118件中 61 - 70件表示
  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たECC総合教育機関

    ECC 「ECCジュニア」 (2003年) - 秋田豊との共演宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た大阪府立生野高等学校

    大阪府立生野高等学校時代はガンバ大阪ユースに所属し、上級生がいなかったため初代キャプテンに就任、ユースチーム卒業までの3年間務めた。ユースでは1994年12月にJユースカップで優勝し初めてのタイトルを得た。1993年にはU-17日本代表に選ばれ、日本で開催された1993 FIFA U-17世界選手権に出場しベスト8の成績を修めた。U-18ジュニアユース(監督・山本昌邦)招集。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た2002 FIFAワールドカップ

    2002年日韓W杯では、開催直前の静岡産業大学との練習試合で競り合った際に相手FW松下和磨の肘が顔に入り、鼻骨骨折した。これにより、顔面を保護するために兵庫医大病院が用意した医療器具のフェイスガード(ノーズガード)を付けることになり、元々白いガードに自らの手で黒いマジックで色をつけて 出場した。そのプレーする姿を見た海外のメディアから、バットマンと渾名された。代表初ゴールは2004年2月7日のマレーシア戦。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た富田林市

    宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 - )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手。、サッカー指導者。ガンバ大阪U-23監督。同志社大学卒。元日本代表。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た1993 FIFA U-17世界選手権

    大阪府立生野高等学校時代はガンバ大阪ユースに所属し、上級生がいなかったため初代キャプテンに就任、ユースチーム卒業までの3年間務めた。ユースでは1994年12月にJユースカップで優勝し初めてのタイトルを得た。1993年にはU-17日本代表に選ばれ、日本で開催された1993 FIFA U-17世界選手権に出場しベスト8の成績を修めた。U-18ジュニアユース(監督・山本昌邦)招集。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た2006 FIFAワールドカップ

    2006年、自身2大会連続2度目のワールドカップ出場となった2006年ドイツW杯では、第1戦(オーストラリア戦)と第2戦(クロアチア戦)はフル出場したが、第3戦(ブラジル戦)は累積警告により出場出来なかった。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たレッドブル・ザルツブルク

    2006年シーズン終了後、オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクに1年間の契約で完全移籍し、初年度にリーグ優勝を果たした。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たソフトボール

    大阪府富田林市出身。サッカーを始めたのは富田林市立伏山台小学校5年生(10歳)。ポジションはフォワードだった。サッカーを始めるまでは、地区の少年ソフトボールをしていた。地元の富田林市立金剛中学校に進学、同校にてサッカーの指導を受けて技術を向上、サッカーを始めてから約3年後の中学2年生時「第14回全日本選抜中学生大会」(現・14歳以下ナショナルトレセン)、日本ジュニアユース代表候補(現・U-15代表候補)合宿に招集。中学校2年生時「大阪府英語暗唱大会」で優勝。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た大阪府

    宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 - )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手。、サッカー指導者。ガンバ大阪U-23監督。同志社大学卒。元日本代表。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たSKシュトゥルム・グラーツ

    レッドブル・ザルツブルクでは、4バックの左右どちらのセンターバックもこなし、2007-08年シーズンからはSKラピード・ウィーン戦(12月7日)、SKシュトゥルム・グラーツ戦(12月15日)などで左サイドバックとしてもスタメン出場した。宮本本人は自らのブログで10年ぶりにこのポジションでプレーしたと振り返っている。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード