前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • 若大将のゆうゆう散歩

    若大将のゆうゆう散歩から見た宮本隆治宮本隆治

    7月1日、「ゆうゆう散歩 いいものさがし」がリニューアル。本番組でナレーターを務める宮本隆治と、宮崎宣子(元日本テレビアナウンサー)が新たにMCに加わる。若大将のゆうゆう散歩 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊オリラジ経済白書

    週刊オリラジ経済白書から見た宮本隆治宮本隆治

    ナレーターの小林清志を除き、出演者は特番時代から一新。進行役はオリエンタルラジオと、元NHKアナウンサーでフリーアナウンサーの宮本隆治が担当。宮本にとっては本番組が民放で初のレギュラー番組となった。なお当初はオリエンタルラジオが解答者として出演しており、実際の司会進行役は宮本が単独で務めていたが、後にオリエンタルラジオも進行役に移った。週刊オリラジ経済白書 フレッシュアイペディアより)

  • にっぽん列島ただいま6時

    にっぽん列島ただいま6時から見た宮本隆治宮本隆治

    ドラマ部、音楽芸能部、教養番組部など番組制作局の各部から若手ディレクターを結集して制作された。1つのテーマを掘り下げるメイン企画に加え、1台のカメラで伝える夕方ライブ中継や、地方局を結んだネットワーク企画、東京トレンド情報など幅広いテーマを斬新な手法で伝えた。番組は『イブニングネットワーク』や『ひるどき日本列島』などNHKのフロー番組の基盤を築いた。司会は宮本隆治であった。なお、『金曜お天気博士』を引き継ぐかたちで、金曜日だけは倉嶋厚がキャスターを務め、お天気を中心とした内容であった。にっぽん列島ただいま6時 フレッシュアイペディアより)

  • 第46回NHK紅白歌合戦

    第46回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    両組司会は2年連続で上沼恵美子・古舘伊知郎が担当。総合司会は宮本隆治・草野満代が務めた(男女1人ずつによる総合司会の2人体制は史上初)。第46回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    勘九郎は本番前、西城秀樹の「Bailamos-Tonight we dance-(バイラモス)」のことを「“バイアグラ”って言ったらどうしよう」と不安がり、総合司会の宮本隆治が「『バイ』と『ラモス』で区切って、間で確認をされては」とアドバイスした。本番では無事曲紹介を成功させ、その後、舞台袖で2人で抱き合って喜んだという。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    合田道人『紅白歌合戦の真実』 - 「久保の紅組司会続投案に加え紀香・明石家さんまの両軍司会も有力視されたほか、松嶋、西田も司会の候補に挙がっていた。白組司会には宮本隆治(実際は今回も総合司会を担当)や堀尾正明と同局アナウンサーからの登用案もあった」第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 門倉有希

    門倉有希から見た宮本隆治宮本隆治

    2016年、作曲家三木たかしの未発表曲『恋猫』を、元NHKで現フリーアナウンサーの宮本隆治とのデュエットにて発売。門倉有希 フレッシュアイペディアより)

  • 懐かしの昭和メロディ

    懐かしの昭和メロディから見た宮本隆治宮本隆治

    懐かしの昭和メロディ(なつかしのしょうわめろでぃ)は、2008年から放送を開始した、テレビ東京の音楽番組である。司会は宮本隆治懐かしの昭和メロディ フレッシュアイペディアより)

  • NHK歌謡コンサート

    NHK歌謡コンサートから見た宮本隆治宮本隆治

    放送回ごとにテーマを設定し、それに見合った曲や歌手、ゲストで構成された。ただし、出演歌手が最新曲を披露する場合においてはこの限りではない。テーマによってはオープニングやエンディングで全出演歌手による歌唱が披露されることもあった。宮本隆治が司会に就いた頃に「火曜の夜は、歌謡コンサート!」というキャッチコピーが設定された。NHK歌謡コンサート フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    久保は司会発表会見にて、紅組司会の話を聞いた時の心境を聞かれ、「『私でいいんかい?』と思った」と述べた。久保・中居は当時26歳同士(久保は早生まれ)であり、この両組司会について、「44年ぶり!NHK女性単独アナウンサーの紅組司会」「26歳同士。若さと明るさで乗り切る!」と好意的なマスコミもあった一方、初起用である久保に対して「若さ」を危惧する声が局の内外から上がっていたのも事実だった。総合司会で久保の先輩(慶應義塾大学の先輩でもある)である宮本隆治は久保に対し、当時『NHK歌謡コンサート』(紅白同様、NHKホールから生放送)の司会をしていた経験から司会の指導を行った。12月30日のリハーサル終了後、「宮本さん、なんだかウキウキしてきました!」との久保の言葉を聞いた宮本はこの瞬間、久保の凄さと番組の成功を確信したという。また、久保は本紅白での紅組司会起用が決定した直後より、各週刊誌でフリーアナウンサー転身・民放移籍が報じられるようにもなった(後にフリー転身)。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード