71件中 31 - 40件表示
  • 小嶺忠敏

    小嶺忠敏から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1993年に日本で開催されたU-17世界選手権でU-17日本代表監督を務め、後に日韓ワールドカップで活躍することになる中田英寿、宮本恒靖、松田直樹、戸田和幸らを率いて、ベスト8進出の快挙を果たした。なお、A代表・年代別日本代表を通じて見ても、FIFA主催の国際大会で日本がベスト8に進出したのは、この時が初めてである。余談だが、U-17世界選手権のアジア予選を兼ねて前年に行われたU-17アジアユース選手権の日本代表監督を務めた際、高校入学前までFWだった松田直樹のDFとしてのセンスを早くから見いだし、FWからコンバートしている。小嶺忠敏 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田孝行

    吉田孝行から見た宮本恒靖宮本恒靖

    滝川第二高等学校時代には日本で開催されたFIFA U-17世界選手権(1993年)に中田英寿、宮本恒靖、松田直樹と共に出場。高等学校卒業後、横浜フリューゲルスに入団。当時のシルバ監督が積極的に若手を起用していたこともあり、ルーキーの年から試合出場のチャンスを得て、フリューゲルス時代は95試合に出場し、21得点を挙げた。なお、フリューゲルス最後の試合となった1999年元日の天皇杯決勝で試合を決める得点を挙げている。吉田孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 太田房江

    太田房江から見た宮本恒靖宮本恒靖

    ガンバ大阪、特に元ガンバ大阪の宮本恒靖の大ファンである。プロ野球に関しては、一部の間では「中日ドラゴンズファンではないか」と囁かれることもあったが、2001年の近鉄バファローズ優勝時に大阪ドームでハッピを着て号泣する姿がテレビ各社の映像で確認されるなど、近鉄ファンであることがうかがわれた。一方で、兵庫県に本拠地を置く阪神タイガースが2003年に優勝した時にも甲子園球場においても同じ姿が見られたばかりか御堂筋における優勝パレードも要請している。太田房江 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年J1最終節

    1999年J1最終節から見た宮本恒靖宮本恒靖

    DF:ダンブリー 宮本恒靖 實好礼忠(85分 FW タイルソン)1999年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィエッコスラブ・スクリーニャ

    ヴィエッコスラブ・スクリーニャから見た宮本恒靖宮本恒靖

    日本滞在中に生活に馴染む手助けをしてくれた宮本恒靖への敬意から、当時生まれた娘は宮本にちなんでミアと名付けられた。ヴィエッコスラブ・スクリーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 一木太郎

    一木太郎から見た宮本恒靖宮本恒靖

    1993年にU-17サッカー日本代表に選出され、FIFA U-17世界選手権に出場。ボランチとして、ベスト8進出に貢献。当時のチームメイトには中田英寿、宮本恒靖、松田直樹らがいた。宮本同様クレバーなプレーが持ち味で、当時は宮本よりも評価が上との声もあった。一木太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た宮本恒靖宮本恒靖

    2007年元日の決勝に勝ち進んだのは、2006年のJ1を制し、シーズン二冠と天皇杯連覇を狙う浦和レッズと、「6度目の正直」でJリーグ発足後初めて決勝に勝ち進んだガンバ大阪の対戦となった。両チームは前年の天皇杯覇者(浦和)とシーズン覇者(G大阪)としてゼロックススーパーカップを皮切りにリーグ戦の開幕戦と最終戦と、いずれもシーズンの節目となるタイミングで対戦していた。この試合は浦和監督のギド・ブッフバルトのラストゲームであると同時に、G大阪の精神的支柱であったDF宮本恒靖の移籍前ラストゲームでもあった。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 井川祐輔

    井川祐輔から見た宮本恒靖宮本恒靖

    2001年、ガンバ大阪ユースからトップチームに昇格。「ポスト宮本恒靖」との呼び声も高かったが、出場機会を求めて2003年シーズン途中からサンフレッチェ広島に期限付き移籍。広島ではすぐにレギュラーをつかみ、J1昇格に貢献した。2004年途中からは名古屋グランパスエイト、2006年からは川崎フロンターレに期限付き移籍。2008年シーズンより川崎に完全移籍となった。井川祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た宮本恒靖宮本恒靖

    後半が開始し、試合が動いたのはまたも長居からであった。48分、C大阪MFゼ・カルロスのドリブル突破からのこぼれ球をFW西澤明訓がゴール左隅に叩き込み、PK失敗により霞んでいた夢を再び手繰り寄せる、執念の一撃を与える。西澤は試合前の「勝たなければ一生負け犬」という言葉に表れた意気込みどおり、2ゴールという形を見事に残してみせる。さらに58分にはカシマで鹿島FW野沢拓也が決め、56分には等々力でG大阪DF宮本恒靖のゴールで勝ち越すも62分に川崎MF谷口博之のヘディングにより同点とされ、その数分前の60分に新潟で浦和FWマリッチが得点するという、前半とほぼ同じ展開で試合は進んでいった。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピック日本選手団

    シドニーオリンピック日本選手団から見た宮本恒靖宮本恒靖

    宮本恒靖(ガンバ大阪)シドニーオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード