82件中 11 - 20件表示
  • 第47回NHK紅白歌合戦

    第47回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    総合司会については、2年連続で宮本隆治・草野満代が担当。後者について、史上初の女性アナウンサーの複数回司会担当となった。第47回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回NHK紅白歌合戦

    第48回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    総合司会は3年連続で宮本隆治が務めたが、今回は自身初の単独での担当となった(過去2年間は後輩の草野満代と共同での担当)。第48回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た宮本隆治宮本隆治

    演歌・歌謡曲を中心に放送されており、サラリーマン・中高年齢層の人気が高く、週間視聴率の音楽番組部門で「NHKのど自慢」とともに1位を取る週が多い。NHKホールからの生放送が基本だが、名場面集が放送される週や地方からの生放送になる週もある。また、夏休みや冬休み期間は放送されない週もある。歴代司会は堺正章、宮本隆治アナ(当時)、阿部渉アナほか。2013年4月以降の司会者は高山哲哉アナウンサー。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚範一

    大塚範一から見た宮本隆治宮本隆治

    1973年、早大卒業後にNHK入局。同期に池上彰・宮本隆治・国井雅比古・佐塚元章などがいる。大塚範一 フレッシュアイペディアより)

  • テレ東音楽祭

    テレ東音楽祭から見た宮本隆治宮本隆治

    番組全体の総合パーソナリティーに所ジョージを起用。第1部を宮本隆治、松丸友紀司会による『木曜 - 』をベースにした「モクハチ!今夜だけ木曜6時半のコンサート」を五反田ゆうぽうとから。第2部を国分太一(TOKIO)司会で「慣れない生放送ドタバタですいませんSP」をテレビ東京天王洲スタジオから生放送した。テレ東音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 池上彰

    池上彰から見た宮本隆治宮本隆治

    同期にはアナウンサーの宮本隆治、大塚範一がいる。入局当初から「初任地は小さな町で」「通信部への転勤」を自ら希望し、松江放送局、広島放送局呉通信部などで勤務した。松江放送局では3年間勤務し、記者が少なく一人ひとりの担当が多いという事情もあり島根県警察本部・松江警察署・松江地方裁判所・広島高等裁判所松江支部・松江市役所・日本銀行松江支店を担当し、結果的に検察・警察・裁判所および地方の県政・統治機構を学び、日本という国の仕組みを「ミニ国家」である地方から学ぶことができたとしている。1976年のロッキード事件ではNHKの全国各局から若手記者が招集され、池上も松江放送局から取材の応援に加わった。呉通信部では記者2人と更に少なく、カメラマンとしての役割やラジオ放送の原稿執筆なども行なった。また、呉通信部勤務では取材中に暴力団に囲まれるという『ある勇気の記録』さながらの体験もしたという。池上彰 フレッシュアイペディアより)

  • フリーアナウンサー

    フリーアナウンサーから見た宮本隆治宮本隆治

    宮本隆治(元NHKエグゼクティブアナウンサー。現:ノースプロダクション所属)フリーアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • イースト (テレビ制作会社)

    イースト (テレビ制作会社)から見た宮本隆治宮本隆治

    イーストプロダクション(元日本テレビアナウンサー福澤朗、元NHKアナウンサー宮本隆治が所属)イースト (テレビ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • ことばの杜

    ことばの杜から見た宮本隆治宮本隆治

    任期満了後、それまではNHK放送研修センター・日本語センターに移籍するのが筋であったが、山根はここでも現場にこだわり続け、新たに組合を立ち上げることを決意。2007年6月にNHKを退職後、先輩の広瀬修子(定年後跡見学園女子大学教授)、後輩の宮本隆治(2007年3月にNHK退職)に声をかけ、さらに事務会計方のスタッフ2名を加えた計5名が資金を出し合って、組合を結成した。ことばの杜 フレッシュアイペディアより)

  • 26時間ちょっとテレビ

    26時間ちょっとテレビから見た宮本隆治宮本隆治

    この番組には、開運ナビゲーター(兼キーワードクイズ発表者)として、元NHKアナウンサー・宮本隆治と日本テレビアナウンサー・宮崎宣子が総合司会を務めた。因みに日本テレビは毎年8月下旬に24時間テレビ 「愛は地球を救う」を放送しているが、この番組とはコンセプトが大きく異なる。26時間ちょっとテレビ フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード