82件中 31 - 40件表示
  • BS日本のうた

    BS日本のうたから見た宮本隆治宮本隆治

    2002年4月 - 2005年3月:宮本隆治BS日本のうた フレッシュアイペディアより)

  • 金沢の雨

    金沢の雨から見た宮本隆治宮本隆治

    「金沢の雨」(かなざわのあめ)は、2006年12月20日に発売された川中美幸のシングル。また、翌年の2007年9月26日には元NHKアナウンサーの宮本隆治とのデュエット版のシングルを発売している。金沢の雨 フレッシュアイペディアより)

  • 〜歌のワイドショー〜音楽の森

    〜歌のワイドショー〜音楽の森から見た宮本隆治宮本隆治

    司会 - 宮本隆治、松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)〜歌のワイドショー〜音楽の森 フレッシュアイペディアより)

  • 久保純子

    久保純子から見た宮本隆治宮本隆治

    NHKおよび慶應義塾大学の先輩である宮本隆治のことを大変尊敬しており、自身の結婚式の司会も宮本に担当してもらった程である。きっかけは共に十日町雪まつりを取材した時、宮本が久保の着物に積もった雪を払ってあげたことだったという。久保純子 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬修子

    広瀬修子から見た宮本隆治宮本隆治

    山根基世がNHKを退職した際に、宮本隆治らとともに「ことばの杜」の立ち上げに参加した。以後放送関係の仕事は、この組合を通す形で行うこととなった。広瀬修子 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿の女

    新宿の女から見た宮本隆治宮本隆治

    新宿区・西向天神社には、「新宿の女」の歌碑が存在する。この西向天神社は、デビュー時に「新宿の女」発売キャンペーンの出陣式を行った場所とされる。デビュー1枚目でヒットに至り、突如として歌謡界に君臨したためか、1996年夏にNHK『第28回思い出のメロディー』へ出演した際には、司会者の宮本隆治からイントロで「(当時)歌謡界に彗星のごとくあらわれ…」と紹介された。新宿の女 フレッシュアイペディアより)

  • オジサンズ11

    オジサンズ11から見た宮本隆治宮本隆治

    NHKのOBは、単発時の佐藤充宏とレギュラー化以後の宮川俊二しか出演しておらず、「週刊オリラジ経済白書」「26時間ちょっとテレビ」に起用されている宮本隆治がなぜか当番組には出演していない。オジサンズ11 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星

    宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星から見た宮本隆治宮本隆治

    『宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星?演歌・歌謡曲情報バラエティ?』(みやもとりゅうじのかようポップスいちばんぼし えんかかようきょくじょうほうバラエティ)は、歌謡ポップスチャンネルで2012年7月14日から放送されている音楽番組。司会は宮本隆治.。アシスタントは櫻田彩子、大久保涼香を経て、2017年7月からは相田翔子が務める。宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田照美 飛べ!サルバドール

    吉田照美 飛べ!サルバドールから見た宮本隆治宮本隆治

    宮本隆治(2016年7月29日)吉田照美 飛べ!サルバドール フレッシュアイペディアより)

  • 第38回NHK紅白歌合戦

    第38回NHK紅白歌合戦から見た宮本隆治宮本隆治

    当初、紅組司会に杉浦圭子(翌年の第39回で総合司会に起用されている。同回においても紅組司会の候補にも挙がった)、白組司会に吉川、総合司会に松平定知と司会陣を全員NHKアナウンサーで固める構想もあったが、「局アナだけでは地味」と見送られ、紅組司会に実際選出の和田に加え、由紀さおり(この年上期の連続テレビ小説『チョッちゃん』のヒロインの母親役。また童謡ブームを巻き起こしていた)や松田聖子、桜田淳子(この年の大河ドラマ『独眼竜政宗』に出演。同じく『思い出のメロディー』の司会も担当)、白組司会に実際選出の加山に加え、明石家さんま、宮本隆治(当時NHKアナウンサー)を候補に挙げて再度選考が行われたという。最終的に白組司会は前回の実績と人気の高さから加山の続投が決定し、紅組司会は当初本命(一部メディアで内定とも報じられていた)とされた由紀を抑えて和田が起用される運びとなった。第38回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「宮本隆治」のニューストピックワード