前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 若大将のゆうゆう散歩

    若大将のゆうゆう散歩から見た宮本隆治宮本 隆治

    オープニングでは、当日放送の散歩コース起点から加山が挨拶をした後、加山が歌うテーマ曲が流れてバックがフェードして白くなり、宮本隆治による「関心、感動、感謝。若大将が人生の三かん王を目指して歩きます」のナレーションと共に、加山の筆による「人生の三かん王関心 感動 感謝雄三」の書を表示。さらにバックがフェードして青色となり、背景が描かれてタイトルロゴが登場する。続けて、当日の散歩の見所を紹介する。宮本のナレーションの後に提供(左右に放送内容を1行ずつ表示)が入る。提供の後の流れとして、月・火曜日は、加山の映っている部分を出し「CMのあとは」 と表示する。また水・木曜日は通販の商品を紹介する(ナレーションは山本百合子)。また6月下旬よりCM明けに告知(前番組『ちい散歩』の関連告知など)が入れられ、その後本編に入る形になった(稀に本編後に入る場合もある)。なお、タイトルバックは2012年9月17日からのテーマ曲変更と共に多少リニューアルされ、宮本のナレーションもゆっくりしたものに変更された。若大将のゆうゆう散歩 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本 隆治

    当時NHK会長の海老沢勝二による「NHK色を強めたい」との強い意向により翌2001年・第52回 - 2004年・第55回まで司会陣がNHKアナウンサーで固められることとなり、今回白組司会を務めた和泉元彌を最後にNHKアナウンサー以外の司会起用は2005年・第56回まで途絶えることとなった。また久保純子、宮本隆治の司会は今回が最後となった一方、今回審査員リポートを務めた有働由美子、ラジオ中継を務めた阿部渉が揃って第52回では司会(両軍司会)に起用された。第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本 隆治

    久保は司会発表会見にて、紅組司会の話を聞いた時の心境を聞かれ、「『私でいいんかい?』と思った」と述べた。久保と中居は当時26歳同士(久保は早生まれ)であり、この両軍司会について、「44年ぶり!NHK女性単独アナウンサーの紅組司会」「26歳同志。若さと明るさで乗り切る!」と好意的なマスコミもあった一方、初起用である久保に対して「若さ」を危惧する声が局の内外から上がっていたのも事実だった。総合司会で久保の先輩である宮本隆治は久保に対し、当時『NHK歌謡コンサート』(紅白同様、NHKホールから生放送)の司会をしていた経験から司会の指導を行った。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た宮本隆治宮本 隆治

    演歌を中心に放送されており、サラリーマン・中高年齢層の人気が高く、週間視聴率の音楽番組部門で「NHKのど自慢」とともに1位を取る週が多い。NHKホールからの生放送が基本だが、名場面集が放送される週や地方からの生放送になる週もある。また、夏休みや冬休み期間は放送されない週もある。歴代司会は堺正章、宮本隆治アナ(当時)、阿部渉アナほか。現在の司会者は小田切千アナウンサー。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • フリーアナウンサー

    フリーアナウンサーから見た宮本隆治宮本 隆治

    宮本隆治(元NHKエグゼクティブアナウンサー。現:ノースプロダクション所属)フリーアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 週刊オリラジ経済白書

    週刊オリラジ経済白書から見た宮本隆治宮本 隆治

    ナレーターの小林清志を除き、出演者は特番時代から一新。進行役はオリエンタルラジオと、元NHKアナウンサーでフリーアナウンサーの宮本隆治が担当。宮本にとっては本番組が民放で初のレギュラー番組となった。なお当初はオリエンタルラジオが解答者として出演しており、実際の司会進行役は宮本が単独で務めていたが、後にオリエンタルラジオも進行役に移った。週刊オリラジ経済白書 フレッシュアイペディアより)

  • 懐かしの昭和メロディ

    懐かしの昭和メロディから見た宮本隆治宮本 隆治

    懐かしの昭和メロディ(なつかしのしょうわめろでぃ)は、2008年から放送を開始した、テレビ東京の音楽番組である。司会は宮本隆治懐かしの昭和メロディ フレッシュアイペディアより)

  • 第46回NHK紅白歌合戦

    第46回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本 隆治

    両軍司会は前回に引き続き上沼恵美子・古舘伊知郎が担当。総合司会は宮本隆治・草野満代が担当(男女1人ずつによる総合司会の2人体制は史上初)。初総合司会担当となった宮本は1973年のNHK入局時に紅白の司会を務めることを目標としており、それが今回の起用で実現する結果となった。宮本はこの時、「大晦日が来るのが怖かった」という。第46回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • イースト (テレビ制作会社)

    イースト (テレビ制作会社)から見た宮本隆治宮本 隆治

    イーストプロダクション(元日本テレビアナウンサー福澤朗、元NHKアナウンサー宮本隆治が所属)イースト (テレビ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • ことばの杜

    ことばの杜から見た宮本隆治宮本 隆治

    任期満了後、それまではNHK放送研修センター・日本語センターに移籍するのが筋であったが、山根はここでも現場にこだわり続け、新たに組合を立ち上げることを決意。2007年6月にNHKを退職後、先輩の広瀬修子(定年後跡見学園女子大学教授)、後輩の宮本隆治(2007年3月にNHK退職)に声をかけ、さらに事務会計方のスタッフ2名を加えた計5名が資金を出し合って、組合を結成した。ことばの杜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード