118件中 71 - 80件表示
  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たU-17サッカー日本代表

    大阪府立生野高等学校時代はガンバ大阪ユースに所属し、上級生がいなかったため初代キャプテンに就任、ユースチーム卒業までの3年間務めた。ユースでは1994年12月にJユースカップで優勝し初めてのタイトルを得た。1993年にはU-17日本代表に選ばれ、日本で開催された1993 FIFA U-17世界選手権に出場しベスト8の成績を修めた。U-18ジュニアユース(監督・山本昌邦)招集。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たPK戦

    トルシエ後のジーコJAPANでは、発足時よりキャプテンを務めた中田英寿が故障で離脱して以降、出場した試合全てのキャプテンを務めた。2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦のPK戦では、中村俊輔と三都主アレサンドロが外したことで、審判に「ピッチ状態がよいほうでやるべきだ」と通訳なしでPKの位置変更を申し入れる。PK戦の途中で審判への申し入れによってサイド位置が変わることはまず無いが、変更理由にフェアプレーを持ち出すことでこれを認めさせた。この時主審を務めた人間が、マレーシア出身のスブヒディン・モハマド・サレー国際審判員だった。結果、川口能活のファインセーブもありこのPK戦を制すると、日本代表は2大会連続のアジア制覇を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たプレミアリーグ

    1996年から1998年頃、当時のクゼ、アントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった 2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智・シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節の川崎フロンターレ(等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たボスニア・ヘルツェゴビナ

    2016年、ガンバ大阪ユースチームの監督に就任。1月21日には、日本サッカー協会の理事会で、S級コーチライセンスの取得を認められた。前年の講習を受講した21名の中で、最も早い認定であった。9月1日、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルで計画していたサッカーによる民族融和を進める為、7歳から12歳の男女を対象としたサッカー・アカデミー「マリ・モスト(小さな橋)」の施設がほぼ完成して、10月9日に開校して引き渡し式も行われる予定である。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た兵庫医科大学

    2002年日韓W杯では、開催直前の静岡産業大学との練習試合で競り合った際に相手FW松下和磨の肘が顔に入り、鼻骨骨折した。これにより、顔面を保護するために兵庫医大病院が用意した医療器具のフェイスガード(ノーズガード)を付けることになり、元々白いガードに自らの手で黒いマジックで色をつけて 出場した。そのプレーする姿を見た海外のメディアから、バットマンと渾名された。代表初ゴールは2004年2月7日のマレーシア戦。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た静岡産業大学サッカー部

    2002年日韓W杯では、開催直前の静岡産業大学との練習試合で競り合った際に相手FW松下和磨の肘が顔に入り、鼻骨骨折した。これにより、顔面を保護するために兵庫医大病院が用意した医療器具のフェイスガード(ノーズガード)を付けることになり、元々白いガードに自らの手で黒いマジックで色をつけて 出場した。そのプレーする姿を見た海外のメディアから、バットマンと渾名された。代表初ゴールは2004年2月7日のマレーシア戦。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見たFIFAコンフェデレーションズカップ2003

    2003年 FIFAコンフェデレーションズカップ (グループリーグ敗退)宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た故障

    トルシエ後のジーコJAPANでは、発足時よりキャプテンを務めた中田英寿が故障で離脱して以降、出場した試合全てのキャプテンを務めた。2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦のPK戦では、中村俊輔と三都主アレサンドロが外したことで、審判に「ピッチ状態がよいほうでやるべきだ」と通訳なしでPKの位置変更を申し入れる。PK戦の途中で審判への申し入れによってサイド位置が変わることはまず無いが、変更理由にフェアプレーを持ち出すことでこれを認めさせた。この時主審を務めた人間が、マレーシア出身のスブヒディン・モハマド・サレー国際審判員だった。結果、川口能活のファインセーブもありこのPK戦を制すると、日本代表は2大会連続のアジア制覇を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た造幣局 (日本)

    父 宮本恒明は、東大卒の元関西電力常務取締役で、独立行政法人造幣局監事 を経て、現在は一般財団法人関西電気保安協会理事長。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た講談社文庫

    講談社文庫」 (2006年)宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「宮本恒靖」のニューストピックワード