118件中 91 - 100件表示
  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たサッカーヨルダン代表

    トルシエ後のジーコJAPANでは、発足時よりキャプテンを務めた中田英寿が故障で離脱して以降、出場した試合全てのキャプテンを務めた。2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦のPK戦では、中村俊輔と三都主アレサンドロが外したことで、審判に「ピッチ状態がよいほうでやるべきだ」と通訳なしでPKの位置変更を申し入れる。PK戦の途中で審判への申し入れによってサイド位置が変わることはまず無いが、変更理由にフェアプレーを持ち出すことでこれを認めさせた。この時主審を務めた人間が、マレーシア出身のスブヒディン・モハマド・サレー国際審判員だった。結果、川口能活のファインセーブもありこのPK戦を制すると、日本代表は2大会連続のアジア制覇を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たサッカーマガジン

    FIFAマスター取得後の2013年10月、ベースボール・マガジン社発行のサッカー専門誌「サッカーマガジン」のリニューアル(週刊から月刊の「サッカーマガジンZONE」に移行) に伴い、特別編集長を委嘱される。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たクロアチア

    2008-2009シーズンはアドリアーンセ監督が攻撃戦術を採用した影響もあり、リーグ戦は1試合も出場機会がなかった。そのため、ザルツブルクとの契約は6月まで残っていたものの出場機会を求めて移籍を検討。クロアチアリーグやオーストリア国内のクラブからもオファーが届いていたが、欧州での経験を日本で生かしたいという思いから、複数年契約や高額年俸を用意するなど熱心に誘いのあったヴィッセル神戸入りを決めた。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た鼻骨

    2002年日韓W杯では、開催直前の静岡産業大学との練習試合で競り合った際に相手FW松下和磨の肘が顔に入り、鼻骨骨折した。これにより、顔面を保護するために兵庫医大病院が用意した医療器具のフェイスガード(ノーズガード)を付けることになり、元々白いガードに自らの手で黒いマジックで色をつけて 出場した。そのプレーする姿を見た海外のメディアから、バットマンと渾名された。代表初ゴールは2004年2月7日のマレーシア戦。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たウェストハム・ユナイテッドFC

    1996年から1998年頃、当時のクゼ、アントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった 2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智・シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節の川崎フロンターレ(等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たサッカーボリビア代表

    2000年6月18日のキリンチャレンジカップ・ボリビア戦で日本代表初出場。シドニー五輪を経て、2001年末からは、トルシエJAPANにおいて日本代表キャプテンを務めていた森岡隆三の離脱時に代わってキャプテンを任された。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たイングランド

    1996年から1998年頃、当時のクゼ、アントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった 2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智・シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節の川崎フロンターレ(等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た労働経済学

    1995年6月24日、ガンバ大阪のトップチームにクラブでは初めて昇格し(同期入団は實好礼忠、森下仁志、中口雅史、高木健旨、松山明男)、スイーパーとして活躍。プロ契約後、数年間中々出場機会に恵まれず、ポジションも頻繁に変わりプロ選手として苦悩する事になる。同時期に同志社大学経済学部に進学。労働経済学のゼミに所属し、2001年に卒業した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たフォワード (サッカー)

    大阪府富田林市出身。サッカーを始めたのは富田林市立伏山台小学校5年生(10歳)。ポジションはフォワードだった。サッカーを始めるまでは、地区の少年ソフトボールをしていた。地元の富田林市立金剛中学校に進学、同校にてサッカーの指導を受けて技術を向上、サッカーを始めてから約3年後の中学2年生時「第14回全日本選抜中学生大会」(現・14歳以下ナショナルトレセン)、日本ジュニアユース代表候補(現・U-15代表候補)合宿に招集。中学校2年生時「大阪府英語暗唱大会」で優勝。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たJリーグオールスターサッカー

    1996年から1998年頃、当時のクゼ、アントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった 2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智・シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節の川崎フロンターレ(等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

118件中 91 - 100件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード