアユース時代の家長と本田はしょっちゅう喧嘩をしていたとのこと。家長昭博 フレッシュアイペディアより)

  • U-17サッカー日本代表

    U-17サッカー日本代表から見た宮本恒靖宮本恒靖

    小嶺忠敏監督が指揮を取り、中田英寿・宮本恒靖・松田直樹・戸田和幸らが出場。グループリーグを突破するも、準々決勝でヌワンコ・カヌを擁するナイジェリアに1-2で破れた。U-17サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選

    2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選から見た宮本恒靖宮本恒靖

    組み合わせ抽選会は2012年3月9日の日本時間午後5時から開始された。抽選会はアジアサッカー連盟(AFC)公式HP上で生中継され、264,959人が視聴した。日本ではCSテレ朝チャンネルで生中継された。抽選を引き当てるドロワ代表として元日本代表CB宮本恒靖、元イラン代表MFマハダヴィキアが登場した。2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た宮本恒靖宮本恒靖

    森島の出演日である2010年1月18日には、『森島寛晃のワシが言ったるJ』の中で、中山雅史(コンサドーレ札幌)のインタビューを放送。2011年度のJリーグ開幕を前にした同年2月28日の放送では、ヴィッセル神戸から羽田憲司(前年度までセレッソ大阪に在籍)・宮本恒靖(元ガンバ大阪)両選手をゲストに迎えた。亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • 松本麻衣子

    松本麻衣子から見た宮本恒靖宮本恒靖

    身長は165cm(うたぐみ火曜日で発言)。体重は52kg(『VOICE』2012年6月21日放送分、2012年6月15日に行われた井岡一翔とのインタビューで発言)。バストはCカップ(『痛快!明石家電視台』2010年10月4日MBS放送分「未公開トーク集」にて)。趣味はサッカー観戦。宮本恒靖のファンであることを出演番組で公言しており、宮本が引退を公表した後のインタビューでは涙を流していた。また、ガンバ大阪の応援・情報番組『GAMBA TV〜青と黒〜』(MBSテレビ)にも、不定期で出演している。ちなみに、『痛快!明石家電視台』で共演している間寛平は、中学校3年の時に松本の実母と同じクラスにいた。松本麻衣子 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1997年マレーシア大会では、宮本恒靖、中村俊輔、柳沢敦、明神智和、戸田和幸、山口智らの世代。前大会に出場した中田・松田は年齢的には参加資格を満たすものの、前年のアトランタオリンピックに参加していたため、当時の大会規定で出場できなかった(後にこのルールは撤廃)。その一方、一世代下から永井雄一郎と南雄太が参加し、主力として活躍した。彼らを山本昌邦監督が率いて臨み、準々決勝でガーナに敗れるが2大会連続でベスト8進出を成し遂げた。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 船越優蔵

    船越優蔵から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1993年、U-17世界選手権で初のベスト8に入ったU-17日本代表の中心選手。中田英寿・宮本恒靖・松田直樹・戸田和幸などメンバーが揃うチームのエースストライカーであった。1995年サンフレッチェ広島の今西和男総監督は、高木琢也の後継者として船越に目をつけスカウトしようとしていた。その際、船越は海外留学を強く希望していたが、今西には「コミュニケーション能力が備わってない状況で海外留学させる気はない」ポリシーがあったため手を引いた。船越優蔵 フレッシュアイペディアより)

  • GAMBA TV〜青と黒〜

    GAMBA TV〜青と黒〜から見た宮本恒靖宮本恒靖

    放送回やガンバのチーム状況によっては、既に現役を引退したガンバOBや、ガンバ以外のチームへ移籍した選手のインタビューやミニドキュメンタリーを中心に構成。2012年7月23日の放送では、ガンバのトップチームへ在籍していた時期(1995年?2006年)にディフェンダーやキャプテンなどを務めた宮本恒靖(2011年にヴィッセル神戸で現役を引退)が、初めて当番組に出演した。GAMBA TV〜青と黒〜 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード